« 官房機密費問題 | トップページ | W杯グループリーグ予想2 »

W杯グループリーグ予想1

気付けばW杯開幕まで残り3日。

まずは難解極まりないAグループから。

◎メキシコ
○ウルグアイ
▲フランス
△南アフリカ

FIFAランクでは最上位のフランスだが、チームとしてのまとまりに欠ける。個々の選手の実力が高くても、それを上手く融合できない限りW杯では成功を収める事は出来ない。今大会のフランスはとにかくまとまっていない。ドメネク監督のマネージメント能力不足は明らかであり、半ばチームは分裂している状態。これでは、いくらフランスと言えども勝てる筈がない。グループリーグ敗退と予想。注目している選手はフランク・リベリー(バイエルン)。

メキシコはグループリーグ突破の安定銘柄。細かいパスをつなぐ小気味良いサッカーは魅力的だ。実はいつも応援している好きな国。体格やフィジカルに大きく劣る日本が目指すべき姿なのではないかと思っている。お馴染みのDFマルケス(バルセロナ)、ドス・サントス(ガラタラサイ)、グアルダード(デポルティーボ)、来季マンチェスターUに移籍する新星エルナンデス(グアダラハラ)、この辺りの選手が実力を発揮できればベスト8入りも狙える。南アフリカとの開幕戦を制して波に乗り1位抜けと予想。

古豪ウルグアイは攻撃陣にタレントが豊富。2トップは、今季リーグで35ゴールを決めたスアレス(アヤックス)に絶対的エースのフォルラン(Aマドリー)。トップ下にはレコバ2世の呼び声高いロデイロ(アヤックス)、左サイドにはクラブで主力に定着したアルバロ・ペレイラ(ポルト)がいる。守備は心許ないが、攻撃がハマればグループリーグ突破は見えてくる。初戦のフランス戦が全てか。

開催国南アフリカは正直厳しい。上記3国とはホームアドバンテージを考慮しても尚埋まらない差が存在している様に感じる。旋風は起こせず、アッサリ敗退するんじゃないかと。

サラッとやる積もりが書き過ぎた。この調子でやったら、全てのグループについて書くの無理だな。

« 官房機密費問題 | トップページ | W杯グループリーグ予想2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おおお、奇遇ですね^^
俺が日記に書いたのと同じでビックリしました
ここ最近のフランスみてるとどうもこういう予想にしたくなりますよね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯グループリーグ予想1:

« 官房機密費問題 | トップページ | W杯グループリーグ予想2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ