« 掃除 | トップページ | ベガルタ仙台くらい順調だ »

大人になって分かる味

後藤武士/読むだけですっきりわかる日本史★★★★☆

この本、相当売れているらしいですぜ。「歴女」なる非常に奇異な言葉が流行語大賞候補にノミネートされる事からも分かる様に、巷では歴史が何となくブームになっているらしい。その証拠に、現在「もう一度読む山川日本史(世界史)」がベストセラーになっている。

「山川日本史」ほど詳細ではないが、平易な言葉で、サラッと、しかもちょっと面白く日本史をまとめた。そんな本。

理系のオレは高校時分、センター試験のためだけに半ば無理矢理、日本史を選択していた。正直、地理、世界史のいずれを選んでいても熱心に勉強する事は無かったと思う。数学、物理、化学の方が圧倒的に得意だったし、好きだった。

まあ、それでも日本史の最低限の流れ、用語、人物は理解していたので、新事実発見!みたいな驚きこそなかったが、忘却の彼方に追いやられた事が甦って来る、何とも言えない面白さを味わう事ができた。

あったな、こんな展開。その後すぐ暗殺されちまうんだよな。
いたいた、こんな名前の奴。コイツが、またとんでも無い事をやらかすんだよ。

文章を読むにつけ、こんな感情が沸き起こってくる訳です。そして、最終的に、歴史って実は結構面白いじゃんという所に行き着いた。でも、タルタルソースやビールの美味さに気付かないと同様に、子供の時、これに気付くのは非常に難しいんじゃないかと思う。少なくとも、オレは気付かないガキだった。その当時は、とにかく算数が大好きでした。またかよ。

もしや、子供は自分自身に歴史がほとんど存在しないため、歴史の持つ意味や深さを感じられないのかも。この文章を書いていて、正に今こんな事を思った。

でも多分、違うわ。オレの咄嗟の思いつきは大抵の場合間違っている。

幕末~現代が最も魅きつけられた。

動乱の幕末時代を生きた人々の高い志と実行力には感服させられるし、国際連盟を脱退、国際的に孤立し、国家総動員法を制定し破滅の道へ歩む日本の姿は、戦争の恐ろしさ、愚かさを嫌でも実感させられる。

そして、その後の軌跡的な復興、急激な経済成長。これらは偏に日本人の知力と弛まぬ努力の賜物であり、日本人の素晴らしさを再認識した。戦後の日本の復活劇は世界史上、類を見ないものらしい。日本人は本当に凄い。日本人よ、もっと自信を持て。オレは誰なんだよ。



BGM
SPITZ/チェリー
新たな旅立ちを歌った歌。卒業ソングとしても十分に通用する。草野マサムネは童貞という意味も含んでいると言っていた。良い曲だ。

SPITZ/空も飛べるはず
ドラマ「白線流し」主題歌。ドラマの世界観にマッチしまくりだった。当時、オレは高校2年で毎週欠かさず見てた。有名大学入試に挑む主人公達と翌年の自分の姿を重ねながら。

SPITZ/愛のことば
良いですよ、コレも。メジャーにならないのが不思議。それにしても「ハチミツ」は名盤だ。

SPITZ/仲良し
青くて、清々しくて、爽やかで。汚れた大人は苛立ちを募らせるかも知れない。オレやみんなにもこんな時代があったんだぜ。

SPITZ/ロビンソン
バンドの出世曲。全てはこの曲から始まった。何だろう、この切なさと懐かしさは。名曲過ぎる。懐かしさは95年当時を思い出すから感じるのではなく、最初に聴いた時から感じている。草野マサムネは稀代のメロディーメーカーだと思う。

« 掃除 | トップページ | ベガルタ仙台くらい順調だ »

読みモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人になって分かる味:

« 掃除 | トップページ | ベガルタ仙台くらい順調だ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

memo

無料ブログはココログ