« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の32件の記事

さすがの一言

池上彰/知らないと恥をかく世界の大問題(角川SSC新書)★★★★☆

タイトルは仰々しい。知らなくても恥をかく事はなく、大問題と言うには大袈裟な問題も多分に含まれている。だが文句無しの良書だと思う。

池上彰は元来小難しい政治、宗教、経済等々の問題を、平易な表現と、知識の無い人でも分かってしまう様な例え話を巧みに操り、物凄く分かり易く説明する能力に長けている人である。ホントに感心します。

ニュースや時事問題が何となく分かった気になっている大人が読むのに丁度良い本である。そう、正にオレにはうってつけだった。非常に数多くのテーマを扱っているので、一つ一つの問題に対する説明は浅くなってしまうのは止むを得ないところだろう。多少、専門的な知識を有してる人にとっては、物足りない、レベルの低い話と感じるでしょう。

全て時事ネタなので、遅くとも6月くらいまでに読まないと、完璧に賞味期限切れとなりますね。

彼の様にゼロから丁寧に教えてくれる先生がいたら、ガキも勉強が好きになるんじゃないだろうか。

負の要素が見当たらず

日経平均は1年半振りに11,000円を超えた。むしろ11,100円間近である。

正直、なんでこんなに強いのか理解できない。他国がリーマン・ショック前の水準を取り戻す中、日経平均はまだまだその水準に届いていない。遥か遠くだ。外国人の投資家もさすがに出遅れに旨味を感じたのだろうか。まあ、買い一点張りのオレにとっては、喜ばしい限りだが。

連日、取引を行っております。

三井金属(5706)が目標株価に達したので迷う事無く返売した。利益は10,6000円。1月に仕込んだので、これは時間がかかり過ぎた。金額にはそれなりに満足。目標値に到達したんだから当たり前か。

豊田合成(7282)。昨日の誤発注の一部残りの買い玉だが、災い転じて福と成した。この銘柄がバカみたいに強烈に上げた。ちょっと上げたところで速攻で返売に動いた。結果、プラス9,000円。本日、プラス圏内に突入。

三菱ケミカル(4188)を利益確定。昨日仕込んだばっかりだが、余りにも上げていたので利食いする決断をした。16,000円。この銘柄、かなり効率良い取引ができている。有望銘柄なので、前日終値を割り込んだ日に仕込めば、翌日は大抵大きく反発するので勝ててしまう。いつかは裏を取られるのだろうが、しばらくはこれで問題なさそう。これからも仲良くしたいものだ。

ニチコン(6996)、この銘柄も長らく負の領域に沈んでいて諦めていたが、本日を持って、めでたくプラス圏内に

上手く行き過ぎてる。落とし穴の予感と言いたいところだが、今回ばかりはそれが見当たらない。明日は年度末最終日。珍しくも、慎重に真面目に労働したい。明け4月には決算に向けての数字確定作業、心地良い忙しさが待っている。

文化的行為

自宅近くの公園の側道、夜は必ずガードレールに沿う様にタクシーが数台連なっている。だが、切れ目無くタクシーが連なっている訳じゃない。2箇所だけ、タクシーが切れる場所がある。そこは交差点になっている場所だ。どちらも小さい道同士が交差するので、信号や横断歩道なんてものは無い。

本日、その2つの内、早稲田通りに近い方の交差点に差し掛かろうとした時の事。左方向から、原付が勢い良く走ってくるのが見えた。多少無理すれば交差点を突っ切る事ができるタイミングであったが、オレは足を止め、道を渡るのを自重した。

すると、相手も同様の事を思ったらしく、交差点手前でかなりスピードが遅くなった。相手は左手でブレーキを握りながら、オレが完璧に歩みを止めた事に気付いたらしく、そのまま交差点内を徐行する格好となった。彼はオレの方に顔を向け、軽く会釈をしながら右手で手刀を切る仕草をした。

オレは、瞬間、彼に右の手の平を向けて、2度ほど左右に振った。

この一連のノンバーバルコミュニケーション。オレはこれが凄く好きなんですね。

相手が相手を慮った上で、一方は感謝の意を、他方はそれを穏やかに、丁寧に、サラリと打ち消す意を示す。日本人らしい言わずもがなの精神が滲み出ております。そして、どこか奥ゆかしい雰囲気も感じられます。仰々しく言えば、文化的行為とも言える。

コテコテの欧米人にとっては、礼を言わずに手刀を切る日本人のその姿は実に不可思議に感じるらしい。しかも、受けが良いそうで。理由はすごく日本人っぽいからとの事。やはり文化なんだな。

謙虚である事が一種の美徳とされている日本的思想にちょっぴり誇りを覚えたのでありました。

株の話ばかりで恐縮です

昨日に引き続き株の話。

終わってみれば、9.90円安。数字だけ見れば反落だが、配当落ち分の72円を考慮すれば、それを見事に埋めた形となるのでオレはこの状況をポジティブに捕えている。為替が92円半ばで推移している事もプラスに感じる。ネガティブな材料が薄いですよ、マジで。

10,900円を超えたこの価格で値固めができれば御の字である。4月1日の日銀短観、週末2日の米雇用統計もどうやら良い数字が出ると目されている。これらの指標を踏まえて、良い流れが来るのではないかと感じている。第一生命が価格を上げる様ならば、言う事無しだ。

取引
住友信託(8403)を返売。プラス7,000円。結果論だが、今日は引けに向け徐々に値を伸ばしたので、もうちょい我慢するべきだった。無念。まあでも、元々は配当狙いの部分もあったので、利食いはオマケだ。良しとする。

豊田合成(7282)。最近の勢いを見て、ナンピンを決意。しかし、誤発注をして桁を間違えてしまった。無常にも注文した瞬間に約定。アローヘッド恐るべし。

こんなにデカイ玉を持ってオーバーナイト出来る訳ねえ。すぐ様、売り注文を出したが、瞬間に値崩れして既に下げているじゃないか。クソだぜ。追いかける様に値を下げて売りを出すも、また一歩離されるという展開。まさか、オレの動きが読まれている?ツキが無いにも程が無い。もう1度同じ事を言ってしまうが、アローヘッドの処理能力恐るべしだ。そんんなこんなで、マイナス4,000円で手仕舞い。今月最高の無駄使いになった。しかし、一部玉を保有した状態で大引けを迎えてしまった。

配当落ち後、下げていた三菱ケミカル(4188)を仕込んだ。玉は少な目。上記、誤発注もあって、忙しかったので。本格勝負はまた今度。

座禅組んで、猛省して床に就こうと決めている。それでは。

佐々木希の勢いが凄い

それには遠く及ばないものの、日経平均の勢いもなかなか凄い。

売買最終日は予想以上の大幅高で引けた。くすぶっていたギリシアの信用不安だが、EUが支援を発表。完全に不安が払拭された訳ではないが、投資家を安心させるには十分な効果があったと言える。

三菱ケミカルが急騰したので、配当取りを止め返売した。プラス15,000円。権利落ち後、買い戻す予定。気が付けば、含み損は解消され、含み益が生じている。日経平均と共に、オレの保有銘柄の価格も駆け上がった。良い感じだ。

住友電工をナンピン買い。スマートグリッド関連の中心的銘柄。今は原点割れだが、次期に上げる。

ここまでネガティブな要素が少ないと、持たざる恐怖、買わない恐怖に襲われる。投資をやってると、迷う事山の如しだ。

株主総会が終わってないので正確な事は言えないが、配当は概算で10万円程度かと思われる。その多くを占めるのが、太っ腹みずほFG(8411)。やっぱり権利落ち後の価格が重要だな。配当分よりも下げたら、玉の大きさもそこそこなので面倒な事になっちまう。

来週も良い相場で有りますように。

完成品

ちょっとした物語集が完成しました。

本日、Jリーグ観戦の合間を縫って、オレのマンションから徒歩5分、印刷を依頼した某会社に取りに行った。

原稿そのものは、あんなに何度も読んだ(読まざるを得ない状態だった)のに、改めて通読してしまった。製本されたモノは良いわ。紛れも無くホンモノ。

全部で30冊。
Monogatari

著者の手に渡った以後、本編に収録するのを諦めた、後書的な文章をここに書こうかなと思っています。

 

年度末は慌ただしい

年度末。会社では異動者回りの従業員が引き継ぎ、担当変更の挨拶だなんだと慌ただしい。オレが所属している管理部門も2名減員なので、オレも連日、業務の引き継ぎをやっております。早くも残り4営業日。時間が足りねえかもなあ。

この時期は市場も慌ただしい。来たる4月1日、第一生命が東証一部に上場を果たす。売り出し価格は14万円。購入資金確保のために3月末頃には、大口の利益確定売りが重なるという兼ねてから言われていた。昨日の三井化学の急落は、そんな動きがあったのではと噂されている。

一方で、配当金、優待狙いの動きもある。配当については理論的には、その分下落し、権利落ち後の価格に反映されるとされるので、本来は損得無しなのだが、それでも配当利回りが高い銘柄が物色される傾向がある。よって、最終売買日付近で売りを入れておき、権利落ち後、下げた所で、買い戻して利益を狙うという方法を選択する人も少なくない。逆に、事前に仕込んでおいた銘柄を最終売買日付近、上げてきたところを狙って利確する方法を取る人もいる。

こんな感じで、権利確定日という特別な日に向け、様々な思惑が交錯する。

明日は最終売買日。配当狙いの買い殺到が理想だが、どうだろう。

取引を記す。
住友信託(8403)を返売をして、プラス500円。上げる感じがなかったので手仕舞い。今日は結局、下げていた。ナイス判断だった。

みずほFG(8411)を仕込む。完全な配当狙い。利回り4%超とはさすがメガバンク。太っ腹だ。権利落ち後の価格は気がかり。
三菱ケミカルHD(4188)を購入。こちらは配当取り(結果的に貰える)ではなく、今後を見据えて買った。自信ありだ。
昨日、急落した三井化学(4183)を果敢にナンピン買い。玉はさらに膨らんだ。300円まで熟成させる方針もありかなと思い始めている。配当はおいしいです。


個別。
豊田合成(7282)。完全にゾーンに入ったかの様な動き。今日も50円の上げ。強過ぎる。このまま原点まで行って欲しい。


BGM
SPITZ/チェリー

小田和正/チェリー
良い意味でオリジナル殺し

aiko/チェリー
aiko独特の崩し炸裂。ピアノはやっぱり良い楽器だ。

スキマスイッチ/チェリー
オリジナルの味を損なう事無く、スキマ風味を出している。素晴らしい。

煮え切らぬ2人の関係

3連休の最終日、会員である新宿ピカデリーで映画を見た。

LIAR GAME The Final Stage★★★★★
相手を騙し、勝てば大金を獲得できるが、負ければ多額の負債を負う頭脳戦、それがライアーゲーム。タイトルそのまんま、その決勝戦を描いた作品。

「映画」である事を、無駄に、無意味に強調する様な過度に派手な演出は無く、良い意味でテレビドラマの世界観が継続されていた。ドラマを見ている人は、もうすんなりと入っていける筈。場面は、ほとんどエデンの園内部だけなので、そもそも製作費を必要としない映画だけどね。

最終ステージのゲームは「エデンの園ゲーム」。これは原作に無い完全オリジナル。そうじゃなきゃいかんよ。金、銀、赤、3種類の林檎を選んで投票するゲーム。ゴールド、シルバーの林檎は禁断の果実、赤の林檎は真実の果実と呼ばれている。以下、少しばかりルールを語る。

①全員(11人)が禁断の果実(金、銀)を投票した場合は、多数派が勝利し、プラス1億円。
②全員が真実の果実(赤)を投票した場合は、全員が勝利、プラス1億円。
③1人でも禁断の果実を投票した場合、赤林檎を投票した人がマイナス1億円、禁断の果実を投票した人がプラス1億円。
④禁断の果実を投票した人が1人の場合、その人は特別ボーナスとしてプラス2億円、他の全員、つまり赤林檎を投票した人はマイナス1億円。
⑤赤林檎を投票した人が1人の場合、その人はマイナス10億円、他の全員、つまり禁断の果実を投票した人はプラス1億円となる。
⑥全員が金または全員が銀の時は全員マイナス1億円。
⑦この投票を13回繰り返し、トップを決める。

非常に分かり易いですね。その反面、意外と深い。よく出来たゲームだと思う。このゲームの肝は、相手のプレイヤーから金を奪い取るのでは無いと言う事だ。賞金は全て事務局から支払われるので、ゼロサムゲームでは無いのである。準決勝までのゲームとは趣が違うという訳。

簡単な話、全員が赤林檎を投票すれば全員が勝利できてしまう。となれば、テーマは自ずと見えてくる。「相手を信じる心」だ。

バカ正直でお人好し、さらには容姿端麗な神崎直(戸田恵梨香)は、当然、プレイヤー達に全員で赤林檎を投票しましょうと提案する。乗っかるフリをするプレイヤーが続々と現れ、場が盛り上がったところで1回目の投票となる。まあ、結果は言わずもがなである。そして、お約束のキノコことフクナガ(鈴木浩介)の裏切り、その後の絶叫もあります。

一見さんお断りの雰囲気は無いが、やっぱりドラマを見ている人の方が数倍楽しめる仕様になっている。よって、ドラマを見て無かった人、秋山(松田翔太)のクセのあるあの演技を好きになれない人は見ちゃいけない作品かなと。

とにかくテンポが良い。サクサクと進む。あるトリックが発生すると、こっちがその矛盾点をじっくりと考察する間に、その謎が主に秋山によって解き明かされていくという感じ。個人的には、そこそこ意表を衝く展開があった様に思います。

秋山なぜ気付く。そんな話聞いてないぜ。この手の言葉を言ってはいけない。それを言ってしまったら、ライアーゲームの世界を楽しめない。ただし、終盤で明かされる林檎の謎については、カット割りに伏線があったのでオレは存分に合点がいった

ドラマの時からそうだが、「カイジ」的な息の詰まる心理戦と言うより、理屈合戦に近い。映画ではより理屈偏重になっていたという印象がある。秋山お得意の揺さぶりも理に訴えるものが多い。理に訴えて、感情を動かす。

その中で、直はライアーゲームにおける理(金を得る事)を無視し、ひたすらに己の理想を主張し続ける。しつこくてめんどくさいが、その姿は健気で、(演じてるのが戸田恵梨香故に)かわいいですが。

ラスボスたるX(エックス)との激闘を終え、物語は予想通りの結末に向かっていく。Xの最後の台詞は、その瞬間、オレの頭に浮かんだ言葉と一致し過ぎていて、スゲー笑えた。

ゲーム終了後、エリー(吉瀬美智子)によって語られたライアーゲーム主催者の謎とエデンの園ゲームの裏の位置付け。なかなか良いですよ。納得できる。

人を蹴落として金を得る事がそんなに大事なのか?(かわいい)愚直な理想主義者がオレの心にさえナイフを突き立てる。道徳めいた「相手を信じる心」の重要性を不条理なゲームを通してサラリと伝えております。

130分余す事なく面白かった。ストーリーそのものは★4つくらいなのだが、中田ヤスタカのBGMを大音量で聴けた事と、主演、戸田恵梨香の圧倒的な魅力が加味され★5つに到達。

信じて良いのか彼岸底

金曜日の取引の話。

日経平均は、上抜けすれば普通に伸びていくだろうが、一方で下がっても全然不思議じゃない。つまり、オレには来週の相場がどうなるか全然分からねえ。アナリストさん達も、迷っている様な雰囲気。彼等は後付けで説明するのは得意なのだが、未来予測に対してはしっかりと予防線を張る習性がある。結果、アテにならねえ人が多いんです。投資は自己責任だ。

そんな状況を踏まえて、オレはオーバーウィークする事を回避した。日和ったと言い換えても差し支えない。

新日鉄(5401)を利確。プラス13,000円。これによって週の収支はプラスに回復した。新日鉄と住友信託には今年も世話になりそうだ。

三井化学(4183)は目標株価まであと2円まで来た。到達したら速攻で売りに出す。欲望に負けずによく頑張ったと思う。玉同様、デカイ取引になるぜよ。

豊田合成(7282)。ようやく戻って来た様な感触がある。社長の豊田章男に対して苛立ちを覚えているのは、車の購買者だけじゃない。

他もほとんど上げて1週間が終了した。


さて、明日からは揉み合いという予想が流れている。だとしたら、売り場が来る可能性十分だ。次に打つべき手が全く見えて無い。こんなに良い地合いは初めてなので、かなり戸惑っている。珍しい事に信用建余力も溢れているのにである。色々と物色したい時は、銭不足で身動きが取れず、何をすべきか分からない時に金が余る。上手くは行かぬが人生である。

とりあえず、火曜までに、みずほFG(8411)でも仕込んで、配当でも狙おうかな。

3連休

終わってみればあっという間。終わってないげ、事実上終わってる様なもんだ。夜メシ食って、チューハイ飲みながらテレビ見てるんだからな。

この3日間、簡単に言ってしまえば飲んだくれていたという事になる。酒の合間にイベントちらほらという感じだろうか。

初日にNACK5スタジアムで大宮―鹿島の試合を観戦後、飲み。2日目は競馬と勉強の後に飲み。今日は映画と買い物、帰宅後、現在は家飲み。

この3日間で随分と浪費し過ぎてしまった。金の消費がストレス解消の道具となっている人の事を不思議に思っていたのだが、もしかしたら、自分もストレスフルな時に、購買意欲、換言すれば浪費衝動が高まっているのかも知れない。現在は、かなりストレスフルなので。

株をやっているからか、ついついチャートの連動に注目してしまう。もし上記の仮定が正しいとすれば、浪費を抑えるためには、ストレスを溜めない様にしなければならないという事になる。

しかし、日常生活を極普通に送っていたら、自然とストレスは蓄積されてしまう。オレはそんなに強い人間じゃないので。労働をして金を得るのは大変なのである。親父、生活費、教育費、その他を稼いでくれてありがとう。

ストレスを解消する最も効果的な行為が浪費だったら、浪費から逃れる事はまず無理という事になる。ストレスが溜まったら、直後に浪費がやって来てしまうのだ。ほぼ不可避でありますね。マズイねえ。

ちょっと買い物をすると、どんどんと物欲が沸いてきてしまうもんらしい。今は、欲しいモノが溢れている。

とりあえず、書棚が必要だ。週末、お値段以上のニトリ当たってみるか。さらにカバン、シャツ、ネクタイ、靴などのビジネス用品、携帯電話、レプリカユニフォーム、洋服全般、新書(読みたいのが一杯ある)、マンション(東京23区内)。差し当たりこんな感じ。

明日から労働。ま、ほどほどにやりますか。


BGM
SPITZ/君と暮らせたら
グループサウンズ風の爽やかなイントロの後、草野マサムネのいつもの唄声が聞こえてくる。思い浮かぶ情景は夏休み、自宅で過ごす昼下がり。珍しく歌詞が具体的。多分、誰もが一度は思った事じゃなかろうか。この青臭さこそがSPITZの真骨頂。

SPITZ/自転車
愛車に跨り、これを聞くとテンションが上がる。オレの場合、懸命に漕いでしまうクセがあるのので、スルリスルリとはいかねえけどな。

SPITZ/正夢
ドラマ「めだか」主題歌。かなりの名曲だと思うのだが、世間一般の評価はイマイチの様な気がしてる。スーベニアも良い曲多いかも知れない。

GOING UNDER GROUND/イージュー★ライダー
奥田民生のカバー。やっぱりプロはカバーであっても、しっかりと自分の色を出せるね。感心する。

レミオロメン/3月9日
ORICONSTYLEによると、若者が選ぶ卒業ソングランキング4年連続1位だそうで。卒業ソングの印象ないけどなあ、オレには。歌詞をしっかり吟味してるのだろうか。新婚の歌という感じがしますね。ともかく、好きな曲だ。

第10戦

ポカポカした日曜の午後は本当に気持ち良い。でも日影は結構寒い。新宿のオープンカフェで半ば震えながら予想した。

桜花賞トライアル、フィリーズレビュー(3月14日)。いよいよクラシック目前。笠松のラブミーチャンは切る。芝でもスピードは落ちないとの言葉も信用できない。前日オッズ1番人気は有り難いくらいだ。

★ロジフェローズ
ロジと言えば横山典、これらは信頼の証。

★淑女アルバローサ
最近のキンカメ産駒の勢いを買う。

★テイラーバートン
調教が良かったらしい。いつ重賞取ってもおかしくない成績だ。

★ステラリード
ラナンキュラスと2戦して着差は僅か。函館2歳の脚を出せれば勝負できる。

2,3,6,8の馬連4頭BOX。


1着 サウンドバリアー
2着 ラナンキュラス
3着 淑女アルバローザ

馬連48.8倍。当たらねえわ。

第9戦

皐月賞トライアル弥生賞(3月7日)。荒れないレース。今年も素直に買えば良いでしょう。

◎ヴィクトワールピサ
ラジオNIKKEI杯は圧巻の内容。使い古された言葉を借りるなら着差以上の圧勝となるか。負けた馬達が軒並み好成績を収めている事からも、あのレースはハイレベルだったという事に。ここはあっさり通過して、王者薔薇王朝に宣戦布告といきたい。

○アドマイヤ天空
新聞によると馬鹿みたいに状態が良いという情報が。トライアルでこそ買える馬の様な気がする。逆転があるとすればこの馬くらいだろう。

血統から道悪適正を予想し、
△ミッションモード
△大和バーバリアン

以上。栄進アポロンは距離が長いと思うので切る。

馬連1-13
3連復1,13-4,11
3点勝負。これで十分。


1着 ヴィクトールピサ
2着 栄進アポロン
3着 大和ファルコン

ヴィクロールピサがキッチリ勝利。やはり皐月賞で薔薇王朝に挑む資格があるのは、この馬くらいだな。栄進アポロンは予想以上に強かった。本番に出走してきたら勿論スルーだ。

第8戦

中山、阪神開催が始まると春が来たという気持ちになる。仕事で使っていたコートをクリーニング
に出そうと思う。

中山記念(2月28日)。難解。BOXにせざるを得なかった。

★王様通り
勢いを買う。

★サニーサンデー
今日は雨のち晴れの日曜。期待できそう。

★アブソリュート
道悪により浮上。軸にするか最後まで悩んだ。

★闘将波
東京専用だと思っていたが中山金杯の力走で見直した。中舘が微妙。

1,6,10,16の馬連BOX。


1着 トーセン王冠
2着 テイエムアンコール
3着 昭和モダン

馬連180.8倍。無理過ぎる。


阪急杯。

こちらもBOX。

★ワンカラット
★トライアンフマーチ
★線血

4,10,13の馬連BOX。


1着 エーシンフォワード
2着 ワンカラット
3着 サンカルロ

馬連27.7倍。トライアンフマーチ、このメンバーで勝てねえか。

角田さん、おつでした。

BIG

酷いもんだ。生きざまぶった。

全然当たらねえ。14試合を全て的中させるのは至難の業で有る事を完璧に悟ってしまった。6億はちょっと欲張り過ぎているのかも知れない。

今週から対象試合が11試合のBIG1000に変更する。1等は1,000万円。当たってもマンションすら買えないので、金額は十分ではないが、それでも可能性を考えればこちらの方がずっと良い気がする。1口200円なので、同額でBIGの1.5倍の枚数を購入できる計算となるし。

11試合なら当たってもおかしく無い。Jリーグ好きの力を発揮できるtotoGOAL3も買ってみようかな。


2年連続の定期昇給凍結が発表された。事実上の賃下げというアレです。衝撃であり驚愕であった。切ないにも程がある。愚痴混じりに朝まで飲んだのは2週間前の金曜日。神も仏もあったもんじゃねえ。

幸福は金では量れない。そんなのはキレイごとだ。もっとも、金があれば幸福という事にもならないのも分かっている。でも、オレには金が必要だ。何故か?不安で不安でしょうがないから。それが無いと、どうにかなってしまいそうな気がする。

そう思うのは、労働しなかった1年間の貯金の圧倒的消失を体験しているからだろう。宙ぶらりんで時間ばっかり余ってて、「暇でいいよな」と言われたりもしたが、実際のところ、あの1年は最もキツイ1年だった。金銭的な意味では無く、日々労働しない事の辛さを知った。

当時、自分は親の脛をかじり続けるダメ人間だと強烈に自覚していたオレには、預金残高がいつしか自分の能力を示す数値に見える様になった。減り続けるその数字を見るのは恐怖であった。0は無能である事の完全なる証明、0になったら全てが終わってしまう。

今でも、この気持ちを引きずっているのだ。この考えを捨て去る時、それは多分、当時からずっと鎖の様に絡み着いている空虚感から解放される時なのではないだろうか。

さては荒んでるな、オレ。

損切りは大事です

利益確定売りに押され102.95円の反落。悲観的な内容だとは思っていない。飽くまで熱覚ましと楽観視。

本日はせわしなく動いた。

まずは朝一、アサヒHD(5857)を一部売りに出す。損切り。マイナス27,000円。その後、誤発注した住友信託銀行(8403)が下げで始まっていたので速攻で返買。プラス1,000円。利益が出て本当に良かった

次いで、アサヒHDをさらに損切り。マイナス23,000円。他の銘柄が上げているので、処分するタイミングだと判断した。

アサヒHDはこの時点でプラスに大幅転換。残りの玉は相当低くなってる時にナンピンしたものだったからだ。

後場に入り、アサヒHDの勢いが止まらない。この銘柄は、急騰した翌日に一気に急落するという動きを繰り返してきた。含み益は少ない額じゃない。全て返売する。プラス31,000円。これにてアサヒHDは卒業である。6ヶ月に及ぶ付き合いで、この銘柄がオレにもたらしたのはマイナス120,000円。勉強代にしちゃ高過ぎる。本日の収支は都合、19,000円のマイナスである。

玉を処分した事によって戻って来たお金で、住友信託銀行(8403)を買う。ええ、またです。何度でも行く。思ったよりも下げていたので。ずっと監視している銘柄。今日は押し目と予想。

損切りをしたため、含み損は解消し、証券口座の残高が復活した。さあ仕切り直しだ。

原点回帰へ

午後、日銀の金融金融政策決定会合で追加金融緩和策が発表された。これがポジティブに捕えられた結果、日経平均は大幅上昇。金融緩和策は既に予想されていたので、最近の株価上昇はそれを織り込んでいると思っていたのだが、そうじゃなかったらしい。よく分からんが、とにかく強かった。

日本軽金属(5701)。この状況なのに動きが鈍い。天井の恐れを感じ売った。プラス1,000円。

昨日仕込んだ住友信託銀行(8403)を1日で利食い。プラス5,000円。しかし、誤発注をしてしまい、返売した積もりが新規の売りを建ててしまった。NYダウは年初来最高値を更新。マズイ事になってきたぜ。下げる要素がねえ。

三井金属(5706)。爆騰。16日、上昇修正と期末の無配を変更し2円の配当を出すという発表があったため。無配が覆されるのはさすがにインパクトが大きい。方針一気にプラス圏内へ。

他の銘柄も全て上昇。一時110万円を超えていた含み損が64,000円に。原点は目前だ。

球春

週末、パリーグが開幕する。日常的にプロ野球がやっていて、週末にはほぼ確実にJリーグが開催される。シーズン中は本当に当たり前の事だ。春、そんな極当たり前の日常が始まる事に、高揚感と幸福感を覚える。この気持ちは、小学生の時から、三十路を迎えた今もほとんど変わらない。

スポーツ好きで良かった。シーズン中は基本的に楽しいからだ。贔屓にしている読売巨人軍、浦和レッズが負けたら、苛立ったり、時には非常に悲しくなったりもするが、全勝する事なんて現実的には不可能だし、オレはチームが負けて文句を言う事さえも楽しんでしまう所がある。

古き良き昭和の親父の姿、居間で瓶ビール片手にプロ野球をテレビ観戦する行為は幸福の象徴だ。奥さんが美人で、子供が、容姿端麗、スポーツ万能、頭脳明晰だったら言う事無い。すいません、完全に欲張り過ぎました


プロ野球開幕を迎える当たって、今シーズンの読売巨人軍について、予想スタメンを並べる形で、オレが注目するポイントを書いてみたいと思う。

1番 ショート 坂本(09年度 .306 18本 62打点)
不動。変えの効かない唯一の選手と言っても過言ではないだろう。巨大戦力を誇る巨人だが、ショートだけは代役が見当たらない。昨年、レギュラー定着2年目で一流の証である3割の打率を残した。この男、とにかくプレーに華が有り過ぎる。守備は基本的に上手いが、嫌に華麗に見える。

この選手は本当にセンスの塊だと思う。内角の厳しい球を、それが簡単な事であるかの様に、腕を畳んでキレイに打ち返すバッティングが大好きだ。バントがクソ下手なので、そこは練習が必要だと思う。

今年は、最低でも3割、20本、打点70程度の成績が求められるだろう。

2番 センター 松本(09年度 .293 0本 15打点 盗塁16 新人王)
スタメン争いでルーキー長野に競り負ける可能性もあるが、オレなら絶対に松本を起用する。2番打者に派手さはいらない。ミートに長けたバッティング、俊足、高性能な守備を誇る選手が相応しい。無理に長打力のある選手を配しても、その能力が最大限に活かされないと思う。天秤打法も、単純に個性があって良い。

去年通りの働きが出来れば問題無い。足の速さを考えれば盗塁は軽く30くらいいけるでしょ。

3番 サード 小笠原(09年度 .309 31本 107打点)
常に渾身のフルスイングながら変化球にも柔軟に対応する器用さを合わせ持つ。何の心配もしていない。ガッツはやってくれるに違いない。2,000本安打まで残り168本。

4番 レフト アレックス・ラミレス(09年度 .322 31本 103打点 首位打者)
代74代4番。長打力よりもどんな球もほとんど苦にしない安打製造機っぷりが凄い。守備は下手だが、そこは目を瞑る。キャンプではファーストの守備も練習していた。もし、ファーストに入る様な事があるならば、外野の守備力はオレが知る限り歴代最高になろうと思う。

5番 ライト 亀井(09年度 .290 25本 71打点)
昨年、爆発的に打撃の才能が開花した。日本代表としてWBCに参加した経験が糧となっているに違いない。真意は分かり兼ねるが、原辰則に先見の明があったという事にしておこう。昨年サヨナラホームランを3本放つなど、その勝負強さは特筆に値する。守備もセンス抜群。今年は3割、30本をクリアーしてもらわないといかんね。

6番 キャッチャー 阿部(09年度 .293 32本 76打点)
はっきり言って6番の成績じゃねーなと思う。怪我だけに注意してくれれば大丈夫だ。

7番 ファースト イ・スンヨプ(09年度 .223 16本 36打点)
絶不調に陥り、多くの時間を2軍で過ごす羽目になってしまった。韓国の国民的大打者、このまま終わる訳にはいかないし、終わらないと思う。フルに活躍できれば35本塁打は堅いと踏んでいる。しかし、ちょっとでも悪いと、天才高橋由伸にレギュラーの座を奪われてしまう恐れ有りだ。

8番 セカンド 誰か
誰を使うのだろうか。09年同様、日によって変えてくるかも知れない。個人的には地味だが、脇谷固定で良いと思うけど。


投手編はまた今度。

万世橋

ちょっと前の事になるが先週の木曜日、秋葉原でカズとkarinと3人で飲んだ。karin曰く月1定例となった「秋葉会」にカズが飛び入り参加する形となった。

話題の中心は、己の立場を利用し、か弱き女性に多大なるストレスを与える下衆で最低な男と、彼がこれまでしてきた数々の悪行についてである。途中、セクハラは女性の主観のみによって規定されるというシステムはどうなのか?という議論もあったり、終盤、必要以上にデカイ声で下世話な話をしたが、大雑把に言えばそうだった。

オレは初めてじっくりと話を聞いたのが、想像以上に酷いもんであった。もっとサラッとした話なのかとタカをくくっていたので、自分の認識の甘さに嫌という程に気付かされた。呆れるとはまた違う意味で言葉が無いわ。ハッキリ言って、その野郎の行動のほぼ全部が理解不能であった。

数日間、じゃあどーすりゃ良いのか?という事を、無い頭で考えてみたのだが、妙案は浮かばない。

オレがカバチタレの田村だったら、民放等の知識を使って救いの道を示した事だろう。ドラマ「カバチタレ」(「特上カバチ」ではない)が好きで、その当時、漠然とではあるが、法律の知識を駆使して、人を救うという仕事をしたいかも知れないという思いを抱いた事もあった。でも本気でそうしたいのなら、司法試験(現行の制度はよく分からん)に合格し、弁護士のバッチを獲得する必要があるだろう。

その日、飲み屋のボックス席に座って酒を飲み交わしていた3人が、中学校2年時、同じクラスに在籍していた事を改めて確認した。決して仲が良かった訳ではない。だが縁あって、16年経過した今、仕事終わりに大宮ではない場所、花の都大東京は千代田区で同じ空間を共有している。

中学校の同級生達は、多分、ずっとオレを感傷的な気持ちにさせるそんな存在なんだと思った。


BGM
THE BLUE HEARTS/1000のバイオリン
改めて聞くと歌詞がヤバイ。センチメンタルレベルが振り切れてる。マーシーは凄い。
誰かに金を貸してた気がする そんなことはもうどうでもいいのだ
思いでは熱いトタン屋根の上 アイスクリームみたいに溶けてった


THE BLUE HEARTS/旅人
THE BLUE HEARTS/チューインガムをかみながら
THE BLUE HEARTS/TRAIN-TRAIN
THE BLUE HEARTS/情熱の薔薇

ベガルタ仙台くらい順調だ

落とし穴の予感がつきまとう程に。NYダウは現在は下げ基調。明日は下げそうだ。それくらいで丁度良いか。

さて、日経平均は前日比0.72円の超小幅の上昇にとどまった。材料難も甚だしい状態。つまりは為替に影響されやすい展開なので、90円台後半で安定しているのは非常に心強い。


個別。
三井化学(4183)
プラス圏内どっぷりも、まだまだ足りねえ。今日も僅かに上げた。良い感じである。

新日鉄(5401)
ほぼ原点。玉は小さ目。目標価格に到達したら速攻で利益確定の予定。

日本軽金属(5701)
順調に上げている。ここ1年の最高値更新中。いつまで上げるかまるで分からない。こういうパターンは経験がないので、楽しいね。アッサリ売り時を逃しそうな予感がしている。

三井金属(5706)
本日、原点回帰。2ヶ月で利息分のみマイナスという状態に。完全に失敗である。まあ、それでもここから上げれば結果オーライだ。

アサヒHD(5857)
3日連続陽線。いけるかも知れない。

他、ダメダメ。

含み損はヤバかった時の1/6まで減少。もうちょいだ。もうちょいの辛抱だ。

大人になって分かる味

後藤武士/読むだけですっきりわかる日本史★★★★☆

この本、相当売れているらしいですぜ。「歴女」なる非常に奇異な言葉が流行語大賞候補にノミネートされる事からも分かる様に、巷では歴史が何となくブームになっているらしい。その証拠に、現在「もう一度読む山川日本史(世界史)」がベストセラーになっている。

「山川日本史」ほど詳細ではないが、平易な言葉で、サラッと、しかもちょっと面白く日本史をまとめた。そんな本。

理系のオレは高校時分、センター試験のためだけに半ば無理矢理、日本史を選択していた。正直、地理、世界史のいずれを選んでいても熱心に勉強する事は無かったと思う。数学、物理、化学の方が圧倒的に得意だったし、好きだった。

まあ、それでも日本史の最低限の流れ、用語、人物は理解していたので、新事実発見!みたいな驚きこそなかったが、忘却の彼方に追いやられた事が甦って来る、何とも言えない面白さを味わう事ができた。

あったな、こんな展開。その後すぐ暗殺されちまうんだよな。
いたいた、こんな名前の奴。コイツが、またとんでも無い事をやらかすんだよ。

文章を読むにつけ、こんな感情が沸き起こってくる訳です。そして、最終的に、歴史って実は結構面白いじゃんという所に行き着いた。でも、タルタルソースやビールの美味さに気付かないと同様に、子供の時、これに気付くのは非常に難しいんじゃないかと思う。少なくとも、オレは気付かないガキだった。その当時は、とにかく算数が大好きでした。またかよ。

もしや、子供は自分自身に歴史がほとんど存在しないため、歴史の持つ意味や深さを感じられないのかも。この文章を書いていて、正に今こんな事を思った。

でも多分、違うわ。オレの咄嗟の思いつきは大抵の場合間違っている。

幕末~現代が最も魅きつけられた。

動乱の幕末時代を生きた人々の高い志と実行力には感服させられるし、国際連盟を脱退、国際的に孤立し、国家総動員法を制定し破滅の道へ歩む日本の姿は、戦争の恐ろしさ、愚かさを嫌でも実感させられる。

そして、その後の軌跡的な復興、急激な経済成長。これらは偏に日本人の知力と弛まぬ努力の賜物であり、日本人の素晴らしさを再認識した。戦後の日本の復活劇は世界史上、類を見ないものらしい。日本人は本当に凄い。日本人よ、もっと自信を持て。オレは誰なんだよ。



BGM
SPITZ/チェリー
新たな旅立ちを歌った歌。卒業ソングとしても十分に通用する。草野マサムネは童貞という意味も含んでいると言っていた。良い曲だ。

SPITZ/空も飛べるはず
ドラマ「白線流し」主題歌。ドラマの世界観にマッチしまくりだった。当時、オレは高校2年で毎週欠かさず見てた。有名大学入試に挑む主人公達と翌年の自分の姿を重ねながら。

SPITZ/愛のことば
良いですよ、コレも。メジャーにならないのが不思議。それにしても「ハチミツ」は名盤だ。

SPITZ/仲良し
青くて、清々しくて、爽やかで。汚れた大人は苛立ちを募らせるかも知れない。オレやみんなにもこんな時代があったんだぜ。

SPITZ/ロビンソン
バンドの出世曲。全てはこの曲から始まった。何だろう、この切なさと懐かしさは。名曲過ぎる。懐かしさは95年当時を思い出すから感じるのではなく、最初に聴いた時から感じている。草野マサムネは稀代のメロディーメーカーだと思う。

掃除

昨年の年末、しっかり大掃除をしようと意気込み、珍しくクリーン用品を買い漁ったのだが、めんどくさがりのオレは、大掃除を民主党のごとく先延ばしにした結果、いつしか年が明けてしまった。

まあ別に「大掃除」と称して忙しい年末に、一気に部屋中の掃除をやらんでも、徐々にやれる範囲でやれば良いじゃないかという方向に落ち着いた。

大掃除への情熱が溢れていた当時のオレは、シンクと浴室のしぶとい水垢を取るべく「激落ちくん」シリーズのドンたる存在「激落ちダブルキング」を買ったのである。そしてすぐに使った。水垢にはてんで効かなかった。名が体を表さない。

激落ちとは片腹痛いわ。即刻、名を改めい。

怒りながら、そのまま棚の奥に引っ込めてしまった。


昨日午前、見るに耐えないくらい汚れているレンジを見て、この油汚れを徹底的に掃除してやろうという気持ちになった。

普段はマジックリンを吹きかけて、キッチンペーパーでガシガシやっていたのだが、ふと閑職に追いやった「劇落ちダブルキング」の存在を思い出した。

使ってみるか。

水に濡らし、レンジ周辺を擦ってみる。スゲー落ちるじゃん。正に「激落ち」だ。余りにキレイになるんで、擦るのが面白くなってきてしまった

水垢には効果が無くても、油汚れは圧倒した。「激落ち」くんにも得手不得手があるって事だな。使い方次第では、その名の通り激落ちを生み出す事が可能な訳ね。

勢いに乗って、フローリングの拭き掃除、フライパンの油汚れ落とし、玄関の磨き込み等を行った。元来めんどくさがりのオレは、何かの勢いが無いと掃除ができない性質なんで。だって、掃除はめんどくさい行為の代表的存在。やっても、また汚れるのが分かってるからね。極力、少ない回数にしたいじゃないですか。

でも、キレイな部屋で過ごす事は、精神衛生上、非常に良い。まめに掃除を継続してやり続ければ、この状態をキープできるのは重々分かっているのだが、出来ねえな。

昼飯、何食おうかな。

願望と皮肉

ちょっとした物語集の話。

昨日、印刷屋との詰めの折衝を終え、総費用の一部を前金で差し入れた。あとは製本されるのを待つだけである。

冊数は30冊にした。正直多いと思う。だが、30冊を超過すると、1冊当たりの製本代が一気に下落する事に加え、完成品自体の質も上がるらしいのだ。冊数が増えると、それだけ印刷代と製本代は高くつくのだが、本1冊の単価を考慮し、思い切って決めました。


「みんなで小説書いたんだ」
「ええ。でも僕は書いてないんですけどね」
「あ、ホントだ。Tさんの名前が無い」

つま楊枝の様なモノで突かれた様に小さい痛みが胸に広がり、後悔の念が湧き上がった。

主催または同級生からライナーノーツ、後書き、解説的な文章でも書いてみればと提案され、一瞬その気になったが、止めておいた。

残ページ数の関係もあったが、そもそもオレにそんなものを書く資格ねえやと思い直したからである。

表紙は勝手に作成した。タイトル及びそれに続くサブタイトルはオレの本心とは程遠い内容。敢えて言うならば、読者が読後にそう思ってくれれば良いなという願望と、ちょっとした皮肉。

出来あがりは2週間後。執筆して下さった方には1冊は無料で差し上げます。

こんな事で贖罪が済んだとは思っていない。機会があればリベンジをしたい、今のところはそう思っている。

さて、4月以降、オレは販売活動に精を出さねばならん。

もはや上げるしかねえ

テクニカル分析は、すなわち積み重ねられた歴史から株価の動きを予測するという事。過去の値動きから株価が決定される可能性を重視しているのだが、もちろんそれだけでは未来を見通す事は不可能。

黄金分割比によって株価が決定される、一目均衡表の雲上限に押さえられて株価が重い、ゴールデンクロスは買いの目安、等々、言葉に表してみても何だかキナ臭い。

だが、今はテクニカル分析を鵜呑みにしちまおうと思う。オレがテクニカル分析を信じてるからではなく、テクニカル分析を信じて投資行動を行う人が多いからです。現在、テクニカルが示す状態はかなり良好。完璧に雲抜けしたらしいし。テクニカル派は絶好の買い場と捉える訳だ。

上げるしかないじゃん

まあ、これは暴論が過ぎるか。だが、テクニカルを度外視して他の視点から見ても現在は期待が出来る状況。ダウの続伸を受けて、本日はSQ通過で一段高に挑む展開。文字通りの春が来てる。

取引。
商船三井(9104)で利食い。プラス22,000円。
みずほ信託(8404)を返売。0円。

アサヒHD(5857)を一部損切り。マイナス100,000円。信用期限切れにつき、強制の反対売買が行われてしまった。期限を1ヶ月間違えて認識していたために激しく混乱、後に理解。

含み損が100,000円解消?何故?まさか期限?数秒後、嗚呼、マジかよ。
となりました。期限を意識してればもう少し上手く立ち回れたが、終わってしまったのでしょうがない。

身軽になり、資金が舞い戻って来たのは数少ないメリットか。

日本軽金属(5701)を仕込んだ。


今日も株価を睨みつつ、買い増しする予定。

宅建法定講習

本日、朝一から行って参りました。

大会議室にざっと見て100人超はいたでしょうか。宅建主任者証の更新もしくは新規取得をやろうとしている人間がこんなにいるのかと少々意外な気がした。もっと小さい部屋で20~30人程度で講義を受けるものだと決めつけていたので。

ほとんどの人が更新のための講習で、実務を行っているプロの方ばかりだった。それにしてもオッサン多過ぎ。8割超が中年のオッサン。両隣、前、後ろ、全員オッサンだった。そして、その昔「TVタックル」出演時、ビートたけしが好んで、ほぼ毎週着用していた異様にカラフルなセーター、通称「たけしセーター」を着ている人の割合が高かった。スーツの人が少ないのも意外だった。不動産業界は水曜休みが基本の筈なのに。

何故か?一説によると、契約が水に流れない様にゲンを担いで水曜休みとなったらしい。知らんけど。

そんな人員構成だったためか、会議室の中はどんよりしていた。いや、単純にどんよりという言葉では足りないくらいの状況だった。皆さん、朝から妙に疲れてるし、精神的に辛いわあという感情を隠すどころか周囲にガンガン発している。

ああいう空気はホントいかんね。こっちまで感化されちまう。

ナントカ協会関係者の方の説明の後、定刻通りに講義は始まった。これがまた面白く無いし、退屈極まりない。延々と続く講義中、何度時計を確認した事か。ずっと普通に仕事してる方が断然楽だと感じた。

昼休みを挟んで次の講義へ。この講義はなかなか面白かった。

講師の弁護士さんの話が上手かったのが大きい。体験談にユーモアを織り交ぜ、紛争事例や法律論を分かり易く紹介してくれた。ヒューザーでお馴染み耐震偽装問題、話題になった更新料無効判決、強制退去の問題点など話題もタイムリーで興味深いものが多かった。このセクションはそこそこ楽しめた。

休憩後、税法について。講師は、税理士からも神と崇められる公認会計士様。つまらねえ。だが実際は、今後の人生にとって最も役に立つ話なんだけどね。適用要件が多過ぎてとてもじゃないが覚えられん。あなた、これを覚えて仕事してんの?スゲーよ。感想はそれくらいだ。悪い意味で淡々と進んでいった。

全ての講義を耐え抜き、無事に宅地建物取引主任者証を手に入れる事ができました。試験から1年と半年、本当に長かった。だが、まだ終わりじゃない。今度は登録の変更等の書類申請が待っている。また都庁へ、本籍地の、居住地の区役所へ出向かなければ。面倒な事山の如し。う~ん、オレは行政書士できないタイプの人間だ。

予想を超える強さ

現在首位の大宮アルディージャの事じゃないですよ。ラファエルの状態が気がかりだ。

日経平均は2日続伸。しかも216円の大幅高。ある程度の伸びは予想していたが、予想を超える強さを見せつけてくれた。200円単位の上げはとにかくスカッとする。ホールドしている銘柄は全てプラス。株価を示す数値が眩しいぜ。

明日以降はさすがに調整局面入りをすると読み、久々の利益確定を行った。新日鉄(5401)を今日の高値で処分。後場までじっくり見たが次なる売買の資金確保の意味もあり手仕舞いとした。プラス20,000円。ちょっと時間がかかったが、予定金額を超えているので、納得の取引だった。

三井化学(4183)は今日も強烈に上げた。驚く程強い。プラス転換どころか一気に保有銘柄の中で含み益トップに踊り出る事になった。まあ玉の大きさが自分が扱えるギリギリのラインなので、ハイリスク・ハイリターンとなるのは自然の流れ。上手く事が運べば、久々にデカイ取引になるかも知れない。順調に上げて欲しい。もうちょっと上げると、己の欲との闘いも始まろうかと思います。

商船三井(9104)。海運は完全に確変状態に入った。出来る限り利を得てやるさ。小玉にした当時の弱気な自分を少し恨んでたりする。

次なる狙い目だが、
時期柄、配当妙味のある銘柄を保有するのもアリかなと思う。
任天堂(7974)、資生堂(4911)、ローソン(2651)辺り。

2月は目標未達に終わったが3月のオレは違うぜ。多分。


BGM
THE BLUE HEARTS/世界のまん中
ヒマラヤほどの 消しゴムひとつ
宮崎あおいのちょい下手な歌を聞いて、本家の唄を聞きたくなった。その下手さ含めて、かわいいぜ。

Orianthi/According To You
最近のヘビーローテ。この曲では押さえ気味だがギターのテクが半端無い。誰だか知らない?Michael Jacksonのサポートメンバーで、「THIS IS IT」にも出演していたカッコイイ女性ギタリストです。

西野カナ/Best Friend
密かに好きな歌。卒業シーズンにリリースされる曲に有りがちなベタで稚拙な歌詞に大した感動は覚えないが、歌はスゲー良いと思う。外見は上手そうに見えないので、余計にそう思う。

いきものがかり/YELL
どうも好きになってしまった。ただ、「サヨナラ」は時と場合によっては最高に悲しい言葉だと思う。

MINMI/シャナナ☆
ラミレスのテーマ曲。ちなみに4打席以降はEurope/The Final Countdownに変わる。カリブ音楽の頂点を決める大会で披露し、アジア圏のアーティストとしては初の3位に輝いたらしい。確かにボーダ(国境)レスな感じはする。日本人女性が持つ恥じらいや奥ゆかしさを吹き飛ばす圧倒的パワーがありますね、この人には。時々、こういったバカ騒ぎの様な曲も聞きたくなる。アレックス・ラミレスに刺さったのは頷けるな。

期待せずにはいられない

金曜深夜、アメリカの雇用統計が発表された。

数字としては事前に予想された範囲内であったものの、その予想を一応は上回る結果となった。1月の消費者信用残高が増加に転じた事も重なり、アメリカ株式市場は大きく伸びる結果となった。

我慢してオーバーウィークしたのが正解となりそうだ。シカゴ先物は10,500円を超えており、期待は膨らむばかりの展開だ。忍耐の2月の先には、春が待っていたとなれば最高だ。


個別では、
三井化学(4183)
原点まで2円まで復活してきた。金曜、値上がり率4位と躍進した。ついに度重なるナンピンが報われる時が来る。長かった。

新日鉄(5401)
利確するか迷った末に、ホールドを選択。我ながら好判断だったと思う。予想価格を超える取引となりそうだ。

商船三井(9104)
海運株に完全な追い風が吹いている。じっくり待ってやるさ。

豊田合成(7282)
トヨタ問題の煽りを食っている。徐々に復活している気配はある。気長にやるしかねえな。

三井金属(5706)
もうちょい。ずっともうちょい。来週何とかプラ転して欲しいが。



人生初めて買ったBIGは散々な結果に終わった。世の中、そんなに甘くない。

大宮アルディージャは本当に素晴らしい試合をした。3-0での完全勝利。得失点差で単独首位に立った。先日、骨肉腫である事を発表した塚本泰史が今期、生観戦できる唯一のゲームだった事もあり、全選手が集中し、持てる力以上のモノを発揮していた様に思う。モチベーションとメンタルの重要性を再認識させられた。一ファンとして、今後ピッチ外で闘う塚本にエールを送りたい。

好事魔多し。後半ロスタイムにラファエルが軽くないであろう怪我(多分、肉離れ)をしてしまった。今日も別次元のプレーを披露していただけに非常に残念である。怪我が軽い事をただ祈るばかりだ。


さて、来週は売り場が来るぜ。逃してなるものか。

ボッタクリ

先日、お茶の水に出向いた。所用が終了した後、どう帰ろうかと思案した。

金額的に最も安いのは、JR中央線で神田駅に行く方法。だが、ちょっとばかり面倒で時間もかかる。小川町まで歩き、都営新宿線を使って九段下で東西線に乗り換える方法は時間も金額も費やす事になるのでダメ。イマイチだ。

ふと、新御茶ノ水駅の存在に気が付いた。千代田線はほとんど利用しないので、たまには乗ってみるか。大手町で、東西線に乗り換える方法となる。大手町駅で相当な距離を歩く事が確実なので、上記2案と比較して左程優れた案ではないが、レアである事が後押しとなり、千代田線を利用する方法に決めた。

新御茶ノ水駅に入り、駅案内表示を見ると、大手町でスムーズに乗り換えるには先頭車両から乗り込むのが良いという事が判明した。オレは、それに従いホームの先頭目指してダラダラと歩いた。

先頭に到着して、ある事実が判明した。案内表示によると、新御茶ノ水駅は地下道でそのまま淡路町・小川町駅と接続しているらしい。こうなると、話は変わって来る。そのまま小川町に向かう方が賢い。さすれば、500m弱の徒歩も無駄にならないし。

そんな訳で、小川町駅を目指し、降りて来た階段とは真反対にある階段を上る。すると、目の前に改札がある。そのままPASMOを触れると、ゲートが閉まる筈なので、横にいる駅員に事情を説明して、磁気記録を解除してもらおうとした。

「すいません、千代田線に乗るつもりだったんですが、やっぱり止めたいので記録解除お願いします」
そう言いながら、PASMOを差し出した。すると、予想外の言葉が返って来た。
「記録解除は入って来た改札じゃないと無理なんですよ」

え?なんで?同じ駅だろ。記録見ればオレが地下鉄に乗っていない事は明らかだろーが。駅員は困惑しているオレに追い討ちをかけてきた。

「どうしても、お客さんがこちらから出たいのであれば160円の料金が発生致します」

はあ?何を言ってやがるんだ、コイツは。意味不明にして支離滅裂。オレはただ新御茶ノ水駅のホームの端から端まで歩いただけだ。何故、東京メトロに初乗り運賃と同額を支払わねばならんのだ。おかしいにも程がある。プチ過ぎるボッタクリじゃねーか。

無理を承知でとりあえず食い下がる。
「なんでですか?ただホームを歩いてこちらまで来ただけですよね。なんで、お金を払わなければならないんですか?おかしくないですか?」

明らかな渋面を作る駅員。それが、不遜な態度にも見えるので余計に苛立つ。
「えーと、規則なんで」
一言、ただの一言。何だよ、500mホームを歩いただけで金を取る規則って。有り得ねえ。ここで何か言っても状況は変化しないだろうし、そうすると、オレの大嫌いなクレーマーとなってしまう。諦めた。

変に意地になったオレは、怒りを1ミリも隠さない態度で、財布から160円を取り出して駅員に手渡して、改札を抜けた。

釈然としない思いを抱きつつ、オレは小川町駅をそのまま通り越し、中央通りを神田駅まで歩いた。う~ん、やっぱりおかしいぜ。


大宮アルディージャが開幕戦を迎えた。相手は昇格組のセレッソ大阪。降格を争うライバルと成り得る存在だけにしっかりとホームで勝ち点3を獲得して欲しい。今からテレビ観戦します。それでは。

検索フレーズランキング

駄文にどのようなワードを検索して辿り着いたかというランキングのことであります。

人物名が上位に来る傾向が強いね。

人物絡みは
1位 近江谷杏菜(カーリング日本代表。チーム青森)
2位 本橋麻里(同上。愛称はマリリン)
5位 近江谷杏菜(同上。愛称は知らん)
6位 宮崎あおい(女優。雑誌「ピチレモン」で活躍してたのは昔の話。東京メトロのメインキャラクター。メトロの駅にある毎月変わるポスターを見るのが密かな楽しみ)
7位 カーリング娘(またカーリング。クリスタルジャパンという愛称はついぞ定着に至らなかったようだ)
8位 近江谷杏菜(もう説明不要でしょう。旬な人だ。半袖で寒く無いのだろうか)
9位 宇治原史規(お笑いコンビ、ロザンのツッコミ。インテリ芸人としてお馴染み)

バンクーバー五輪は旬な話題だから、現在のランキングは偏りがあるんだろうなと思う。カーリング人気は本当に凄いみたいだ。近江谷杏菜づくしじゃねーか。

さらに過去30日のランキングを調べてみた。上から、
三浦皇成(騎手。3年目。ルーキーの時武豊の勝利数を超えた)
中尾まなみ(テレビ朝日「お願いランキング」、ちょい足しのAD)
村田愛里咲(モーグル日本代表。自己ベストの得点で8位入賞と大健闘)
常盤貴子(女優。ドラマ「悪魔のKISS」での濡れ場は伝説に)
阿部勇樹(サッカー日本代表DF。浦和レッズ。残留してくれて良かった)
上村愛子(モーグル日本代表。試合後の涙を流しながらの笑顔はものすごく印象的だった)

以下、省略。

スポーツ選手の割合が多いのはオレがスポーツネタを書く頻度が高いからなんだろう。それにしても、人物名だけを検索して駄文に辿り着く人がいるんだもんなあ。偶然ここに来た人、ゆっくりしてって下さい。

これこそ
奇しき縁(えにし)に結ばれて(JT出身者しか知らねーか)
だね。

明日はいよいよ金曜。金曜は頑張れる。

無関係なのに親近感

昨日、適性テストをやるためだけにloostAが自宅マンションにやって来たのだが、適性テスト終了後、彼がPCを拝借したお礼にと持ってきたプレミアムモルツを飲みながらこんな話を聞いた。

なんと、チカセンの同期kaeruが報道ステーションに出演する人と浅からぬ縁があったとの事。嗚呼、全く知らなかった。なんでも年末、オレが上尾で座光寺面子で毎年恒例の忘年会に参加している時に、飲みの席でそんな話をしていたらしい。

さらに、オレの会社の先輩(現在は別の会社に転職されました)Mtさんの奥さんが、浅からぬ縁のあるその人と、日々一緒に働いていたのであった。

何を言ったところで、その人は知り合いの知り合いの域を出ない存在であり、オレとは完璧なまでに無関係なのだが、異様に親近感が湧く。今、最も人気のあるグループDA PUMP風に言えば、なんていうんですか親近感だ。

今日もその人は澄ました顔でREGZAに映っている。単にテレビに出ている有名人では無い。オレとそこそこ深い関係の人と浅からぬ縁がある人なのだ。

残り2営業日

短い様で長いんですよ、実際。

久しぶりに株の話。日経平均は一応4日続伸。だが、ここから上がるのか、下がるのかは材料の強弱次第という感じでしょうか。個別の材料(つまりは情報)による売り買いが見られる程度で、全体のトレンドは曖昧模糊としております。

オレは現在、買い玉しか持っていないので、「上げろ、上げろ」と心の中で叫び続けているが、2月中ずっとと言っても良いくらい株価は、新橋で酔っ払ったオッサンよろしくフラフラとするばかり。結局、ナンピンして徐々に動きが制限される様になっただけで、利益確定を決める積極的な取引はほとんど出来てない。月の目標額を大きく割り込む結果となってしまった。

4日続伸で多少は改善したが、まだまだしょっぱい状況は動かない。そんな中、新日鉄(5401)は目標値を超えているので、その気になればいつでも鞘から刀を抜ける。まだまだ上がると踏んでるので、あせらず成長を見守っている。次いで商船三井(9104)もやりそうな予感がする。これもじっくりいきたい。他は3歩進んで2歩下がる感じで、日経平均同様、煮え切らない動きをしている。仕事以外でストレスを感じさせてくれるなよ。

金曜日の深夜、アメリカの雇用統計発表がある。そのため週末に向けて手控えムードが蔓延するでしょうね。馬鹿みたいに良い数字が出れば面白い事になるのだが。

週末はJリーグ開幕。BIG、マジで当たらねーかな。

鱈子ふりかけ

昨日、一切の残業をせずに定時で帰宅した。最大にして唯一の理由は、クリーニング屋に長期間放置していたスーツ2着を取りに行くため。

ただでさえ無愛想な店のおばちゃんに、いい加減マジでキレられる恐れがあった。何度も利用している店だけにオレの身長、顔、メガネ、氏名は完全に割れている。オレはただでさえインパクトのある珍しい名字だし。

こんな時、レアな名字は辛い。1回で覚えられるから羨ましいと何度となく言われたが、それはつまり、すぐに覚えられてしまうというデメリットをも持ち合わせている訳です。小学校に入学する頃は異常なまでにコンプレックスを抱いていており、そのせいで現在のオレからは想像出来ない程に内気で内向的な人間だったが、オレの胸の内にある思いとは裏腹に、速攻でその名字の一部があだ名と定着してしまった。それからは、もうどーでもいいや、となっちまいました。

店に行くと、おばちゃんはいつもと同じ愛想の無い対応をしてくれた。特に怒気を感じる事も無かったので、放置はそれほど迷惑じゃなかったのかも知れないなと思った。

帰宅後、実家から送られてきた米を炊いた。オレは自炊をしているのだが、最近は文字通りの自炊しかしていない。米を炊くだけ。炊飯器のボタンを押すだけで、オカズ、その他の料理は一切していない。

昨日もそうだった。夕刊フジを読んだり、ボーっとテレビを見たりしている間に、ご飯が炊けていた。それにしても、炊きたてのご飯は異様に美味い。その米の持つクオリティが最大限に発揮されている状態なんだろう。食欲が人並以下、グルメレベルに至っては最下級戦士のオレでも、炊きたてのご飯を茶碗に装う時には、ちょっとだけテンションが上がってしまう。

SHOP99で買ってきたオカズ一式をテーブルに並べ、さあ食うかとなった時、クレジットカードの明細の上に無造作に置いてあった物体に気付いた。

鱈子ふりかけだ。土曜、もはや埼玉県と言っても過言ではない赤羽は「わたみん家」で飲んだkakechikoから貰ったものである。

こいつは良い。オレは封を切り、湯気を発している熱々のご飯の上に、できるだけ均等にふりかけた。鱈子の良い香りが鼻孔を刺激する。行くぜよ、桂さん。割箸を深く差し込み、ご飯をすくい取り、そのまま口に運んだ。

ご飯の適度な甘さと鱈子の風味が口一杯に広がった。嗚呼、美味過ぎる。新潟の農家の方々にいくら感謝しても感謝し切れない

ここでkakechikoが抱いていた謎が解決した様な気がした。

実はこのふりかけ、kakechikoが会社の方から譲り受けたモノであった。彼はオレに、
「何で突然コレをくれたのか皆目分かんねーんだよ、オレは」
と笑顔で説明してくれた。

会社の方はこう伝えたかったのではないか。
『炊きたてのご飯にかけると、ビックリする程美味いよ』と。

オカズを無視して茶碗のご飯を一気に空にしてしまったオレは、予定外の2杯目のご飯を食べる事になってしまった。何だかとても幸せな時間だった。

杉田玄白

春と言えば花粉(以後、全てのそれとする)の飛散です。

一昨年くらいに自分が花粉症であるとハッキリと認め、嫌々ながら、その事実をしっかりと受け入れたので、オレは様々な人に「いやあ、辛い季節になりましたねえ」と言う事だろう。

既に天気予報に付属して、『やや多い』などという有り難くもない言葉を使用する事によって花粉の飛散量が伝えられている。

基本的に、気温が上がると花粉は飛ぶらしい。今日も少なくない日に該当するのだろうが、それほどダメージを感じない。僅かに目が痒いかなというくらいだろうか。目が痒いのは全然我慢できる。人によっては、痒過ぎてコンタクトが装着できないなんて話をしばしば聞くが、オレは全然コンタクトをつけられるタイプの人間だ。付けようが、付けまいが痒いもんは痒い。だから同じだ。

オレはそれよりも勝手に湧き出し、ことごとく制御される事を拒否する鼻水(むしろ鼻汁)の方が嫌いだ。オレは1日に何度鼻をかまねばならんだ。ふざけやがって。ティッシュが過剰に消費されるので、実にエコじゃない。そうであっても鼻をかまずにはいられないけどね。鼻が詰まって呼吸が制限されると、全ての行動の能率が著しく低下する。困りもんだ。

春が憂鬱な季節になっちまってるのは、非常に損だなあと思います。春は本来、多くの草木が芽吹く事が象徴する様に、進級、入学、入社、異動などを経て新たなスタートを迎えるポジティブな季節。寒さが和らぎ、Jリーグが、プロ野球が始まり、自然と心が浮き立ち、何ならフワフワしちゃうのが正しい。

花粉は罪深い。果たして杉は必要なのだろうか。もし本当に、絶対に必要なのであれば、花粉症に悩む人が増加している今、真剣にそれの代替物を考えても良いのではないだろうか。「金と政治」について下らない議論をするくらいなら、その辺を考えてもらえれば幸いです。いや、冗談抜きで。

「FOG BAR」のCMのワックス批判はどうかと思うオレでした。それでは。


BGM
広瀬香美/ロマンスの神様
aiko/いつかのメリークリスマス
Dreams Come True/Winter Song
吉幾三/雪国
Mariah Carey/All I Want For Christmas Is You

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ