« パターン化された日常 | トップページ | ウオッカで祝杯を2 »

ウオッカで祝杯を1

11/1は第140回天皇賞。

今週は月曜から、馬券を取るべく、夕刊フジの競馬欄と2ちゃんの競馬板から情報を集めている。

予想してる時が一番面白かった、そうならない事を祈りたい。


枠順が確定したので、内から順に今思っている印象を書き連ねておく。

1番 コスモバルク
11月1日、1枠1番。春の天皇賞、1枠(2番)で穴を開けた松岡。まさかね。

2番 スクリーンヒーロー
昨年のJC覇者だが、デムーロじゃないし。休み明けも割引材料。

3番 カンパニー
典型的GⅡ馬。人気してくれて一向に構わない。初めから切ってる。

4番 アドマイヤ富士
スミヨン、聞き慣れない名前だ。間違いなく川田の選択は正しい。

5番 ヤマニンキングリー
前走の惨敗でトーンダウン。消す予定。

6番 浅草キングス
距離、府中の馬場共にしっくり来ねえ

7番 ウオッカ
死角はあるけど、勝つ確率は高いと思う。それ以前に、この馬が好きだから買う。武豊と心中する。

8番 主将トゥーレ
府中の2000㍍と相性が良いアグネスタキオン産駒。母の父はトニービン。母はエアトゥーレ。血統的には買える。おそらく、最後まで残りそう。

9番 桜オリオン
格落ちは否めない。消しだ。

後半はまた今度。

« パターン化された日常 | トップページ | ウオッカで祝杯を2 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカで祝杯を1:

« パターン化された日常 | トップページ | ウオッカで祝杯を2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ