カテゴリー「雑記」の405件の記事

人間なんて変わるモノ

どの教科が得意だった?という質問(さすがにこの年齢になるとほとんど聞かれる事は無いですが)には、大抵の場合は数学、化学と答えている理系メガネ男子です。

社会人になって知り合った方々からは何故か完全に文系だと思われ、「理系です」と言うと、想像以上に驚かれる。訳分からないですね。何をするにせよ、決めるにせよ、感覚よりもロジックやデータを重視してるけどなあ。

高校2年の時、理系を選択したのは比較的、理系科目が得意だったからというだけで、特に深い意味は無かった。でも、もっと深く考えるべきだったんだよ。あの二択はそれなりに人生に影響する。これは断言できる。

理系の方が大学卒業への道が圧倒的に険しい。授業に出席しなくても、持ち込み可能な状態で最後の授業で論文書けば単位を貰えるみたいな世界じゃないですもの。面白くも無い実験を強制的にやらされて、毎週研究レポを課される。テストは高校のそれと同じくらい難易度が高い、科目によってはそれ以上のガチ仕様。不勉強はすなわち不可を意味する事となる。

大学入ってから、こんなに真剣に勉強しなきゃならんのかと何度も何度も思いました。そして、過去の選択を呪いました。

でもやっぱり文系は無かった気がしてる。というのも、英語と古文と歴史がスゲー嫌いだったから。ただでさえ授業は苦痛なのに、それが嫌いな科目だったらどーなっちまうのか?答えは火を見るより明らかですよ。うん?この諺の成り立ちがよく分からない。火を見て何が分かるんだろうか。まあ良い。理系には縁なき事。

中学までは英語は有力な得点源だったのだが、高校に入って様相一変ですよ。覚えるべき単語数の二次関数的増加に辟易してしまった。なんで異国の言葉をこんなに覚えにゃならんのだと。文法は、数学の公式を当てはめるのと似ているので、大丈夫というか寧ろ好きだったけど。

古文と歴史も全く同じロジックで距離を置く様になった。過去の事を覚えて何か意味あんのか?ああ?という身も蓋も無い事を思ってしまった訳です。

古文と日本史はセンター試験までだったので適当にやってても、まだ被害は少なかった(まあ余裕で50%程度しか出来なかったレベル)のだが、英語はどの学科を受験するにも付きまとってくる大人気科目だったので影響は大きかったと思う。全身にパワーリストを付けたまま天津飯と闘ってる感じでしょうか。

英語が苦手と言っても実際結構できたんでしょうと思う人がいるかも知れない。それは完全に間違いです。本当に出来ませんでした。だって、誰の目にも分かるくらい勉強を疎かにしてましたもん。興味無いからいいやみたいなノリ。もう、そんなノリ。勉強しないでデキる様なタマじゃないですからオレは。

オレは数学と物理化学で勝負すると心に決めていた。

長々思い出話を書いてきたが、三十路を過ぎて英語を勉強したくなり、緩~く勉強している。英語を話せてもしょうがないと言い続けていたオレがですよ。人間なんて変わるモノだ。英語を話したいもん。

足長おじさんが援助してくれるなら、英会話学校通いたい。


BGM
SPITZ/ロビンソン
桑田圭祐/祭りのあと
広末涼子/MajiでKoiする5秒前
相川七瀬/夢見る少女じゃいられない

気まぐれなるままに更新してみた

もう1年以上も更新してなかったのか。まあ無理もないよなあ。twitterとFBで精一杯になっている。

FBは週に2、3回ポストが良いところだが、twitterは平均すると日に20ポストはしている。サッカー、TV等の実況ツイートがあると100ポストを超えたりする事も。twitterでそれだけ発言してしまうと、もう自分の言いたい事は、ほとんど言っちゃってる状態になる。故に、改めてこの「駄文」に何かを書くという気持ちが沸き起こらない。

ブログの良さは言いたい事をガッツリ書ける事にあると思う。twitterだと140文字という制限があるので、熱い主張をする際は、どうしても連続してツイートを行う事になってしまう。これはいかにも美しく無い

自分自身、ポストを繰り返すのが面倒だし、受け取る側も内容が途中になってるツイートを読むのはちょっと煩雑になるのでは無いかと思ってしまうのですね。少なくともオレはそう感じるタイプなので。

twitterには、「上手い事140文字に収める美学」みたいなモノがあると薄っすらだが思っている。ちょっとだけオーバーした時に文字を削る作業は大変でありながら、面白く感じる。まあ面白かろうがなかろうが、オーバーしているので、それをやらないとポスト自体が出来ないんですけどね。個人的な思いとしては、140文字の制限を尊重してやっていきたいみたいなところがあるんです。

ガッツリ言うにはブログがベストという結論。

ブログの利点がもう1つ。オレの場合、ブログはFB程にはオフィシャルでは無い(つまりは多くの人に存在を明かしていない)ので、結構際どい内容も書けてしまうのである。FBは真逆です。自分は勿論、他人のポストもつまらなくなる。みんながみんな、雁字搦めになっちゃってるイメージ。オフィシャル過ぎて、クリエイティビティーも毒も笑いも無い。ひたすらに写真付きの無難なポストが続いてる感じ。

まとめると、人目を気にせず、長文で言いたい事をガッツリ書けるのがブログという事になる。

ここで、また話が繰り返しになってしまう。でも、瞬間、瞬間に感じる言いたい事の大半はtwitterでダダ流しにしてるので、「言いたい事」のストックが一向に増えない。よって更新が滞るという訳だ。

止めたって良いんだよ、別に。ま、色々考えてみますわ。

聖域

自分が所属している部署はそう思われている。中にいると、他部署の人以上にそう感じている。ぶっちゃけて言えば、分厚い防御壁に守られている人が多い。

仕事柄、具体的数値目標が存在せず、ルーティーン業務を確実に遂行していれさえすれば、文句を言われない。他部署に比べて、圧倒的にプレッシャーが少ない。

この意見に対しても異論は無い。その通りだ。だが、オレは、そういう業務である事を意識した上で、自ら進んで経理職を選択したのだから、そう言われても何も思わない。

プレッシャーが少ないので対価を下げるべきだという意見には納得しかねる。プレッシャーの有無が対価の多寡を決めるべきじゃない。会社に対する貢献度で決めるべきだ。恥ずかしいくらいの正論を吐いてしまったが、そうならないのが会社組織というモノ。

結果的に、デキる契約社員が最もコストパフォーマンスが良い人となってしまう。デキる契約社員はどんどん正社員にするべきだと思うのだが、会社はそれを良しとしない。給与が上昇する事よりも、正社員にしたら最後、いざとなった時に簡単に減員できない事がネックになっているのだろう。

事務職にとって仕事がデキるって具体的にどういう事?そんな話にもなっちまうけどね。色々と難しい事ばっかりだ。嫌になっちまう。


BGM
Daft Punk/One More Time
Van Halen/Dreams
織田哲郎/いつまでも変わらぬ愛を
浜田省吾/悲しみは雪のように
レミオレメン/3月9日

マダム

日本橋のカフェの喫煙席。

三越の紙袋を両手一杯に持ったマダム2人組が入ってきた。ショートカット銀髪の方がコートのポケットからメンソールのタバコのソフトパックを出してテーブルに投げた。荷物を下ろして席に着くやいなやタバコを1本取り出して火を点ける。

横を向いてから、フーっと勢いよく紫煙を吐き出す。満面の笑み。相方―茶髪に染めた長い髪のマダム―は静かにコーヒーを啜っていた。

茶髪が話し始めた。
「ニートって言葉あるでしょ?なんで最近の若者は働こうとしないんだろうねえ」

銀髪が返す。
「ホントよね。学校出たら働くのが当たり前だと思っていたわよ。周りにそんな人いなかったしね。そんな人がいるのが不思議でしょうがない」

「仕事を選り好みしてるから働け無いのよ。要はわがままなだけ」
「親が甘いと思わない?無理矢理にでも働かせりゃいいのよ」
その後も言葉を重ねて、ニートをこき下ろしている。

マダム2人は見るからに金持ちそうだった。身に付けている衣装は一瞬で高価と分かるモノだった。つまりは、センスの無い富裕層が好んで着る派手な上にダサい服であった。

こと金銭に関しては不満を感じた事がないだろう。貧乏人には、三越で両手が塞がるほどの買い物は出来ない。いや、そもそも日本橋三越になんか来る事すら無い。

彼女達には、労働する意欲があり、本気で就職活動を行なっても、職を得ることが出来ない若者が五万といる事を理解できないのかも知れない。

銀髪が2本目のタバコを吸い始めた。ニートの話題はまだ続いている。

お前等みたいに人生が上手くいってるヤツばかりじゃねーんだよ。本人達は好きで無職を続けている訳じゃないし、決してそれが良いとも思ってないんだよ。この辛さは実際に体験した人間にしか理解出来ない。

元ニート。かつての自分の事を蔑まれている様な感覚に陥った。オレはただ運が良かった。新卒という特急券を失い、強力な武器を持っていなかったが、何とか暗く淀む沼から這い出す事ができた。

自分を引き上げてくれたのがであるかはよく分かっている。本当に下らない話だ。1つ言えるのは、15~19歳の時、そこら辺の人よりは懸命に勉強しておいて正解だったという事。

人を見抜く力を持ち合わせている人などそう多くない。みんな飾りに騙される。採用のプロだと?笑わせるなよ。本当にプロならば早期退職しない人を選べるだろうが。

色々な事が頭を巡る。気分が悪い。

マダムのテーブルの灰皿に吸いカスが溜まっているのが見えた。

下品で派手な熟女2人は、知ら間にスカイツリーの話で盛り上がっていた。

腕時計を見て、予定の時間を少し過ぎている事を知る。オレはマダム2人に一瞥をくれて店を辞した。

利益を生んでみようとしてみた

経理だけど。

弊社にはそこそこの余剰資金がある。だが、その資金を上手く活用していたかと言えば全然そんな事は無い。これまでは、ただ漫然とメインバンクの担当者が勧めた金融商品を付き合いで買う(買わされる)みたいな感じであった。

そこで一石を投じてみようと思い立った。半期の目標シートにわざわざ「有効な資産運用」という項目を設け、能動的かつ多少リスクを伴った資産運用を提案していみたのである。

Kingの保守的過ぎるマインドは重々分かっているので、却下されるかなと思ったが、意外にもボスからは「やってみろ」という言葉を頂いた。

11月から証券会社の営業さんと協議を重ね、12月にとある投資信託を購入する事に決めた。半期の目標なので遅くとも3末までに「分かり易い」結果を出さなければならない。これはなかなかに厳しい制約である。

与えられた時間が3ヶ月弱であるのに、元本の5%というリターンを狙うという事になってしまった。3ヶ月で5%、敢えて年率で言えば20%である。リターンを年率1%上昇させるのがどれだけ難しい事か。少しでもマトモに投資をやった事がある人ならよく分かる筈だ。

しかし、評価者たるボスも、ヘッドもKingも投資とは無縁の人生を歩んできた人。5%くらいはいけるものだと思ってたかも知れない。

その投資信託を先週、売却した。5%に届いたから?答えはNOです。さすがに5%は厳しいと感じたので一定の数字で妥協する事に。税引前で4.2%強のリターンを確保。期間は約2ヶ月。手仕舞いの注文をする際、証券会社の営業の方からは「期間を考えれば見事な取引でしたね」という声をかけられた。

自分としても納得のいく結果を残す事ができた。結果を残したという事実が何よりも重要。これで目標達成し、自分の成果給に反映される。そんな小さい事が狙いでは無い。

しっかり考えて余剰資金を活用すれば、ある程度のリターンを得る事ができるという事を会社に、Kingに示したかったのである。資金運用をもっと積極的にやりましょうという話では無い。

オレが言いたいのは「リスクを追わなければリターンは得られないという極当たり前の法則を知りやがれ」という事だ。Kingは資金運用1つを取っても、元本が毀損する可能性があるなら、それは絶対やりたくないと拒絶する。アホかと。

広告業界は、かつてない程の変化が簡単に起こってしまう不明瞭極まりない時代に突入している。ある瞬間を境にこれまでの方法が全く通用しなくなる事態が訪れても全く不思議じゃない。だが一方で、リスクを取って未知の分野に飛び込めば、多くの利益を得る機会にも恵まれるかも知れないのだ。少なくとも、リスクを取らずに同じ事をやっていれば何とかなる時代では無い。

利益を生まない部門と揶揄され続けてきたが、少なくとも経理部は2ヶ月で利益を生んだ。それは紛れも無い事実だ。

Kingよ、あなたは2ヶ月でこの利益を生むことができますか?利益を生まない部門とか言うのだったら、この言葉をお返ししますよ。

国語の文章読解問題

オレは実は池上彰のフリークである。

池上彰はニュース解説番組だけの人では無い。その知識と、これでもかと噛み砕いて物事を伝えるお馴染みの姿勢で、様々な本を著している。経済、時事、宗教などのちょっぴり複雑な事を徹底的に分かり易く解説している、そんな本が多い。


最近読んでいた彼の本にこんな事が書いてあった。

「最近、自分の文章が入試問題に利用される機会が多い。問題を解いてみようと思って、選択肢を見た。

『傍線部に関して、筆者の言いたい事を次の5つの中から1つ選べ』
・自分が言いたい事が1つも無い
または
・言いたいと思った事が書いてある選択肢が2つある

こんな感じなのに、問題に対する正当は確かに存在し、それで合否が決まる。やり切れない」

国語の読解問題は、作者ですらマトモに解答出来ないのである。結局、問題作成者が作者の本当の意図を無視し、正当らしきモノ(本当の意味で正当では無い)を自分勝手に決めている訳です。

国語の教師がよく言う、「本をたくさん読みましょう。そうすれば読解問題が解ける様になりますよ」は嘘であると証明された。読解問題では、本当の意味で、作者の意図を読み取る能力など問われていない。問題作成者が決めた正解の選択肢を選ぶ技術力が問われているのだ。

面白い小説を読んでも、そのノウハウは身に付かない。読解問題を数多く解き、こういった質問をされた時は、こんな感じの選択肢が正解になるというパターンを覚える事が大事なのである。

国語に限らず日本の入学試験、もっと言えばテスト全般は全部こんな感じだなあと思う。パターンと解法、そしてテクニックさえ身に付ければ、予め与えられている正解に辿り着ける。逆に言えば、いわゆる難関校に合格するためには、最低限、解法とテクニックを見に付けていなければダメ。さもなければ門前払いを受ける羽目になる。でも入試なんてそれだけ。

正解が与えられているというのがポイント。

だって、仕事や人生には正解が無いから。正解はあるのかも知れないが大抵の場合、それが見えない。ちょっと先は真っ暗で本当に全然見えない。それでも、もがきながら己が良かれと思う方向に進んで行かねばならないのである。

高学歴なのに(仕事で)使えないとか言うなよ。高学歴を何だと思ってるんだ?

彼等は、解法パターンを丸暗記し、試験に合格するためのテクニックを駆使し、予め与えられた正解に辿り着く能力に長けた人なんだぜ。それ以上でも、それ以下でも無い。

中には「正解が見えない局面」では上手く行動出来ない人もいるでしょう。だって、拠り所である「確たる解法パターン」が存在しないのだから。

神の一言

余りにも久しぶり過ぎてログインに手こずってしまった。

2012年1月が終わる前には何が何でも「駄文」を更新してやるぜと息巻いたのは、箱根駅伝の復路終盤、東洋大学が他の大学に圧倒的なタイム差をつけて快走している時でありました。

しかし、気が付けば月末。

「光陰矢の如し」とはよく言ったもので、富士スピードウェイで開催されたママチャリGP(世界大会です)参戦を皮切りに、決算業務を中心とした日々の業務、多く人を巻き込む事になった大失態、その対策のためのムダな業務、celebさんの新居での新年会参加、ロマサガ2のプレー、読書、株式投資などなどで駄文の事など完全に脳内からすっ飛んでいたのであります。

会計事務所の方から小切手を受け取った時に、何故か「あっ」と気が付いたんですね。ブログを更新して無いという事に。

今年初なので、今更も今更だが、2012年も「駄文」を何卒よろしくお願いします。


ようやく本題。

弊社にはGODなる人物がおりまして、以前よりは弱まったとはいえ依然としてかなりの影響力を持っておられる方だ。

GODの経費は月1回まとめて精算する事になっている。代表を退かれる前まで、なんと年1回の精算だった。年間経費の詳細が記入されているノートと、領収証の束を受け取り、全て合算して現金一括でお支払いをするのである。

中小とは言え代表者。社内外の付き合いは多く、月の経費でもそれなりの金額になる。それが1年となるのだから、それはもう「凄い」としか言えない。オレが入社した当初は景気が良く、今にしてみれば儲かりまくっていたので、コストに対する意識は相当緩く、それが経費増大に拍車をかけていた事もある。とにかく凄かったのである。

話を戻そう。その月1回の精算だが、現在、この業務が異常なまでに難儀なのである。と言うのも、GODが領収証を紛失してしまうからだ。それだけで大変になるのか?という疑問があるかも知れない。だが、これが本当に、心底大変なのだ。

第一次チェックを請け負っているのは、ヘッドなのだが彼は毎月、苦悶の表情を浮かべている。飲みの席であの仕事は『嫌でしょうがない』とこぼしていた。心中察するに余りある。

この状況が続くのはシンドイ。普段、GODに意見する事が少ないヘッドが動いたのであった。意外だった。それほど嫌だったのか。

GODに、給与に月の経費の平均額を上乗せして支給するので、それで遣り繰りして欲しい

こう伝えたのだ。非常に良い案、全面的に賛成だ。

GODは速攻で難色を示した。何故か?

「給与で上乗せ支給されると、その分、所得税が引かれてしまうじゃないか」
恐れ入った。

恋は盲目。恋じゃなくても盲目。

どんな組織でも、部署間の不協和音というのは起こってしまうものだと思う。いわゆる横の連携が微妙になるってやつですね。

どうして起こるか?

他部署の事が完全には理解出来ないからです。

少女漫画で、
「お前、アイツの気持ち分かんのかよ!」(右頬を殴る)
みたいなシーンがありますが、これはもうハッキリ言いいますが、逆立ちしてもアイツの気持ちは分からない。これが正解であります。だって、オレはアイツじゃないんですもの。

対個人でこんな感じです。況や(自分勝手な)個人が複数人集まる「部署」をや。

故に、オフィスにおける隣の部署は近くて遠い。彼等は彼等なりの考えがあり、それが必ずしも自分の島にとって有益であるとは言えない。

グループは自分中心でしかモノを考えられない存在なのかなと思う。そういう思考に陥ってしまう理由は、他部署の行動・思考がイマイチ理解出来ないから。その部署に所属しなけりゃ分からない事は実に多い。その昔読んだ政治学の本には、一定の規模の組織において、セクショナリズムは不可避であると書かれていた。

他部署との不協和音を緩和するために重要な役割を果たすのは様々な部署を異動した(させられた)人である。彼・彼女は、双方の立場または長所・短所を理解しているレアな存在。部署間の調整役としては適任だ。

かつて所属していた部署を離れて初めて、その部署の欠陥に気付くという話は多い。失ってみて初めて気付く身内の有り難みと似ている。

就職して一貫して経理畑にいる自分はさぞかし視野が狭くなっている事だろう。

なんでこんな事を書いたか。

先日、会社で某エライさんが、
『営業は王様だ』
と発言していたから。その人は当然ながら営業出身者。

営業が王様だと?見方を変えればソルジャーそのものじゃねーか。経理一筋のオレはそう思った訳です。営業部門と間接部門では考え方がまるで違うんだなと。

営業は利益を上げているから凄いと思ってるんだろうが、利益を生まない間接部門がいなくなったら、相当に面倒な事になります。

給与業務をやってるのはどの部署か。その部署がサボったら、支給日に一銭も振り込まれないんだぜ。オートマティックに給与が振り込まれると思ったら大間違いだ。それこそ毎月、アホみたいにチェックしている。

経理は請求書発行業務を請け負っているが、そこが機能しなかったらどうなる?逆もしかりだ。取引先に対する支払が滞ったら営業としての信頼はガタ落ちになる。その辺まで思考が至らない人が本当に多い。

それもこれも隣の縄張りの事が皆目分からないからだ。部署間の相互理解を深めるには、やっぱりジョブローテーションしか無いと思う。しかし、中小にはそんな事をやる余裕は無い。そもそも余裕が無い上に、人材が豊富じゃないから。故に部所間の確執は縮小せずにギスギスした関係になってしまうのである。

人数が少ない組織こそ一枚岩にならなければならないのにね。ざっくりとまとめると、組織に属する事を余儀なくされるリーマン稼業はそこまで楽じゃ無いって事ですよ。


BGM
THE BLUE HEARTS/1001のバイオリン
CHAGE & ASKA/クルミを割れた日
Mariah Carey/All I Want For Christmas Is You
WEST LIFE/My Love
森高千里/渡瀬橋

何1つ成し遂げて無い

2011年元旦にやると決めた事を。

皇居ラン、腹筋はサボりまくり、英語の勉強も東日本大震災の日以降途絶えてしまった。投資で一儲けを目論んでいたが、残り2ヶ月で巻き返せる状態じゃないところまで落ちている。ダメ過ぎるね。

ちょっとした物語の話を引き合いに出すまでも無く、有言不実行を地で行くオレ。ただ、勉強分野に関しては、英語を継続出来なかった代わりにFPの勉強を重ね、無事3級・2級に合格したので、とりあえず及第点を与えても良いと思う。既に残り3ヶ月は絶対に試験学的勉強はしないと心に誓っているので、もうやりません。

運動分野においては2012年に繋がる様な終わり方にしなければならない。さもなければ来年も確実にサボる。2011年にアビスパ福岡が降格するのと同じくらい目に見えている。残り3ヶ月の過ごし方が非常に重要になってくる。

とりあえず来週から会社近くにある温水プールに通おうと思っている。区の施設で、料金はそんなに高くない。原点回帰である。オレと温水プールには浅からぬ縁がある。みんな知ってると思うけど、これでもJT(出身高校の略称)時代は水泳部員として日々プールで泳いでいたんだぜ。後半、中庭でフットサルに明け暮れる幽霊部員だった事は内緒です。

最初にぶち当る問題は、贅肉にまみれた締まりの無い肉体をプールサイドで大衆に晒す事だ。腹回りについては、夏以降に酒を飲み交わした中学、高校、大学の同級生達に本気で心配されるレベルに到達している。

肉体の事を抜きにしてもそろそろ基礎体力をつけなければならないのだ。なぜなら、2012年年明け早々には重要なレースが控えているから。しっかり自転車の乗り込みもやって、それなりに「出来る」状態に持っていきますよ。多分・・・


BGM
B'z/孤独のRunaway
後悔は多めのMY LIFE

LINDBERG/ROUGH DIAMOND
つまずきさえも 君の大事な一歩なんだよ 負けないで
ありがとうございます。

安室奈美恵/Chase The Chance
楽しまなきゃ生きてる意味がない だけど楽しいばかりじゃハリがない
山も谷もない道じゃつまらない ジェットコースターにならない

左様ですか。

犬神サーカス団/命みぢかし恋せよ人類!
大人の言うことを疑うこともなく かたくなに信じて生ききたけど
裏を覘いてみれば デタラメな世のしくみ 誠実なんてまるで見当たらない

東京電力。

WEAVER/僕らの永遠~何度生まれ変わっても
勝てないことがわかると いつもすぐに諦めてきた
向き合う強さも持てずに

耳が痛いです。

言葉遊び

仲間みんなで金魚花火を見に行った日、僕は彼女に告白した。

彼女は、小さな声で「大好きだよ」と言ってくれた。
普段はクールなのに、2人でいる時の彼女は甘えんぼだ。
そんな彼女と過ごした日々は正にHappy Daysだった。

肉の万世で黒毛和牛上塩タン焼680円を食べ、
「こんなにおいしいものを食べたことがないよ」
と真顔で言う彼女、さくらんぼ狩りで、子供のようにはしゃぐ彼女、映画に感動して泣き腫らす彼女、全部好きだった。
でも、桃の花びら舞うころ、彼女は突然僕の前から姿を消した。

数日後、部屋の掃除をしていると、あの花火を見に行った時屋台で買ったビー玉入りラムネのビンが見つかった。
ビンの底には「SMILY」と書いてある。彼女の落書きだ。
「誰かが笑顔でいれば、自然とみんな嬉しくなるんだよ」
彼女の口癖だった。

彼女が失踪したという事実をしっかりと受け入れるにはまだ
まだ時間がかかるだろう。でも、できるだけ笑顔でいようと
思う。

僕が笑顔でいれば、誰かが嬉しくなる筈だから。


今回も使い回しであります。
2006.07.09に作ったモノらしい。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ