« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の13件の記事

マネージャー

横文字の肩書きは何だか妙に、もしくは無理してカッコつけてる感じがして好きになれない。だが、最近では多くの会社で課長級以上、いわゆる管理職レベルの職位をこの言葉で表現している。

そして、この言葉の前に、やれアカウントだ、セクションだ、エグゼクティブだ、何て横文字が付いたりする事があり、そのため組織上の序列も役割も不明瞭になってしまう事がある。オレが所属している会社が正にそうだ。

それはさて置き、「マネージャー」とはその言葉を額面通りに受け取れば、マネージメントを行う人となろう。そもそも、現在マネージャーとして労働している人は、会社からマネージメントが出来る存在と認められたからこそ、その肩書きを獲得できた筈である。つまり、会社の判断に誤りがなければ(この前提条件は相当に無理があるが)、マネージメントが出来ないマネージャーは存在し得ないのである。

だが現実は違う。会社の判断が悪いのか、本人の能力が経年劣化したのか、理由は定かでは無いが、どう贔屓目にみてもマネージメントの能力に欠ける、いやそれを実践するのが不可能な人がいる。つまりは名ばかりマネージャーである。

彼等は実務のほとんどを部下のメンバー層に丸投げして、悠々と座っている。もちろん何もせずに漫然と腰を下ろしているだけじゃない。上へのアピールは抜かりなく行うのだ。具体的な成果を伴っているか否かは問題じゃない。とにかく、「やってる感」が出せれば良いのである。

部下からの評価が最悪なのに、上からの評価はそこそこ高いマネージャー、この手のタイプが最も嫌いだ。

人事評価は、少なからず「人見合い」。その人物がどんな成果を挙げたかではなく、その人物がどんなに良い奴かで判断される部分(もしくは枠)が少なからずある。評価者(上司)に気に入られる、もしくは取り入るのがウマイ人は絶対的に得をする。上だけに気に入られている奴は、この点を十分に理解している。最も上に立つ人間が馬鹿だったら下は完全に終わるという図式。

そんな組織をよく知っている様な気がするから不思議。

ここまで、やいやい言いましたが、自分の周囲では上記の様な人は断じて存在しないので、オレは本当に恵まれているなあと思いますね。

これは特に本文と完璧なまでに無関係な事柄ですが、オレは基本的に会社の人間に「駄文」のURLを晒しておりません。当然であります。


BGM
THE BLUE HEARTS/TOO MUCH PAIN
染みる。後期の名曲。

長渕剛/流れもの
苦しい事など他人に語るな
ドブに捨てちまったら一生だんまり決めろ

出来ないです。

中島みゆき/銀の龍の背に乗って
まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている
このフレーズ、まるでオレの事だ。

BEGIN/島人ぬ宝
ここ3年の実績では、酔ってカラオケ行ったら確実に歌う曲となってる。大宮アルディージャを応援する身として、地元に対する愛は分からない訳じゃない。

B'z/Crazy Rendevous
中学生の時、何故かこの歌の状況に異様に憧れた。30歳となった今でも実行出来て無い。実行不可能。「イケメンに限る」という注釈が付きますね。

熱中症の被害者続出

さらに土曜日(7月17日)

試合終了後にkubo君が合流して、久々に座光寺メンバー全員が終結する事になった。

大宮のウエストサイドストリートにある外観だけは妙に味のある居酒屋に入った。値が張るばかりで、図抜けて味が良いという事も無い。料理の量が絶対的に少なく、加えて酒の種類も少ない、そんな店でした。そうですね。2度目の来店の機会は永遠におとずれないだろうと確信しております。

乾杯した後、その日観戦した試合の振り返り、次いでW杯、プロ野球の話。そして、参院選の結果を踏まえた政治の話。簡単に言ってしまえば、長年慣れ親しんだいつも通りの展開である。

政治の話の中で、kcさんの口から、また一つ珍言というか迷言(名言でもいいや)が飛び出した。

「六大学レベルの大学出身者以外は国会議員になっちゃダメだ」

kcさんは異常なまでの学歴信奉者だ。有名大学卒、中堅会社の人事に所属するオッサン社員の100倍は学歴を重視する人。オレの友人・知人の中で、この人程学歴を重視して物事を考える人はいない。いわゆる有名大学出身者であれば、『容姿すら美しくなる、自然とそうなってしまうんだよ』と言い切ってしまうのである。

要はちょっとどころじゃなくおかしい感覚の持ち主なんですね。学歴を全面肯定する姿勢を崩す事がない訳です。一切ブレない。鳩山由紀夫、菅直人とはまるで違う。それが故に、まるで大した事無い人間であるオレの事も、基本的に、根っこの部分では褒めてくれますね。付き合い始めてからずっとそんな感じ。「根っこの部分」という表現を使ったのは、言うべき時は、しっかりダメだ、間違ってると正面から言える人なので。

話を戻す。つまり、六大学レベルの学歴(彼にすれば「勉強」に留まらない総合的な能力)がなきゃ国政を任せられないという意味の発言だった。

当然ながら瞬間的に、
「いやいや、絶対おかしいですよ」
の声が上がる。

「そのレベルの学歴があれば問題ないんだから」
とさらに重ねるkcさん。

こんな感じで、隙だらけの極論を出発点にして、理屈全開で各々の意見をぶつけ合っていくのが座光寺飲みの典型的なスタイル。大抵の場合、答えは出ないし、誰もそれを求めていない。

3時間弱、23時過ぎまで飲んで解散となりました。


BGM
AKB48/ポニーテールとシュシュ
アイドル曲の作り込みは相変わらず凄いなあと感心させられる。80年代の様なギターが凄く良い。サビメロにジャーマンメタル風哀愁を感じる。この時代にシングル50万枚オーバーの売上は驚きに値する。

松田聖子/青い珊瑚礁
アイドル歌謡の金字塔。聖子ちゃんはホント歌上手いわ。「赤いスイートピー」よりこの曲の方が好きです。

PRINCESS PRINCESS/Diamonds
自分より3~6くらい年上の女性とカラオケ行くと、必ずPRINCESS PRINCESSを歌う印象がある。それより上の世代の女性だとテレサ・テンを歌いますね。夏に合う曲。

LINDBERG/GAMBAらなくちゃね
LINDBERGベスト5に入る曲。そりゃ時々は泣きたくもなります。でも、そう思うのは特別じゃないし、一人きりでもない。頑張らにゃいかんのですよ。

玉置成実/大胆にいきましょう↑Heart&Soul↑
さてはこの人、消えたな。メロディーは雑で投げやりな感じだけど、オレは非常に好きでした。全開打ち込み系。

巨人首位ターン

つづき。

土曜日
起床後、時間を確認するために携帯電話を探す。バッグの中に手を突っ込み、掻き回してみるが、あのボディの感触が無い。おかしいな。ファスナーを全開にして、バッグを引っ繰り返して中のモノを全部ベッドの上に出してみた。

事実判明。ヤツが見当たら無かった。しばし呆然し、後に頭を巡らす。自転車に跨ってから、1度もバッグを開いた記憶は無い。つまり、オレは携帯電話を自宅マンションのどこかに置き忘れてきたのだ。

その日に携帯が無くて困る事はあるか?答えは超が付く程に簡単。アリまくりだ。

当日夕方、NACK5スタジアムで大宮―名古屋の試合を観戦する予定があったが、87に待ち合わせの場所と時間を伝える術が無い。

さらに、連休中に会わないか?というmixiのメッセージに対して、kakechikoから『土曜はどうだ?』という内容のメールが届いていたが、内容を確認しただけで、その返事をしておらずという状態だった。返事をしたいが、やっぱりそれを伝える術が無い。

結局、携帯電話が無いと、誰とも連絡が取れない状態に陥ってしまんだよね。連絡不能な状態を回避するには、特に重要な番号はメモにして財布に入れておくという古典的でありながら確実な方策を用いるしか無いと思われる。めんどくさがりのオレにそんな事が出来る訳ねえ。

ともかく、その日のオレは是が非でも連絡を取る必要があったので、午前中に実家を出て、電車で早稲田のマンションに舞い戻ったのでありました。無駄な交通費を出す羽目になってしまった。自宅に戻り、携帯電話を探してみる。だが、探すまでも無く即座に目に入った。黒いボディを光らせ、ベッドのド真ん中に鎮座しているじゃないですか。コレを忘れる馬鹿なんているのか?ま、いるんですけど。

自宅で十分に寛いだ後、待ち合わせの時間に間に合う様に、再び大宮へ向けて出発した。2回目だが、無駄な交通費を出す羽目になってしまったぜ。

17時にNACK5スタジアムに到着。試合開始まで1時間程度あったが、生ビールを飲み、スタジアムを歩き回るうちに練習が始まり、練習を見ていれば、あっとう間に試合開始時間となる。そういうものなんですね。

肝心の試合だが、大宮にとっては詳細を語るに堪えない酷いものだった。一言だけ書くとすれば、闘莉王とケネディは代表選手に相応しいクオリティを備えているし、楢崎は本当に良いGKだという事です。オレは、とにかく金久保順が見たかった。

つづく。終わるのかな。

セリーグ3試合は全てサヨナラで決着

日記風記事のつづき。

金曜日~土曜日
帰宅後、テレビを見ながら烏龍茶を飲み酔い覚まし。1時間程でかなり落ち着く。そのまま自転車で実家へ向かった。

突発的な飲みの誘いが入ったため、ちょっとばかり出発時間が遅くなってしまったが、最初から夜、愛車で実家に行く予定であった。多少アルコールが入っている状態で自転車を漕ぐのは、かなり気分が良いものである。危険防止の意味合い以上に暑さの影響で、スピードは程々に、ゆっくり行きましょうというスタンスで。

早大通り→外苑東通り→新目白通り→江戸川橋通り→護国寺を通過して、明治通り(池袋の五差路)に出るルートを選択した。池袋までは、おそらくこのルートが最もアップダウンが緩いと思われるから。

いつもの事だが、戸田橋からの距離が異様に長く感じる。もちろん、実際の距離も長いのだが、埼玉入りした所で実家はまだまだ全然先という事実に少なからずダメージを喰らってしまうのである。

戸田~蕨を抜けて浦和に入ると、道路が綺麗になるんですね。走り易くて良い。さすが県庁所在地である。北浦和辺りで一気にバテて、そこからはさらなる低速運転を余儀なくされた。体力というよりも気力の問題か。完全にペダルを漕ぐ事に飽きていた

そんな感じながら、それでも2時間で到着。思ったより全然スピード出てて驚いた。実家でコップ2杯分の烏龍茶を飲み干した後、はじめの一歩の最新刊を読破してから就寝。オレはこの時、まだ自分が犯した「どうしようもないが、しかし重大過ぎるミス」に気付いていなかった。

つづく。


BGM
THE BLUE HEARTS/裸の王様
見えなくなるより 笑われていたい
言えなくなるより 怒られていたい

このマインドを持ち続けるのは難しい。見渡せば、妥協と見栄と建前ばっかりです。

THE BLUE HEARTS/1000のバイオリン
夜の扉を開けて行こう 支配者達はイビキをかいてる
何度でも夏の匂いを嗅ごう 危ない橋を渡って来たんだ

宮崎あおいの歌の善し悪しは置いておいて、あのCMはインパクトあったなあと思う。

THE BLUE HEARTS/夕暮れ
夕暮れが僕のドアをノックする頃に
あなたを「ギュッ」と抱きたくなってる

学生時代の時より、今になって聴く方が染みる。こういう類の歌こそこのバンドの良さが出るんじゃないかとすら思う。「TOO MUCH PAIN」しかり。

THE BLUE HEARTS/ロクデナシⅡ
どこかのエライ人 テレビでしゃっべてる
「今の若い人は個性がなさすぎる」
僕等はそれを見て一同大笑い
個性があればあるで押さえつけるくせに

現在でも全然通用するな、この歌詞。

雑学王

やっぱり芸人色強め過ぎ。そして、問題が難解で全然正解に至らない。

爆笑問題、とりわけ太田光にクイズ番組を仕切らせるなら「雑学王」なんてやらずに「検索ちゃん」復活させてくれよと思ってしまう。あの番組のクオリティは本当に素晴らしかった。

この番組になってから月曜日23時20分頃のテレビがつまらなくなった。そう言いつつも結局は、「報道ステーション」からの流れをそのまま引っ張りテレ朝を選択している訳ですが。

日々twitterをやる様になって特に強く感じているが、携帯の機種変更をスマートフォンにすりゃ良かったなあと。いわゆる後悔先に立たずってやつですね。携帯用twitterの画面でも、自らツイートするのは全く問題ないのだが、他の操作が円滑に行かない。

これはtwitterの画面に限らず、yahooやらその他のサイトでも全く同様の事を感じる。結局、携帯専用のネット画面(何と表現して良いか分からん)は圧倒的に操作性が悪い。これに尽きる。

己の選択ミスを認めた所で、2年間使用しないと携帯キャリア本体の代金を支払わなければならないんだよなあ。よって、その期間耐えるか、もしくは万馬券的中させるか、現在保有している株が予想外に跳ねるか、totoBIGを当てるかして臨時ボーナスを得るしかないのである。totoBIG当たったら、携帯どころかマンション買いますけどね。

3連休空けの労働。なかなかに憂鬱である。


BGM
I WiSH/明日への扉
SPITZ/正夢
Superfly/タマシイレボリューション
UNICORN/裸の太陽
capsule/Stay with You LIAR GAME original ver-

梅雨明け

ネタもないし、日記風記事でも書いてみる。

この更新頻度の低下は自分の想像を超越している感がある。思った事を日々、twitterに呟きまくりだからなあ。W杯観戦で蓄積された疲労が抜けて無い感覚があり、あらゆる行動に対する気力が減退中である事も大きいか。法人税の勉強が遅々として進まない。嗚呼ダメだ。


木曜日
秋葉原UDXビル1Fの「上海バール」でBruno君と飲んだ。消費税の税区分についての意見が聞きたくて、自分から約束を取り付けた。

それまで想像を絶する遠方に住んでいた彼が都内某所に引っ越しを完了していたので、秋葉原は、お互いの職場から徒歩圏内の近場であり、尚且つお互いの家から距離が近い絶好の場所であった。

話題の中心はW杯。彼は自分が愛して止まないイングランドの早期敗退が本当に、マジで残念だったと言っていた。

「自分にとってのイングランドの試合は、Tさんが浦和の試合を見るのと同じ様な感覚ですからね」
そこまで好きなのね。

確かにベスト8で、さらにあんなにもドイツに一方的に負ける様なメンバー構成では無かったとオレも思う。脆弱過ぎるGK陣、ルーニーの不調、ファーディナンドの離脱の影響だろうか。ドイツ戦、試合を捌く主審に、ランパードの「明らかなゴール」が認められなかったのも大きかった。あの時間帯で2-2となっていたら、結果はともかく、試合はエキサイティングになっていたに違いない。

私的イングランドのベストバウトはGL最終戦。ゴタゴタで主将を降ろされたテリーの人間魚雷ブロック(結果的に不発)は、大してイングランドを応援している訳でもないオレの心
でさえ十分に揺さぶるものだった。あのテリーのダイブの様な魂入りまくりのプレーは本当に感動しますよ。アスリートが必死に奮闘する姿は、物凄く美しい。予定調和の一番を繰り返す千秋楽の大相撲とは全く違う。

その他、W杯から派生したサッカー関連の話、近況等々と話題は様々な方向に転がっていった。

本題についてだが、
『BS、特に資産関連の勘定科目にも目を向けなければならない』
これが回答。目から鱗というヤツですよ。

聞けば、当たり前過ぎる事。だが、ずっと数字を見続けていたオレはそんな事には一切気付かなかった。自分の能力の低さを思い知れた事が意義深い。他者の客観的視点というのは大事である。

翌日、Bruno君の意見を踏まえて、再度計算をし直した。未だ微小な金額のズレが認められるが、それも一つの仮説(自信度は相当高い)を適用すれば埋まる数字であった。消費税は全体としては非常に分かり易いのだが、個別の仕訳についての課税、非課税の区分をするのが非常に厄介

最後に引っ掛かったのは、「自社のために使用する商品券の類」の論点。各種サイトには当然の事ながら、具体例が列挙されているが、『自社のため』、この範囲の解釈にグレーゾーンが存在してくる。実際、その箇所でオレと会計事務所の見解が割れた。後者の方が節税となる処理であった。

いずれにしても、消費税のシートは無事完成した。Bruno君にはここで改めて感謝の意を表したい。


金曜日。
cerebさんとITさんと3人で神田の「ます家」(一見客でありました)にて飲み。どこも満員で、妥協を重ねに重ね、4店舗目でようやく落ち着ける場所を見つける事ができた。

当日の昼から泊まりで常任役員、事業部長級、社長というで某ホテルの部屋を借りて、トップ「会談」を行っていた。その予定自体は社内グループウェアにしっかりアップされていたので全社的にオープンな情報だったのだが、具体的にどんな事を行うのかはかなり不透明であった。

管理部門のヘッドは頑なに「研修」という表現をしていたらしい。「なんかスゴク怪しい」とcerebさん。

そこでオレは、共にテーブルを囲む2人がいない時、某事業部長様が我がヘッドに同日の事前相談に来て、何やら話をしているのを聞いていた事を伝えた。漏れ聞こえた言葉を紡いでいくと、どうやら人事制度の、しかもドラスティックな改定案を議題に挙げるらしいのだ。管理職の評価方法を見直す?そんな雰囲気の話。

「だから、わざわざホテルの密室で長時間に及ぶ会議をするんですよ」
と発言したが、ITさんはすぐにこう切り返した。

「そんなの上の会議室(事務所があるビルの最上階の部屋を賃借し、そこを大会議室として使用している)でやりゃ良いじゃん。わざわざ金を使う事ないでしょ」

もっともな意見。昼から夕方にかけては会議はキッチリやるかも知れないが、夜は間違いなく酒盛りをやるだろうなあと。これについては満場一致であった。

その後、どういう展開でそうなったのか覚えていないが、何故だか学生時代のバイトの話で盛り上がった。これって隣に大学生の集団がいたら、アラサーどっぷりのもはや若手でも無い社会人達が昔の思い出話に花を咲かせてやがるよとか思うんでしょうかね。思うんだろうなあ。

その後、どうでも良い話やら、どうでも良くない話やらをしながら3時間超飲んで帰宅。

情熱大陸が始まったのでこの辺で。

テレ朝「雑学王」、芸人色強めまくり

昨日、福島のハンデ重賞七夕賞で馬連万馬券を的中させ、毎年1回万馬券の目標を見事に達成。必要以上に良い気分になり、意気揚々とコインランドリーに足を運んだら、そこで思わぬトラブルに巻き込まれ怒り心頭

コインランドリーの話は腹が立つのでここに書く気がしない。気になる人はツイログでどうぞ。http://twilog.org/taka19790810

部屋の掃除等をしたり、PC内のフォルダの整理などをして時を過ごし、参院選選挙特番に雪崩れ込んだ。各局で番組開始直後、出口調査の結果、民主の獲得議席が40台後半に満たない情勢であると発表された。これはもう言い訳のしようが無いくらいの惨敗ですね。

民主は「消費税増税ブチ上げ」とそれに対する説明不足を敗因に挙げていたが、違うだろ。もし消費税増税が敗因であるならば、マニフェストにハッキリと「10%」という数値を書いた自民党も惨敗してしかるべきである。しかし、自民は勝利(大勝利と言っても良いかも知れない)を収めた。つまり、敗因は消費税云々じゃないんだよ。民主党所属の皆様はそれすら分からないのかな。アホなの?

敗因は、おそらく鳩山政権から菅政権に見事に継承されたグダグダ政治ダメダメ感が凄いもん。単純に有権者が民主党に嫌気が差してしまったって事だ。民主には骨のある議員も多く所属しているので、厳しい時だからこそ小沢さんの顔色など一切気にしないで頑張ってもらいたいと思う。

みんなの党が10議席獲得。先のW杯の日本代表と遜色ないくらいの大健闘。今後、鍵を握る存在になりそう。


株式取引
三井化学(4183)
三菱マテリアル(5711)
再度、三井化学(4183)
これらの銘柄を1泊2日程度で売買してプラス10,000円。残り27万円ちょっと。8月末までの復活は無理っぽいな。


BGM
IRON MAIDEN/Aces High
IRON MAIDEN/The Fear Of The Dark
RHAPSODY/Emerald Sword
RAINBOW/Kill The King

第22戦

エプソムC(6月13日)。

W杯が始まってる事もあり、気持ちがそちらに傾きまくりなので、正直やる気ないです

◎セイクリッドバレー
○青雲ワンダー
▲ゴールデンダリア
△シルポート
△闘将波

馬連3-2,8,12,15

自信無し。


1着 星雲ワンダー
2着 シルポート
3着 主将ベガ

馬連10.9倍。的中も完全な元返し。ただ連敗は脱出。

日本代表レプリカ買います。開幕して一気にテンションが上がった。4年に1度の祭だし、ケチってはいかんよ。


今、思い起こせばレプリカ購入は完全な勢いだった。

第21戦

安田記念(6月6日)。

携帯の機種変から1月ちょっと、特に何かをした訳じゃないのに液晶がぶっ壊れ画面が真っ黒になってしまった。全くツイてない。安田記念を当ててマイナス分を相殺したい。

府中マイルの鬼ウオッカが引退し、マイル戦線はカオスに。それにしても小粒な面子である。今回の方針は展開度外視、香港馬シカト、一発ある馬の選択で。

★スマイルジャック
この馬は府中マイルがベストだと思う。メンバー中、一発力は群を抜いている。

★主将トゥーレ
一発は無いが休み明け2戦目の戦績が良いので。

★マルカ不死鳥
末脚の破壊力は凄い。

★トライアンフマーチ
能力上位。府中のマイルも向いてる。

★サンカルロ
一発やりそうな気がする。

5頭の馬連BOX。


1着 昭和モダン
2着 超蜂
3着 スマイルジャック

馬連126.4倍。

完全に予想外の結果となってしまった。またもや完敗。ドツボにハマっていましたね。

第20戦

日本ダービー(5月30日)。

史上稀に見るハイレベルなメンバーが揃った。ダノンシャンティの出走取消は残念だが、それにより予想が楽になったのは間違いない。

◎ヒルノダムール
若葉S、皐月賞共に不利があっての2着。ペルーサ、ヴィクトワールピサとの着差を見れば実力に遜色無し。広い直線の府中でスムーズに走れば逆転できる。

○ペルーサ
青葉賞の内容が素晴らし過ぎる。青葉賞馬のジンクスを打ち破り、藤沢和雄のダービー制覇の悲願を叶える馬となる可能性は大いにある。迷った末に対抗にした。

▲ヴィクトワールピサ
この馬も強い。本命、対抗とほとんど差は無い。武豊に手綱を取ってもらいたかった。

△栄進フラッシュ
レースレベルは皐月賞>TRで間違いない。3着馬を軽視する訳にはいかない。

△レーヴドリアン
末脚にかける府中ならではの馬。心配していた雨も小雨程度で済みそうなので買う。

ルーラーシップは能力に疑い無しもローテがキツイ。切る。


単12
馬連12-1,2,7,9
1,2,7,9,12の3連腹5点BOX。


本日、埼玉スタジアムでサッカー観戦するのでダービーをリアルタイムで見る事が出来ない。残念だ。その浦和-清水は浦和の勝利、今夜のイングランド-日本はイングランドの完勝と予想する。

藤田、頼んだ。


1着 栄進フラッシュ
2着 薔薇王朝
3着 ヴィクトワールピサ

馬連167.2倍。

本命が9着に沈む。2着に入った薔薇王朝も完全に無理と判断し切っていたので、もう完敗としか言い様が無い。

オマケで書いたイングランド―日本の試合の予想も大ハズレである。

日本は1-2と善戦。イングランドの得点は闘莉王、中澤両CBのオウンゴールだった。この試合の結果を踏まえて、岡田武史は、W杯本戦で守備的布陣を採用する決断をしたと思われる。つまりは、中村俊輔に与えられていた絶対的エースの称号が剥奪されるキッカケとなった試合である。もはや懐かしい。

最後に、埼玉スタジアムでのゲームは浦和が0-1で敗北している。つまり、オレの予想は1つも的中しなかったという事。どうしようもねえわ。

第19戦

オークス(5月23日)。

携帯故障→メール消失につき買い目も不詳という事になってしまった。

とりあえずこのレースで勝てなかった事だけは確かである。勝ち馬となったアパパネを自信を持って切った気がする。

当日にアップしなかった事を悔いるのみだ。オレの馬鹿ヤロー。

準決勝前夜

今月は決算月の翌月なので、例月のルーティーン業務に加え、勘定整理の仕事があるが、バカみたいに忙しい訳でもない。決算を迎えるのは、グループ会社の本体たる会社(3月末決算)では無く、関連会社の方。

所有する資産は最低限のモノしか無い。負債に至っては、より単純で、買掛金、借入金は本体の会社に対するモノしか無い。本支店関係では無いので、いわゆる本支店の会計処理は不要。飽くまで関係の深い別法人である。

この微妙な関係によって、様々な魔法を唱える事が可能なのだが、借入金の金利に関しては、長期プライムレート見合いの常識的な数値に設定している。こればかりは素直に税務署及び顧問会計事務所のご指導に従っている。清廉潔白が経理部のモットーですから。


損切り後、翌日、すぐに三菱ケミカル(4188)を仕込んだ。理由は単純で、強烈な下げが2日連続していたから。オレは、下げ2日目の後場に仕込んだ。この買い方で今年は7戦7勝している。またもや成功で17,000円の利益。同様の方式をGSユアサ(6674)に適用しようもんなら、アッサリ嵌め込みにあってしまうので注意が必要。この銘柄に見られる大口さんの仕掛け含みの変態的な動きはどうも好きになれない。

8末までセコくやって何とかマイナスの埋め合わせを狙いたい。残り28万とちょっとである。


W杯はベスト4が出揃った。優勝予想の賭けの負けが決定してしまったので、正直どこが優勝しても良いのだが、それでも実力があって、文句のつけようの無い国に優勝して頂きたいなと思う。

つまりは、ウルグアイではダメという事です。ここまで本当によく戦ったが、どんなに贔屓目に見ても優勝に相応しいチームでは無い。決勝はオランダ―ドイツorスペインじゃないと盛り上がりませんよ。

ドイツ―スペイン、この試合は本当に面白くなるだろう。予想は出来ないし、敢えてしない。勝った方が強かったという事になるだろう。南半球で開催されるW杯で初めて欧州の国が優勝するという歴史が見られそうだ。しかも、それがその国にとって初優勝という可能性も十分である。本当に楽しみだ。

スペインが優勝する場合、ここまで全く仕事が出来ていないフェルナンド・トーレスが決定的なゴールを決めるシーンが見られる様な気がしてならない。絶対的エースというのは、常においしいところを持っていくものだから。

地上波の放映は残り3試合。もちろん、全て見るつもりです。


BGM
Superfly/タマシイレボリューション
平原綾香/威風堂々
GOTTHARD/He Ain't Heavy He's My Brother
Orianthi/Highly Strung
Rhapsody/Emerald Sword

No Game Day 2日目

昨日と今日の2日間、W杯の試合が行われない。6月11日の開幕戦から19日間、GL、ラウンド16終了まで試合の無い日は1日も無かった。

普段のリーグ戦より試合間隔が短い日程で、しかも過度のプレッシャーのかかる戦いが続く大会なので、選手の疲労は相当なものだと思うが、時として睡眠時間を削りながら試合を観戦するオレもそこそこに疲れていた。毎日、真剣にサッカーを見続けるには、それなりに気力と体力が必要なのである。

この2日で十分に英気を養ってQF、その先の試合(観戦だけど)に臨みたい。そんな訳で、報道ステーションをマトモに見るのは久しぶりである。


最近、目に見えてブログの更新頻度が下がっている。これは連日W杯を観戦し続けていた事だけが理由じゃない。やはりtwitterを始めた事が大きいと思う。

twitterを始める前に赤菱に指摘された通りであるし、先日loostAがブログに書いていた通りである。twitterで思いついた事を、特に深く考えずに瞬時に呟いてしまうので、ブログに書く事が無くなっちまうんだよね。

1ツイート辺り140文字の制限があるが、1日に何度も何度も呟いてしまうので、言いたい事はほとんど吐き出してしまっている状態になる。結果、頭には何も残っていない。よっぽどの事が無い限り、ブログを書こうとならないんですね。

でも、ブログを止めようとは思ってない。140文字はその瞬間、瞬間を切り取るには絶妙だと思うが、伝えたい内容によっては余りにも少ない。オレは、twitterを始めたばっかりなので、まだtwitter自体さえも掴み切れてない状態。後々は、ブログとの使い分けを上手くできる様になれればと思っている次第である。


株は不調。日経平均と為替があんな感じなので、基本的に「買い」で勝負しているオレが勝てる筈が無い。取引履歴を書かなくなって以降、やった売買は多くない。豊田合成(7282)を全て損切りしてマイナス30万円の利益を計上。

返済期限はかなり先で、ホールドする事は出来たのだが、資金が固定され投資機会が減少する事がリスクであるという判断に至った。仕切り直しですね。とりあえず、目先の目標は譲渡益、再度のミリオン到達である。8月末までにそこまで復活できれば、年初に立てた計画の達成も不可能じゃないかも知れない。復活できればだけど。

支離滅裂になったが、最近のオレはこんな感じである。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ