« W杯グループリーグ予想5 | トップページ | W杯グループリーグ予想7 »

W杯グループリーグ予想6

グループF。

◎パラグアイ
○イタリア
▲スロバキア
△ニュージーランド

まずニュージーランドは余りにも実力が違い過ぎるので、勝ち点獲得は難しいと予想する。よって残り3国で2つの椅子を争う形となる。

イタリアだが、今大会は苦しい。ざっとメンバーを見渡しても、知った顔ばかり。これはすなわち4年前のドイツW杯からの上積みがない事を示している。前評判が低くても、伝統の守備で粘り強く守り、何だかんだで勝ち上がるのがイタリアなのだが、さすがに今回は上手くいきそうにないなという感じがする。だが、グループリーグの温さに救われた。さすがにトーナメント進出を逃すとは断言できない。2位通過が妥当。

1位通過はパラグアイとした。大器と呼ばれて早数年サンタ・クルス(マンチェスターC)、ブンデス3位の19ゴールを叩き出したバリオス(ドルトムント)、バルデス(ドルトムント)、今季リーグ26ゴールで得点王のカルドーソ(ベンフィカ)と攻撃陣の駒は豊富。南米予選3位通過の実力を遺憾なく発揮できればベスト8の可能性も見えてくると思う。期待している。

スロベニアはオシムさん推奨だが、あらゆる意味でちょっとずつ劣っている印象。サプライズならずと読んだ。

« W杯グループリーグ予想5 | トップページ | W杯グループリーグ予想7 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯グループリーグ予想6:

« W杯グループリーグ予想5 | トップページ | W杯グループリーグ予想7 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ