« 予想を超える強さ | トップページ | もはや上げるしかねえ »

宅建法定講習

本日、朝一から行って参りました。

大会議室にざっと見て100人超はいたでしょうか。宅建主任者証の更新もしくは新規取得をやろうとしている人間がこんなにいるのかと少々意外な気がした。もっと小さい部屋で20~30人程度で講義を受けるものだと決めつけていたので。

ほとんどの人が更新のための講習で、実務を行っているプロの方ばかりだった。それにしてもオッサン多過ぎ。8割超が中年のオッサン。両隣、前、後ろ、全員オッサンだった。そして、その昔「TVタックル」出演時、ビートたけしが好んで、ほぼ毎週着用していた異様にカラフルなセーター、通称「たけしセーター」を着ている人の割合が高かった。スーツの人が少ないのも意外だった。不動産業界は水曜休みが基本の筈なのに。

何故か?一説によると、契約が水に流れない様にゲンを担いで水曜休みとなったらしい。知らんけど。

そんな人員構成だったためか、会議室の中はどんよりしていた。いや、単純にどんよりという言葉では足りないくらいの状況だった。皆さん、朝から妙に疲れてるし、精神的に辛いわあという感情を隠すどころか周囲にガンガン発している。

ああいう空気はホントいかんね。こっちまで感化されちまう。

ナントカ協会関係者の方の説明の後、定刻通りに講義は始まった。これがまた面白く無いし、退屈極まりない。延々と続く講義中、何度時計を確認した事か。ずっと普通に仕事してる方が断然楽だと感じた。

昼休みを挟んで次の講義へ。この講義はなかなか面白かった。

講師の弁護士さんの話が上手かったのが大きい。体験談にユーモアを織り交ぜ、紛争事例や法律論を分かり易く紹介してくれた。ヒューザーでお馴染み耐震偽装問題、話題になった更新料無効判決、強制退去の問題点など話題もタイムリーで興味深いものが多かった。このセクションはそこそこ楽しめた。

休憩後、税法について。講師は、税理士からも神と崇められる公認会計士様。つまらねえ。だが実際は、今後の人生にとって最も役に立つ話なんだけどね。適用要件が多過ぎてとてもじゃないが覚えられん。あなた、これを覚えて仕事してんの?スゲーよ。感想はそれくらいだ。悪い意味で淡々と進んでいった。

全ての講義を耐え抜き、無事に宅地建物取引主任者証を手に入れる事ができました。試験から1年と半年、本当に長かった。だが、まだ終わりじゃない。今度は登録の変更等の書類申請が待っている。また都庁へ、本籍地の、居住地の区役所へ出向かなければ。面倒な事山の如し。う~ん、オレは行政書士できないタイプの人間だ。

« 予想を超える強さ | トップページ | もはや上げるしかねえ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅建法定講習:

« 予想を超える強さ | トップページ | もはや上げるしかねえ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

memo

無料ブログはココログ