« 一抹の寂しさ | トップページ | 陰り無し »

なかなかのエンタテインメント

久々に書評を。

最近、何故だか読書欲が爆発していて、暇な時間があればず本を読んでいる。

先日、あぶく銭とは全く違う、しっかりと狙って得る事となった少なくない臨時収入が入ったので、何か買っちまおうかとなったのだが、結局買ったのは億万長者への切符「BIG」をいつもの倍額と、新書4冊だけであった。丸善の新書コーナーに行くと、軽く10冊くらいは読みたいなあと思う本が積んである。嗚呼、時間が欲しい。

今回は最近買った新書ではなく、半年くらい前に読んだ小説について書こうと思う。


乾くるみ/リピート★★★★☆
主人公の毛利は大学4年生。9月1日、就職活動も終わり、自宅で卒論のレジュメ作成を行っている時、部屋の電話が鳴った。電話は、見知らぬ男が1時間後、地震が起こるとだけ伝える内容だった。

1時間後、本当に地震が起こった。直後、同じ男から入電。男は風間と名乗り、自分が未来から来たと言った。困惑する毛利に、畳みかける様に、現在の記憶を持ったままの状態で、過去に遡る時間旅行―風間はリピートと呼ぶ―をする仲間として彼が選ばれたと告げたのであった。

9月19日の夜、久しぶりに風間から電話がかかってきた。時間旅行のツアーに誘った人を一同に集めて詳細を説明をしたいという申し出であった。

9月29日、約束の場所へ行くと、毛利の他に8人の人間がいた。風間は、1ヶ月後、ある場所に現れる時空の裂け目に入ると、1月13日、午後11時13分7秒に戻れる事、現在自分が8度のリピートを繰り返し、9度目の人生を過ごしている事などを説明した。合わせて、風間のオリジナルの人生をR0、2度目の人生をR1、現在をR9と定義する事も伝えられた。

10月30日、風間と共に時空の裂け目に入った10人の男女は、全員R10へ行く事ができたのであった。

しかし、リピートを体験した人間が1人、また1人と不審な死を繰り返していく。果たして真相は?長くなってしまったが、そんな話。

前半は時間旅行をするまでの話。突拍子もない時間旅行の話を聞かされた後、日常生活を送りながら様々な事を考える毛利と共に、読者は『現在の記憶を持ったまま過去に遡れたら』という1度は考えた事がある夢物語を夢想する事になる。オレも何をしようかと考えた。とりあえず競馬と株はやるでしょう。

風間は、有る程度の利殖を行うのは構わないが、基本的にはリピート後もそれまでと同じ様に過ごすのがベターだと釘を刺す。

リピーターの唯一にして強力な特権は未来の記憶を持っている事であり、生活そのものを劇的に変更させると、その記憶をほとんど活かす事ができなくなってしまうからとの事。もし仮にオリジナルの人生で失敗した合コンで上手く立ち回り、狙っていた女性を落としても、その先の人生は全くの闇という訳である。極端な話、デートに行った先で交通事故に巻き込まれて死んでしまうなんていう結末も無きにしも非ずだ。

思わず納得させられた。記憶を持って過去に戻っても、金儲け以外に、やれる事はそれほど多く無いのであった。現実に時間流行など出来はしないと分かってはいるが、何だかちょっぴり残念。

SF全開だった物語は、R10突入後、徐々にミステリー色が強くなる。リピーター達の連続死により、メンバー間に緊迫感と疑心暗鬼が生まれる。リピートの秘密は、メンバーのみが知る事実であり、死の連鎖の裏に潜む共通項を知る一般の人間はいない。リピーター達は一種の閉鎖状況に追い込まれる。ある者は利己的な行動に走り、ある者は圧倒的な保身を狙う。人間の卑しさ、浅ましさの描写はオレの大好物。追い込まれる事によって、人々が本性を現す、このパターンは実に良いですよ。

犯人はやはリピーターの中にいるのか?自然と興味はここに向かってしまうのだが、ミステリーファンも納得の驚くべき結末が待っている。そして、衝撃のラストシーン。オレは頷きながら、こう思った。

そうだよな。そうじゃなきゃダメだ。

単なるタイムトラベルモノの枠に収まらない良作。MVPは天童太郎。調べてみると、この人物、著者の他の作品にも多数登場するようで。だったら他も読むしかなさそうだ。

« 一抹の寂しさ | トップページ | 陰り無し »

読みモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163466/34245622

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかのエンタテインメント:

« 一抹の寂しさ | トップページ | 陰り無し »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ