« 第15戦 | トップページ | 第17戦 »

第16戦

天皇賞(5月2日)。

G1馬が僅かに1頭。他馬も微妙過ぎる面子で人気通り素直に決着する気がしない。

フォゲッタブルは臨戦過程が気に食わない。前哨戦回避で今回は万全と言われても説得力に欠ける。長距離の成績は抜群だが、全て超スローペース。不思議な事にダンス産駒は春天はサッパリ。押さえまで。

マイネルキッツは大外枠が辛い。昨年は内からスルスル行って早目に仕掛けた形で勝利。あれしか無かった。今回はどう転んでも難しい気がする。切り。

◎ジャガーメイル
重賞未勝利も能力十分。香港では0.1秒差、京都記念ではブエナビスタに0.1差。調教は最高。チャンス有りだ。

○ジャミール
アンカツさんお願いします。

▲テイエムアンコール
オペラハウスの血が騒ぐ。

△東海トリック
長距離は堅実な成績。人気しないから良い

△フォゲッタブル

ナムラクレセントが怪しいが手が回せないので切り。

弱気に3,6,10,12,13の馬連BOX。
単12。


1着 ジャガーメイル
2着 マイネルキッツ
3着 名将ドンタク

馬連23.2倍。単勝5.9倍。単勝が辛うじて的中。形は悪いが、とにかく連勝である。マイネルキッツを舐め過ぎたか。

« 第15戦 | トップページ | 第17戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16戦:

« 第15戦 | トップページ | 第17戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ