« 持ち越しは致しません | トップページ | 一抹の寂しさ »

悲観するのはまだ早い

土曜日、NACK5スタジアムでサッカー観戦。

相手は、ここまでリーグ未勝利と全く調子の上がって来ないガンバ大阪。これまで、大宮公園では未勝利という、にわかには信じ難いジンクスを盲信する事を決めてしまえば、絶対的エースFWのラファエル、精神的支柱であるキャプテン藤本主税を欠いた大宮でも、何だかんだで好勝負を演じてしまうのではないか。試合前、そんな甘過ぎる期待を抱いていた。

それにしてもNACK5スタジアムは、素晴らしいスタジアムである。観客席とピッチの距離の近さが凄い。選手達が繰り出すプレーの迫力を文字通り目の当たりにする事ができる。大宮公園と共に、大宮が誇るべき場所である。

さて、試合内容だが本当に酷かった。前半にもう1点取っていれば、まず間違いなく勝てる試合だった。決定的な1対1の局面や至近距離からのシュートを何度となくセーブしたガンバのGK藤ヶ谷のプレーは憎らしいが賞賛に値するものだった。前半の彼の活躍なくしてガンバの勝利は無かった。個人的MOMに認定したい。

前半の大宮は終始ペースを握り続ける素晴らしいサッカーをしていたのだが、終了間際の失点で全て台無しになった。宇佐美からの縦パスに平井がアッサリと裏に抜け出し、落ち着いてコースを狙ってゴール。

大宮の緩慢過ぎる守備が原因だった。ボールが出た瞬間、深谷がチェックに行くだろうと思ったのかマトはカバーに回る動きをし、逆にマトがチェックに行くだろうと考えた深谷は一瞬足を緩めてしまった。あの場面、走っていたのは平井だけだったので、2人ともダッシュで詰めて、懸命に体を投げ出すべきだった。責任感の欠如としか言い様がない。間に合わないタイミングじゃなかった様に思う。

後半は打って変わってガンバのペースに。サッカーでは、一つのゴールでゲームの流れが一気に変わる事がしばしば起こる。開始10分で2点を追加され勝負あり。その後の大宮は後ろから、ひたすら裏にボールを放り込むだけの、アイディアもゴールの可能性も何も感じられない、クソ面白くないサッカーを展開し続けた。外から見ていて、何がしたいのか全然分からなかった。

時々、藤田が懸命に競ってボールを落とすも、中盤の選手のフォローがほぼ無いので、セカンドをことごとくガンバに拾われる始末。ボールを奪った後のガンバは二川を中心に、自在に攻撃を行っていた。右サイドバックのキング加地もさすがのプレーを連発していた。代表復帰をお願いしたいくらいだ。

総じてダメだった大宮の選手の中で、特に酷かったのは市川。逆MOMだ。前半に決定機を逸した事もそうだが、試合を通じてゴールを取ってやるという気持ちがほとんど感じられなかった。ゴールへの欲求はFWに不可欠の要素。それが見えないんじゃもう終わってるぜよ。スピードスター石原直樹の怪我が癒えたら、即、藤田・石原の2トップでお願いしたいものだ。石原が無理なら、Kリーグ得点王のドゥドゥの方がまだマシ。

数少ない収穫は金久保。活躍をしていた訳じゃないが、足元のテクニックに長けていて経験を積んだら、それなりに期待できそうだと感じた。今の大宮には閉塞感があるので、それを吹き飛ばす意味でも青木、金久保、福田、渡部の様な若手を積極的に起用していっても良いんじゃないかと思うのだが。

大宮は第6節を終了して、1勝1分4敗の勝ち点4で、下から3番目の順位。某掲示板では、「こんなんじゃ残留できねえよ」という悲観論で溢れていた。確かに、バカみたいに優しいサポーターばっかりのゴール裏から珍しく本気度の高いブーイングが飛び出るくらい、どうしようもねえ試合だったが、それでも今から残留を諦めてしまうのは余りにも気が早い。

だってさ、去年のリーグで6節終了時に、大分→千葉→柏の降格3連単を的中できた人なんてほとんどいないでしょ。リーグ戦は、まだ28試合も残ってるんだぜ。これから、これから。終わってみれば結局残留。これこそが大宮クオリティです。オレは信じている。

最後に、この日が初めてのJリーグ観戦となったKubo、87両氏にサッカーの魅力が全然伝わらなかった事が残念でならない。

« 持ち越しは致しません | トップページ | 一抹の寂しさ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

アルディージャは今年は嫌な予感がするのよね。
開幕前のPSMのバカ勝ちと開幕戦の圧勝+塚本の見えない執念みたいなもので一気にいけるムード(反対に浦和は今年もダメモードの予感だった)だったんだけど、それを下支え&ビルドアップまでやっていたラファエルがいなくなってからは骨抜きもいいところ。

PSMは実は雪の中見に行っていたのだが、ラファエルのキープ力とテクで何とでもなっちゃってたのよね。その一方で攻守のバランスの舵取りとか細かい組織的なことがおざなりのイケイケサッカーのような印象だったので、ラファエルがいなくなったらどうなるのやらと思ったら予想通り。

バックラインをほぼ総入れ替えしたのに連携無しに両SBを同時に押し上げる戦術だったり、攻撃は実は縦ポン一辺倒っていうあたりを改善しないと厳しいのかなと。ラファエル以外に攻撃パターンはマト・深谷の高さ頼みってのも。ボランチ・2列目の補強は必須でしょう。

水原三星と開幕戦のセレッソの試合が大宮の今年のハイライトになると真しやかに囁かれている。あながち嘘にはならないかも知れない。

>イケイケサッカー、両SBを同時に押し上げる戦術
これがマトモに出来ていれば全然マシだったが、ガンバ戦の後半は、攻撃面において意味のあるプレーが何一つなかったと言っても過言ではない状態。ただただ酷かった。

ラファエルが戻るまでは、強豪相手もしくはアウェー仕様の粘り強く耐えてカウンターを狙うサッカーをする方が無難な気がする。まあ張がそれをやるとは思えないが。

いずれにしても、まだ2チームも下にいる事が救い。塚本泰史効果は死んでいないと信じ、最終的には12位フィニッシュを期待。

浦和は阿部勇樹に尽きるね。上がらないCB2枚となってついに本領発揮。W杯後、彼の欧州移籍が現実のものとなった時の事を思うと、ちょっと頭が痛い。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲観するのはまだ早い:

« 持ち越しは致しません | トップページ | 一抹の寂しさ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ