« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の3件の記事

田んぼの真ん中にある男子高

10日前、オレが何気なくJTの同級生に電話した事が発端となり、来月、おそよ5年振りのJT-2J会合が開催される運びとなった。

最も大きかったのは、本来、電話もメールも一切の反応をしない男である筈のHGCから当日中にコールバックがあった事だろう。仕事終わり、駅構内にいるのにも関わらず電話を返したくれた。これは2011年最大のサプライズだった。

今回程、予定の調整がスムーズに進んだ事は無い。みんなからの返答も驚くべきスピードであった。長きに渡るブランクに終止符が打たれる事を望んでいたかのごとくだ。

実は2010年の正月、年始の挨拶がてら、10年来の縁有りメガニストNakから『今年こそはみんなで集まろうぜ』という趣旨のメールを受け取っていたのだが、会合の開催に至らなかった経緯がある。その直後に起こった手首負傷の影響により、オレ自身が、「正直、手首が癒えるまで何もやる気しねーよ」状態に陥ったからだ。

結局、2010年、Nakと接点を持ったのは年始のメール交換だけであった。さらに例年、浦和の試合を共に観戦しに行くMassaと実際に会ったのは僅かに1、2回のみ。HGCに至っては、毎週競馬の予想メールを送信していたが、それが届いているかどうかすら把握できない状態であった。

繰り返しになってしまうが、よく話がまとまったよなあ。

今回の教訓。
少しでも動けば何かが変わる。いや、自発的に動かなければ何も変わらない。

トレンディードラマ風に言えば、
「ちゃんと好きって言ってくれないと分からないよ」
という感じですかね。

関係者の皆様、来月はよろしくお願いします。

7月には中学生の時の同窓会がある。誰が参加するのか皆目分からないが、6、7月は旧友との接触が予定されています。


BGM
Superfly/Oh My Precious Time
グループサウンズを想起させる曲。

長渕剛/流れもの
酔っ払ったら歌いたくなる曲。

木村由姫/LOVE & JOY
フジテレビ系列ドラマ「花村大介」主題歌。ドアラもしくは『躍ってみた』のイメージが強い。振付無数。

Perfume/レイザービーム
13thシングル。これは良いぜ。

capsule/Stay with You LIAR GAME original ver
戸田恵梨香が浮かんでしまう。

回り道をして得する事は何も無い

先日、偶然にも新卒採用向けの求人広告の内容について知る機会が訪れた。人事のマネージャー様とサシで打合せをしている時に、採用担当が入って来て、急ぎの確認がありますとう展開になり、ちょっと話を聞いてしまったという訳です。

求める人材の項目に書かれている内容を知って驚く。おいおい、どんだけハードル高くしてるんだよ。正直な話、オレでは絶対にパス出来ない。選考をパス出来ないどころか項目1つクリアできねえ。決して自分が無能だとは思ってないが、求められる人物像は自分のレベルの遥か上を行く。

就活をやった事が無いのでよく分からないが、内定まで辿りつくには相当な嘘をつかない限り無理じゃん。

志望動機以外に、学生時代に頑張った事を聞かれるらしいですが、それが何を意味するのだろうか。学生時代、何かに打ち込んだ経験が有る人は仕事が出来るのか?全然違うと思う。

オレは学生時代、ハッキリ言って何一つ頑張って無い人間だが、大学時代、運動部やサークル、本業たる勉強の分野で輝かしい実績を残した人間に比べて、仕事で劣っていると全く思わない。嫌らしい話、そういう人より評価される事もある。

関係無いんですよ、マジで。人事は実に下らない物差しで学生を判断しているんだなと思います。

オレは仕事に対しては誠実だという自負がある。ニート経験者の矜持ですね。日々、労働が出来るという事がいかに幸福か。自暴自棄になりそうな時は、いつもこの思考に戻る様にしている。

大学受験で浪人して、留年して、ニートを経験した人間でも全く問題無いんですよ。全く説得力無いね。日本は回り道をした人間が不当に低く評価される社会

採用担当者は、揃いも揃って曇ったメガネをかけ、偏見に満ちた思考を持っている。そして、自分の考えが正しいと信じて疑わない。新卒プレミアムを失った者に明るい未来は無い。これが常識。実に下らない世の中だ


BGM
B'z/Baby, you're my home

Rie fu/dacay

ZONE/secret base~君がくれたもの~
どう考えても男と男。久々に聴いたがノスタルジー効果が凄かった

いきものがかり/ありがとう

関山藍果/motherhood~me & my mom~
youtubeのコメントを読む限り、英語の圏の人も泣けてくるらしい。音楽に国境無し。

素人が語って何が悪いのさ

掲示板などの個人個人が自由に発言する空間があるが、感情的になった人の、こんな感じの発言を目にする機会が多い。

『素人が何言ってんだか』
『素人のくせに』

まあ、この手の発言をしている人こそ素人なんですけどね。


素人がその道のプロに対して何かを主張するのはそんなにおかしい事だろうか?オレが知る限り、ここ日本では日本国憲法第21条で言論の自由が保障されている筈だが。

素人がプロを批評するな。こんな事を言われ様もんなら、スポーツ観戦した後、仲間と一緒に行く飲み屋での会話なんてほとんど成立しなくなる

世の中の女性達が言う
『AKB48って可愛くないよね』という会話も多くの場合、成立しなくなる。(そこそこの確率で成立する場合もあるが)

世間がどう評価しようと、彼女達は「可愛さ」を商売道具にするアイドルという職種であり、しかもバカ売れしてる訳だから。

張本勲と江川紹子の騒動を例に挙げるまでも無く、「素人は口出しするな」という考え方は余りにも狭くて小さい。ホリデー快速ビューやまなしの座席くらい狭くて小さいよ。

素人風情だからこそ言える事がある。そうは思いませんか?


BGM
BON JOVI/I Want You
CHATMONCHY/シャングリラ
Jitterin' Jinn/SINKY-YORK
鳥山雄司/Shining Monument

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ