« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の1件の記事

神の一言

余りにも久しぶり過ぎてログインに手こずってしまった。

2012年1月が終わる前には何が何でも「駄文」を更新してやるぜと息巻いたのは、箱根駅伝の復路終盤、東洋大学が他の大学に圧倒的なタイム差をつけて快走している時でありました。

しかし、気が付けば月末。

「光陰矢の如し」とはよく言ったもので、富士スピードウェイで開催されたママチャリGP(世界大会です)参戦を皮切りに、決算業務を中心とした日々の業務、多く人を巻き込む事になった大失態、その対策のためのムダな業務、celebさんの新居での新年会参加、ロマサガ2のプレー、読書、株式投資などなどで駄文の事など完全に脳内からすっ飛んでいたのであります。

会計事務所の方から小切手を受け取った時に、何故か「あっ」と気が付いたんですね。ブログを更新して無いという事に。

今年初なので、今更も今更だが、2012年も「駄文」を何卒よろしくお願いします。


ようやく本題。

弊社にはGODなる人物がおりまして、以前よりは弱まったとはいえ依然としてかなりの影響力を持っておられる方だ。

GODの経費は月1回まとめて精算する事になっている。代表を退かれる前まで、なんと年1回の精算だった。年間経費の詳細が記入されているノートと、領収証の束を受け取り、全て合算して現金一括でお支払いをするのである。

中小とは言え代表者。社内外の付き合いは多く、月の経費でもそれなりの金額になる。それが1年となるのだから、それはもう「凄い」としか言えない。オレが入社した当初は景気が良く、今にしてみれば儲かりまくっていたので、コストに対する意識は相当緩く、それが経費増大に拍車をかけていた事もある。とにかく凄かったのである。

話を戻そう。その月1回の精算だが、現在、この業務が異常なまでに難儀なのである。と言うのも、GODが領収証を紛失してしまうからだ。それだけで大変になるのか?という疑問があるかも知れない。だが、これが本当に、心底大変なのだ。

第一次チェックを請け負っているのは、ヘッドなのだが彼は毎月、苦悶の表情を浮かべている。飲みの席であの仕事は『嫌でしょうがない』とこぼしていた。心中察するに余りある。

この状況が続くのはシンドイ。普段、GODに意見する事が少ないヘッドが動いたのであった。意外だった。それほど嫌だったのか。

GODに、給与に月の経費の平均額を上乗せして支給するので、それで遣り繰りして欲しい

こう伝えたのだ。非常に良い案、全面的に賛成だ。

GODは速攻で難色を示した。何故か?

「給与で上乗せ支給されると、その分、所得税が引かれてしまうじゃないか」
恐れ入った。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ