« 評価面談 | トップページ | 1枚目 »

移転

私目が籍を置いている会社では、先週、全従業員が集まる定例会が行われたのだが、そこでKING御大から、本社移転についての話がされた。

従業員にとっては、それなりに、いやかなり重要な事だと思うのだが、下半期の各部の展望に関する話の中に、無理矢理差し込むだったらしい。一瞬の出来事と言っても良い。完全に集中を欠いていたオレは、しっかりそれを聞き逃していますからね。直後、場内がザワついたらしいが、それすらも記憶に留められない程、魂が欠落していた様であります。

珍しく情報漏洩が無かったという事だろうか。まあ秘中の秘だったみたいだしね。とにかく秘密裏に事を運ぼうという意図はビンビンに感じる事ができた。

だが、悲しいかな、経営陣(主にKINGだと思う)から特命を受けて移転準備を担当した、某管理部門の方々が、余りにも情報遮断が下手過ぎたので、事前に知り得てしまったけど。よって、あの日、あの時、あの場所で移転の話を聞いていてもオレが驚く事は無かったと思う。

その翌日に評価面談が行われたので、その際、ボスに移転の理由を尋ねてみた。どうやら最大の理由は、固定費削減らしい。KINGの経費削減思考が止まらなくなっているとの事。将来のビジョン構築よりも目先の黒字化。ボスの言葉は軽くない。

知ってる筈という前提で、場所についても聞いてみた。答えは一言、近場だってさ。それ以外、具体的には何も決定していないらしい。

固定費削減策かも知れないが、当然、一時的にだが費用が嵩む。財務の事はしっかり考えているのかと最後の質問を投げかけた。我ながら経理担当者らしい質問。2年で完全にペイできるという回答であった。以降、完全な固定費削減が実現されるという話ですね。

この話を聞いて、かつての失敗例がフラッシュバックした。

数年前、毎四半期、かなりの利益が確保できていてイケイケだった当時、営業エリアと売上の拡大を狙い相次いで支社を開設した。記の定例会でKINGが、関西支社が軌道に乗った暁には、中京にも進出するとブチ上げたのも完全に今は昔である。

この時も、経営陣は開設諸費用は順調に行けば2年で完全にペイできると言い放ったのであった。しかし、現実は・・・。まあ察して欲しい。

2年で完全にペイできる
彼等の口から発せられる言葉で、これほど信頼できない言葉は無いぜ。

tks「2年でと簡単に言いますが、そんなに短い期間じゃないですよ」
ボス「KINGは、2年間は大きく浮揚しないと思ってんじゃねーの」
ボスの口調(基本、ぶっきらぼう)も相まって、実に投げやりに聞こえたが、一方で的を射てる気がした。

彼が変われば絶対に会社は変わるのに。彼に少しでもその自覚はあるのだろうか。嗚呼、ピーターの法則が重くのしかかる。


BGM
class/夏の日の1993
ゆず/夏色
THE BOOM/風になりたい
玉置浩二/田園
AKB48/ポニーテールとシュシュ

« 評価面談 | トップページ | 1枚目 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163466/37206983

この記事へのトラックバック一覧です: 移転:

« 評価面談 | トップページ | 1枚目 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ