カテゴリー「趣味」の1件の記事

玉突き

昨日、loostAとビリヤードをした。場所はBAGUS渋谷道玄坂店。馬場の山水(戸山口よりの小さい方)に勝るとも劣らない名店。前者の方が圧倒的にキレイで洗練されているけど、値段と居心地では山水には歯が立たない。

女性客の数は圧倒的にBAGUSの方が上だと思う。

かれこれ推定1年くらいはキューを触ってなかったので、本当に久しぶり。やってみると、これがすごく面白いと感じた。ビリヤードの素晴らしさを再認識させられた

面白かったが、特に目を見張るようなプレーがあった訳じゃない。というより、むしろ2人とも最盛期より腕が落ちていた。

オレなんて、手玉と狙い球とポケットが直線上にあっても、手玉と狙い球の距離がそれなりに遠いと、もう落とせる気がしなかった。悲しいかな、自分の感覚は正しいらしく、実際のところ落とせない事が多かったよ。

先日、プレーをした時に「オレは何かを掴んだ」というような発言をしていたloostAも、その割には凡ミス(とりわけ手玉落とし。オレも人の事は言えない)が多かった。

彼の台詞には、激しく首を傾けざるを得ない。学生時代、足繁く通っている時の方がよっぽど上手かったぞ、多分。

面白かった最大の要因は、実力が拮抗しているから。これに尽きると思う。絶対負けるとは思わないし、だからといって必ず勝てるとも言い切れない。ずーっとそうだが、圧勝も完敗もない相手。終わってみれば良い感じの試合になる事がほとんどだ。

オレの頭には一切『理論』がないので、本の購入を考えている。
とりあえずは確実に真っ直ぐ射抜く事を身に付けたいな。それはつまり、直線上にある状態は、確実に落とせるようになると言う事。確実=100%ね。

でもこれは相当難しいと思う。簡単でしょと思った人、その考えものすごく甘いです。カルーアミルクより。

「言うは易し、行うは難し」の典型例だと思う。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ