« 知らぬは罪 | トップページ | 持ち越しは致しません »

たちあがれ日本

タブロイド紙の記者さんからは、シルバー新党などと揶揄されておりますね。

与謝野馨と平沼赳夫の主要政策は明らかに不一致であるらしく、第三局となって民主党の過半数獲得を防ぎつつ、自分達がキャスティングボードを握り政権に噛んでいくというその意志はよく分かるが、しかし、有権者に受け入れらるとは思えないです。

まずさ、ネーミングセンスが無さ過ぎるでしょ。『たちあがれ日本』って。言い辛いわ。シルバー新党の方が遥かにネーミングセンスを感じる。選挙速報でどう省略表記されるか見物だな。いわゆる高齢者ばかりで華も無い。党としての政治理念は何なのか。それが皆目分からない。

個人的には平沼さんは好きだ。郵政民営化法案に断固反対という自らの信念を貫き、自民党を離党。凄くかっこいいじゃないですか。男の中の男。この潔さは打算に塗れている政治家らしくない。まあ、見方を変えればバカだけどね。魑魅魍魎が渦巻く政界では決してトップになれないタイプだと思います。良心的な保守本流。この人に関しては応援したい。

与党と旧与党に所属する議員さん達から、『志向する政策が全然違う。野合じゃねえか』という批判を受けておりますが、その言葉、お前等にも十分当てはまるだろーが。こう思うのはオレだけじゃない筈。特に与党にね。

小沢さんが白と言えば、カラスが白くなってしまう様な貧弱な面子が揃う党に、過度に期待してしまった有権者がバカだったという事だ。先日の生方の乱も実に寒々しかった。オレは、最終的に副幹事長の留任要請をすんなり受けた生方さんに大いに失望したよ。小沢に呼ばれた時、「なんでオレがお前のために働かなきゃならないんだ。アホかおのれは」と辞表を叩きつけるのが正解でしょう。言動が中途半端過ぎ。最後までやり切れないなら、最初から小沢にたてつかない方がマシだった。

民主は鳩山、小沢の2トップが辞任すれば間違いなく復活するし、自民は舛添を党首に据え、人事を一新すれば支持率は上昇する。スゲー簡単な事だと思うのだが、やっぱり権力欲が漲っている人間を主要ポストから降ろすのは並大抵の事じゃないんでしょうね。ともかく、デフレを何とかして下さい。


お願いランキングの美食アカデミーのコーナー、結構好きだ。みんな、意外と褒めるところが良い。料理研究家の森崎友紀はかなりの美人さんだ。

« 知らぬは罪 | トップページ | 持ち越しは致しません »

雑記」カテゴリの記事

コメント

なるほど。「いいにくい」というのも重要なポイントですね。
確かにいいにくいですね。

「たちあがれ日本党」が、腐敗した民主党を国会で追求するのを楽しみにしている。
1年以内に、少なくとも共産党や社民党よりも支持率が高くならなければ失敗。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たちあがれ日本:

« 知らぬは罪 | トップページ | 持ち越しは致しません »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ