« 黒のパスケース | トップページ | 2009年のGⅠまとめ »

第43戦(最終戦)

有馬記念(12月27日)。有馬良ければ全て良し。当てたい。長時間、考え過ぎて馬鹿になった。

中山2500㍍は切れ味だけじゃ勝てない。直線の距離を考えれば、鬼脚があっても4角7番手以内くらいが限界だと思う。先行できる馬が有利だ。

そして、スタート直後にコーナーがある以上、やはり内枠有利は動かない。横山典の乗り方次第になるが、普段通り後方からの追込を狙うのであれば、包まれてしまう可能性があるので、ブエナにとって内枠はむしろ不利になる気がする。

ルメールや岩田がウオッカを任された時に見事に成し遂げた走り、つまりは先行して押し切る姿がどうも想像できない。何も出来ずに終わるか、届かないか。3歳の小娘はぶった切る。ゴッホはもう無理。今回は最初から切りだ。以上を踏まえて予想は以下の様になった。

◎夢旅行
4歳が出走しない今年、古馬では最も強いと思う。右回りで小回り、得意の中山なら信頼度が格段に上がる。ローテも良い。夢への旅路にお供させて頂く。

○雅ランベリ
逃げ切れないと言われ続けたアルゼンチン共和国杯をトップハンデで逃げ切ったのは圧倒的スタミナの証明。2500㍍のG2を2勝してる能力に疑い無し。先行しての粘り込みが見える。

▲青雲ワンダー
菊花賞は掛かっても粘って3着。相当強い。藤田頼んだ。

△フォゲッタブル
良血とルメール。大外で割り引き。

△リーチザクラウン
天才武豊がこのまま終わるとは思えない。折り合えれば勝負になる筈なのだが。

△アンライバルド
デムーロ。最内枠に入っての先行宣言も見逃せない。中山は[2000]。

単9
馬連9-1,3,8,14,16
後は遊びで誕生日馬券やら3歳BOXやら買います。


1着 夢旅行
2着 絶景(3歳の小娘)
3着 エアシェイディ

馬連7.4倍。単勝のみ的中だが、それなりにプラス。3年振りの有馬記念的中。最初に書いた通り、有馬良ければ全て良しだ。レース自体も素晴らしかった。4着フォゲッタブルは内枠だったら違ったかも知れないと思う。

オレの馬仲間も漏れなく全員的中。有馬記念でガチガチの決着ならば、そうなるのも当然か。有馬記念を取れたら、年間通算回収率の事など一瞬忘れて、的中して1年を締め括れるという事実にただ酔うのが正しい。

駄文に2009年の軌跡をしっかり記したので、大雑把にデータをまとめてみようと思う。束の間の休息、例年通り金杯をスルーした後、3年目の旅路へ向け、新たな一歩を踏み出そうと考えております。

« 黒のパスケース | トップページ | 2009年のGⅠまとめ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第43戦(最終戦):

« 黒のパスケース | トップページ | 2009年のGⅠまとめ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ