« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の23件の記事

総選挙

開票が行われる前に、拙い素人の予想を晒しておきます。

獲得議席数は民主285、自民120くらいかなと。民主の300超えは有り得ないと思う。いくら何でも煽り過ぎですよ、新聞社を中心とするマスコミの皆さん。kcさんと賭けてしまったので、是非とも的中させたいものである。

そのkcさんは民主270-280の範囲内(予想は275)に収まると予想していた。オレとかなり近いが、そこは根っからの自民党派、自民の底力を信じているという事だろう。Kubo君は民主250、自民150と予想。彼は以前から民主は安定多数に達しないと一貫して主張していた。

選挙は投票箱を開けてみなけりゃ分からない。サッカーも試合をやってみなけりゃ分からない。弱小クラブ大宮アルディージャが王者鹿島アントラーズに完勝してしまうなんて誰が予想しただろうか。前回の総選挙、事前予想で自民が300議席を超えると予想しているマスコミは皆無だったという事実もあるしね。

さて、注目の選挙区を羅列してみる。

東京1区
自分の選挙区だから。世間的にも注目されている。自民与謝野馨と民主海江田万里の一騎打ち。どちらが勝つか。又吉光雄とマック赤坂の得票数も気になるところだ。

東京5区
自民佐藤ゆかりの国替えの結果は?

東京10区
自民小池百合子、民主江端貴子の対決。どちらが勝つか。

神奈川11区
小泉Jr.の初陣。世襲批判を退ける事ができるか。

静岡7区
自民片山さつき、無所属城内実、民主斉木武の三つ巴。激戦だ。

石川2区
自民森喜朗に民主の女刺客田中美絵子が挑む。

長崎2区
自民久間章生と民主の女刺客、福田衣里子の争い。自民は議席を守れるか。

こんなところか。果たして有権者の審判は如何に。


残り1時間45分。それまでは阪神―巨人でも見ようと思います。

大宮が鹿島に快勝するとは

金曜、帰宅後、自宅マンションから祐天寺まで(約12km)愛車で移動。

土曜は、祐天寺から成城学園まで(約14km)向かう。暇人の、自転車乗りのちょっとした思い付きである。どうしても成城学園でなければならないかと問われれば、ハッキリとNOと言う事ができた。残念な事に、成城学園にあるその店のクオリティは低く、あらゆる点において、渋谷店の方が優れていたのであった。

成城学園前のその店には2度と足を踏み入れる事はないだろう。食べ放題で腹を満たした後、近くにあったデニーズでアイスコーヒーを飲みながら、まったり過ごす。

17時15分過ぎ、デニーズを出発。デニーズに長居をし過ぎた。18時に自宅に佐川急便からTシャツが届けられる事になっていたので、平均時速20km以上の条件を満たさなければ間に合わないという状況となってしまった。確実に赤信号によるストップがあるので、走行時はそれなりのスピードが要求されるという事だ。

細い道を乗り継ぎ東へ向かい、環八通りを経由し甲州街道へ。最初に見た道路標識に新宿まで9kmと書かれていた。予想通りの距離である。

世田谷から新宿まで甲州街道を走るのは初めてだった。土地勘のない道を走るのは精神的に疲れる。自分がどの辺にいるのか全然分からないのが何よりも辛い。オレに出来る事は、闇雲にペダルを回す事だけである。悪い事に景色も単調であった。右手にはずっと首都高。

笹塚(新宿まで3km)に到着した辺りから俄然元気が出てきた。この道を3km進めば、見慣れた光景に辿り着く。この事実はとてつもなく大きい。どうやら、終わりが意識できる状態になると、勇気が湧いてくるものらしい。マラソンでも、30km近辺が最もキツイが、35kmを過ぎれば、途端に気力が充実してくるなどとよく言われている。それと同じ。

実際、笹塚から1kmくらい進むと、もう新宿西口の雰囲気であった。

『ついに、ここまで来た!』
思わずスピードが上がる。

そのまま、陸橋を上り、新宿駅南口をチラ見した後、勢いよく下って、速度を保ったまま左折し、明治通りに入った時点で完全に勝負あり

勝って知ったる道だ。新宿から早稲田通りと交差する馬場口の交差点までは、勾配は僅かではあるもの、下り一辺倒である。終盤の下りの爽快感といったら無い。調子に乗って、ママチャリ数台をごぼう抜きした。

交差点を右折して早稲田通りへ。ギアを落として、ゆっくり走り、しっかり18時前に自宅に到着した。

2日間で約40km走破。膝は問題無かった。多少だが、恐怖は薄らいだかなと。ただ、結構疲れましたね。


BGM
GReeeeN/キセキ
I WiSH/明日への扉
森高千里/私がオバさんになっても
中島みゆき/地上の星
MINMI/シャナナ☆

論理式

本日の昼過ぎ。

ある規則(人数比・売上計画比)によって各部に配賦された数値を、複数の条件に従って再集計・再配置するための関数の作成で悩んでいた。

Excelの表を睨みながら、ここをこうして、ああして、こうすれば良い事は感覚的に分かるのだが、どんな数式を組み合わせれば、十分な汎用性を持った形で上手く実現できるのか、それが分からなかった。思想・感情を言語化できないのと似てる状態。

腕を組み、眉間に皺を寄せ、ずっと黙っているオレは、遠目には、単にサボっている様に見えたかも知れない。

オレのExcelの能力など、大した事無いので、最終的には息詰まった。

そういう時は詳しい人間に聞くに限る。そんな訳で、元SEのITさんに助けを請うた。すると、条件説明を終えた瞬間、

「できます」
と断言された。

そして、数分後、答えを出してきた。

凄いと思った。即答がではなく、その数式の形が。

何というか、オレが一切発想しなかった方法だったからだ。数式を見てしまえば、非常に簡単な事であった。オレは、こんな事にも気付かなかったのか。その数式は非常に馴染み深いものだったのである

応用力の低さを思い知らされた。目の前に便利な道具があっても、それを完璧に使いこなせなければ意味が無いんだよなあ。今日勉強して、一つ引き出しが増えた。ただ、それを使わなければならない時に、脳内にある引き出しを開けられるかは分からない。これこそ、応用力の問題だ。

既存の概念から全く新しい概念を生み出す人は、応用力に長けている人間なんでしょう。

成功にあらず

先日、信用買いで大量に仕込んだ三菱マテリアル(5711)を利益確定した。63,000円。残684,000円

株価が停滞し、思うように伸びなかった。手仕舞いまでにかかった時間を考えると、この程度の金額じゃ成功とは言えない。無念。己の未熟さをまた知った。

ダウは年初来最高値を更新し、日経平均も10,500円を抜けた状態で安定している。底打ちしたと言われているが、消費拡大には至っておらず、調整局面に入り下落する可能性は常にある状態だが、それでも上昇している時はその流れに乗っておくべきかなと考えている。

上記取引の手仕舞い直後、三菱マテリアル(5711)を再度買った。もう少し上げると踏んでるのだが。ちょっと欲張り過ぎたかもなあ。

鉄鋼大手、新日鉄(5401)を仕込んだ。利益確定して現金が出来ると、新たな銘柄を物色してしまうね。

今週末までに、取引できる流れになったら最高だ。

のりピー容疑者

一体いつまでやってんだよ。毎日、毎日、毎日。世間は、そんなにも彼女の取り調べの進捗具合に興味があるのか?

正直、オレはお腹一杯だ。エルムのピラフミート大盛くらいの量に感じる。え?知らない?マジですか?そんな人は是非ググって下さいよ。

この2週間、若かりし頃から現在に至るまで、のりピーの半生を繰り返し見たし、その後は見る事を余儀なくされた。のりピーが間違いなく可愛いという事がよく分かった。だから、もういいよ。

今朝、起床して、いつもの様に「やじうまワイド」を見た。すると、久しぶりに、のりピーじゃないニュースを大々的に扱っていた。


『マイケル、他殺だった』

このニュースこそ、マジで心底どーでもいい。コメンテーターもそれなりに真剣に自らの意見を述べている。今更過ぎて言葉がない。鮮度ゼロじゃん。極東の島国で、各局でこぞって報道する事なのだろうか。それとも、マイケルは本当にスーパースターという事なのか。

オレは、事実はどうあれ、ほとんどのテレビ局関係者を、身も心も視聴率という数字に支配された生物だと決め付けているが、彼等は視聴者に媚びる気満々なのにも関わらず、本当にオレを含めた一般大衆が望んでいる番組が見えていない。よって、媚びる事すら出来ていないのである。

民放の朝のニュース番組は、取り扱う内容にほとんど差が無く、完全に「右へ倣え」で落ち着いている。他局がのりピー三昧なら、全く違うニュースを取り扱ってやろうという骨のある人間はいねーのかと言いたい。皆さん、一般的に名門と呼ばれる大学出てるんでしょう?何のために高い学費払ってんだか。おっと、最後の言葉には自分の胸も痛む

総選挙近いんだから、政治絡みのニュースをもっとやって欲しい。小池百合子の動向とかかなり気になってんだからさ。


巨人が延長10回に2点勝ち越し。3連戦の初戦を取れたら大きい。クルーンの投球にヒヤヒヤするのもまた楽し。

クロスバイク

左膝の痛みが完全に引いていた事もあり、この土曜日の昼、愛車に乗ってみた。

そこに至るまでには、結構な葛藤があった。乗って、怪我がいたずらに長引くのが絶対に嫌だったからだ。朝から「いける」、「待て。まだ早い」という言葉が脳内を何度も何度も周回した。

とりあえず3km。膝の痛みが復活するようだったら、すぐに戻るという条件付きで乗ってみる事にした。首都高の真下、新目白通りを飯田橋方面に流す。

最初は努めて慎重に、と意識していたつもりだったのだが、広い道路に出た瞬間、そんな考えはどこかに吹き飛んでしまった。

理由は分からないが、目の前に広大なスペースがあると、自然とギアを上げ、スピードを出したいという衝動に駆られてしまう。気が付いたら、かなり飛ばしていた。頬に当たる風が実に心地良い。自転車に乗れる喜びを噛み締めた。

飯田橋駅前の交差点を左折して、外堀通りへ入る。水道橋に着いた。ここまでで、2.7km程度だろうか。

念のため、一旦、自転車を降りて、膝の状態を確認してみた。全く問題ない。人間の自然治癒力は捨てたもんじゃない。それを手助けした湿布にも感謝である。

間にカフェでの試験勉強を挟みつつ、最終的には12kmくらい走った。この時になり、どうやらオレの左膝は治ってんなと思った。


日曜も12km。全然、走り足りかったが、そこは病み上がり。何とか自制した。

次に乗り越えなければならない壁は20km。そのくらいの距離を走ると、また膝が痛くなってしまうのではないかという恐怖がある。それを払拭しない事には、オレは幸せな自転車生活は送れないのである。

待ってろよ、すぐに乗り越えてやるさ。


BGM
THE BLUE HEARTS/裸の王様
今夜僕は叫んでやる 王様は裸じゃないか

ジャパハリネット/蹴り上げた坂道
今も昔もこれでいいかと 問い詰めてるのに 色褪せていく
日々また強く生きていこうと 何度思えば 気が済むのだろう


CHATMONCHY/Make Up! Make Up!
言ってはいけないことを言ってしまうたび
どんどん 私 ブスになった

ダメだ、引っかかちまう

アルトボイスで、モデルから女優というモデル出身者の王道を歩んでいる香里菜。そんな彼女が出演している積水ハウス・シャーメゾンのCMがある。

このCMでインターホンの音が流れるのだが、これがオレが住んでるマンションのそれと全く同じなんですよ。

あの音がすると、反射的に後ろにあるモニターを振り返ってしまう。このCMはインターホンの音が流れると、十二分に理解しているのに、やっぱり振り返ってしまう。それどころか、ビクッとしてしまう事もある。

そして、嗚呼何だよと思う。早いところ、バージョンが変わってくれる事を望んでいる。


TBSの「炎の240時間マラソン」、全く持って意味が分からないが、過酷である事には違いない。山本高広、がんばれ。マジでがんばれ。

東西線車中の出来事

先日のこと。

仕事帰り、痛めた左膝を少しばかりかばいつつ、日本橋で東西線の最後尾の車両に乗り込むと、運が良い事に、手摺脇の席が空いていた。オレはこの席をポールポジションと呼んでいる。他人との接触が半分になるのが良い。

一目散にそこへ入り込む。見事に確保。フーッと一息。

鞄のサイドポケットに小さく畳んで入れてあった夕刊フジを取り出す。オレは電車で座れた時は例外なく活字を読む。そうでなければ眠る。もしくは何か考え事をする。いずれかだ。何もせず、ただ座る事はない。

夕刊フジの記事を読む。両面読み終えページをめくる時、右隣の人の左腕を見て衝撃を受けた。直後、激しく引いてしまった

腕毛がびっしりだったからだ。完璧にナチュラルな状態

隣の人が女性である事は座る直前に確認していた。しかも20代後半~30代前半。南アフリカW杯アジア地区最終予選ウズベキスタン戦、後半45分の長谷部ばりのwhy?である。おかしい、絶対におかしい。彼女の事がまるで理解ができなかった。混乱の中、じんわりと切ない気持ちも湧き上がった。

そこはちゃんとするべきだ。今日日、50代のおば様達だってしっかりと無駄毛の処理をしてるぜ。もはや身近な人も何も言えないんだろうなあ。女性に「鼻毛が出てるよ」と指摘する事よりも全然難しいと思う。彼女の場合、何をどう言って良いか分からない。

おっと、これも伝えておかないと。敢えて婉曲的に表現するが、彼女はオレが設定するデッドラインを超える体格であった。つまり、腕毛があろうがなかろうが、デッドな人だった。唯一救われた点かも知れない。


でも、考え様によってはこの人は無敵だな。他人の目など一切気にしていないのだから。我が道を突き進む。色々な意味で漢らしい方だ。

座れたのに、何だか疲れが増しました。

グラビアアイドル

森下千里というグラビア系タレントがいる。最初、彼女の名前を目にした時、オレはてっきりAV女優かと思った。いわゆる元ネタありきの名前をつけられた女優なのかなと。もちろん、元ネタは、その昔(15年以上前)大ファンだった森高千里。

日曜深夜に放送されていた、ニッポン放送「千里(ちさと)の道も一歩から」は毎週欠かさず聴いていた。この番組は、「古田新太と犬山犬子のサンデーおちゃめナイト」内で放送されており、番組開始直前の2人と森高千里の掛け合いが聴き所の一つだった。オープニングテーマは、「私の夏」。日曜の夜、4時間ずっとラジオを聴きながら、机に向かって受験勉強をしていた事を思い出すね。

森下千里が有名になり始めた頃、既に本家は名優江口洋介と結婚しており、アイドルではなく完全なママさんタレントとなっていた。元ネタが森高千里では余りにも時代遅れ。なんで森高千里を選んだんだろう、この人は?と思っておりました。

ファンじゃないから、本名か芸名か知らんが、程無くして「森下千里」という名が、「森高千里」と全くの無関係である事が明らかになった。彼女は、純粋に森下千里だったのである。

今日、その森下千里がFP試験(3級)に合格したというニュースを見た。お堅いマネー誌一直線の「日経マネー」で2年間連載を続けていた事がきっかけで試験に挑む事になったそうで。

芸能人がと何らかの試験に合格すると、何となく、その芸能人の評価が上がる様な雰囲気がありますよね。確かに、彼女は超多忙な(知らんけど)アイドルですから、素直に凄いと思う。一方で、今年、余りにも怠惰になり過ぎて受験を断念した検定試験なので、オレもやらねばという気持ちになった。

こと勉強に関しては、アイドルなんかに負けてられねえ。負ける筈もねえ。FP3級、やるしかないな。でも、当面は来月頭の試験に向けて勉強しなければならない。夏休みに入ってから、サボリっ放しだ。

久々にモチベーションが上がった。ありがとう、森高千里じゃなくて、森下千里。

選挙公示日

残暑はまだ終わらない。立候補者にとっては今日からが本当の夏。熱い選挙戦が始まる。

夏の終わりに最高のプレゼントだ。30日は早めに帰宅し、選挙速報(多分、テレ朝の「選挙ステーション」)を肴にビールでも飲もうと思う。投票は絶対行きますよ。オレも、一有権者として、この国の政治にしっかり参加したいから。我が選挙区は注目の東京1区。誰に、どの党に投票するかは、既に決めている。


株。

住友信託(8403) 7,000円
中央三井トラストHD(8309) 14,000円
いずれも銀行株。それにしても住友信託の値動きは非常に読み易い。残747,000円

急落してどうなる事かと思ったが、昨日のダウの大幅な下落に反して、日経平均は持ち堪えた。底には向かわず、10,000円以上をキープする展開になると確信。今までと同じく、買い主体で攻めて問題ないかなと思う。

ここでは利益ばかり晒しているので、ものすごく上手くいってる感じだが、実は長期ホールドし続けている銘柄は含み損を抱えたまま浮上して来れない、本当にダメな奴等ばっかり。日経平均が12,000円超えても、プラスに転じない恐れがある。困ったもんだ。

たいこ茶屋

刺身食べ放題をやっているのは、日本広しと言えども、この店だけだそうで。

店名は「お魚本舗 たいこ茶屋」。靖国通り沿いにあります。詳しくはググって頂ければ幸いです。日によって、当たり外れがあるらしいが、ご飯、味噌汁、サラダ込の1,000円食べ放題で、あのレベルの味だったら申し分ない。

当日(8月12日)は、TBSのテレビ番組(多分「ひるおび」)の収録が行われていて、カウンター席に、内山君、IKKO、水野真裕美アナ(その時は誰だか分からなかったが、調べた)の3人がいた。

何より驚いたのは、近くで見るIKKOの顔のデカさと老け具合でも、内山君の体積の大きさでも、水野アナの地味さでも無く、出演者達のテンションの高さであった。サイバーのりピー程じゃないにせよ、単純に昼飯を食いに来てるオレからすれば、彼等の言動は「異様」に感じられた。あそこまでやらないと視聴者には伝わらないものなのだろうか。

そして、カメラが一旦止まると、その熱気は急速に萎み、束の間の静寂が訪れる。3者とも、再び始まる仕事に備えて体力を温存しているのだろう。このテンションの落差たるや恐ろしいね。子供には見せはいけない事の様な気がした。

真向かいで共に飯を食っていたloostAは
「オレ達のラジオ、相当テンション低いんだな」
と言っていた。

オレもこの言葉には即座に同意したが、残念な事に、ラジオを録音している時、オレはかなりテンションを上げている。あれでもそうなのである。

その後、彼は「こち亀」出演時の香取慎吾のテンションたるや想像を絶するものなのだろうと言及。そうに違いない。

結局、2人の見解は
「タレントは大変だ。そして、プロはスゲー」
これで落ち着いた。

収録終了後、内山君もIKKOも、笑顔で気さくに写真撮影などに応じていた事をここに付記しておく。やっぱりタレントは大変である。

世界陸上

ベルリン大会。今、正に今見ている。今日は、早朝まで放送があるらしいが、このままだとずっと見続けてしまう気がする。

陸上というのは極単純なスポーツであるが、それが故に面白い。シンクロ、フィギュアスケート等の採点競技と違って、勝敗が明確なのが良い。

注目の織田裕二だが、今大会は、敢えて持ち味のハイテンションを抑えているように見える。山本高広にモノマネされまくった事を気にしているのだろうか。本人、よく思ってないと噂されているしね。モノマネされるネタを出してなるものか。もしかしたら、織田裕二は遠くベルリンで、こんな事を意識しているかも知れない。

無難に番組を進行している織田を見ると、邪推を働かせてもみたくなる。個人的には、織田の桁違いのハイテンションあっての世界陸上だと思っているので、ちょっとどころではなく残念である。

高橋尚子が、スペシャルキャスターとしてグランドから解説を行っている。結構上手い。

男子100メートル、ウサイン・ボルト、アサファ・パウエル、タイソン・ゲイの3強対決は見物である。ボルトに勝ってもらいたい。そして、織田に心の底から絶叫してもらいたい。

夏休み8日目

あんなに長いと思っていた長期休暇も残すところ2日に。考え様によっては今日は普通の土曜とも言える。学生時代の夏休みの比では無い、超強力な哀愁に襲われつつある。

7日間、なんだかんだで「嗚呼、ホント何も出来なかった」といような無為な日は無く、それなりに有意義な日々を過ごせている。

マイナスは左膝の負傷。ただ、自転車で35km離れた実家に帰っただけなのに。昨日、会ったkakechikoに本気で心配されているので、ちょっと左脚を引きずりながら歩くオレの姿が相当に痛々しいものらしい。

不思議な事に、飲み屋を出てからは、ほとんど痛みを感じなくなっていた。アルコールは痛覚を多少麻痺させる効果があるみたいね。今日、起床してからは、痛覚復活に伴い、痛みがぶり返している。

無理をしたんで、しばらくはじっくりと療養するしかなさそうだ。愛車に跨れないのが、何よりも辛い。

今日は、大学の同期達と池袋で焼き肉。気合い入れて食いまくってやる。

ルノアールに5時間

今日やらなければならなかった事は、住民票を取ることと定額給付金取得に必要な書類(身分証明証と預金通帳)のコピーだけだった。これらはアッサリ午前中に終了してしまったので、愛車に跨ってどこかに行こうと決めた。

向かった先は御徒町のルノアール。あの場所はとにかく落ち着く。それだけじゃなく、日刊スポーツ、サンスポ、スポーツ報知の3紙と日経新聞2日分、さらにはNumber、東京Walkerが読めるので、時間を持て余している時は最高である。

一通り読んだ後は来月受験する検定試験の勉強。集中して出来た。仕上がりは上々だ。サービスのお茶を4杯も貰ってしまいました。平日の昼だが、店内は混雑していた。意外です。


さて、今日も株取引。

まずは、昨日、売り玉を仕込んだTHK(6481)の値段が上昇し、裏目に出たので、強気に逆ナンピン。再度、売り玉を仕込む。

絶対下がる筈だ。その思いとは裏腹にガンガン上昇していく。僅か数十分で含み損が5万を超える展開に。ヤバイが、オレには何もできない。できるのは原点回帰まで待つ事だけ。ダメ元で、返買の注文入れておいた。

多分、ルノアールにいる間に約定。10,000円ゲット。儲けもんですよ。残768,000円

昨日仕込んだ売り玉は依然マイナス状態。でも大丈夫。現在、ダウが鬼の様に下げているし。株価は上昇しているが、実体経済は伴っていない。遅かれ早かれ調整局面は訪れると予想していたので、この流れは予想通り。

秋に訪れるであろう下降局面が勝負所だと認識している。

LGS-TR1

暇さえあれば、7月末に手に入れた自転車を乗り回している。先代が折り畳み自転車なだけに、スピード感がまるで違う。本当に快適でしょうがねえ。メンテも出来る限りしっかりやって、長く付き合いたいと思う。

ここで、話はかなり前にさかのぼる。

去る7月11日、ラジオの収録を終え、長谷川とんかつ店(loostA曰く「食べログ」で3.46は結構優秀らしい)で夕食を食べた後のこと。仕事で東京へ出て来ていた中学校の同級生karinと馬場駅前の土風炉で酒を飲んだ。

「もう30だよ」
と彼女が再三口にしている言葉にオレも大いに頷いたり、キムタクのドラマ史を振り返ったり、仕事の話をしたりと話題が転々とするうちに、いつしか当時からすれば2週間後に届く筈の自転車の話になった。

「オレ、自転車買ったんだよね。月末に届く予定。街乗り用のクロスバイクで、なんと27段(正しくは24段だった)ギアがついてんの」
karinはこの発言に食いつく。
27絶対そんなに必要ないでしょ。例えばさあ、17番目のギアを使う?」

実はオレ自身も同じ事を考えていた。


実際に乗ってみて分かった。全部はまず使わねえ

24段階だが、メインとなるギア3つに対して、それぞれ8段階のギアが付いているという構成だ。1から順に抵抗が重くなる。つまり1-1が最も軽く、3-8が最も重いという訳だ。

結局、オレは2-4から2-7の4段階しか使っていない。1は総じて軽く、3の後半は非常に重い。多分、時速40km以上で走らない限り使う必要がない雰囲気だ。2-8も重い。

ちなみに2-4はほぼ坂道専用。それくらい馬鹿みたいに軽い。平地は3段階。それじゃママチャリと同じじゃねーかと。でもね、とにかくそれとは全然違うんですよ。

「能書きは良い、乗れば分かる」(中尾彬風)

明日は、愛車で浅草橋まで行って、旨い刺身を食う予定。それではさようなら。

夏休み3日目

予感があった。今年何度も繰り返されてきた事。

休日明けの爆発。


もちろん毎週そうなる訳じゃなく、株価上昇の要因が揃っている事が必要だが、条件を満たしている場合、平日よりも休み明けの方が上げ幅が格段に大きいような気がする。

理由は感覚的にだが分かる。投資家達は、土日に市場が開いていないので、丸2日間、取引ができず退屈してるんだよね。掲示板では「株が出来なくて、暇でしょうがねえ」という書き込みをよく見かける。だが、耐えるしかないのである。

ガンダムで例えるならば、コロニーレーザーのエネルギーが溜まり続けている状態。月曜に一気に発射となる訳だ。上がるにしても、下がるにしても振れ幅が大きくなりそうじゃないですか。

株を始めてから、月曜に感じるあの憂鬱な気持ちが減少してる。一方で株価が動き出すという楽しみがあるから。

さて、今日も夏休み。朝9時から、しっかりと売買できる珍しい月曜日。これを活かさない手はない。

8時30分頃、気配値を確認すると、どの銘柄も一様に高い。この時点で予感が確信に変わった。

前場に一気に動く。高くても寄り天井の流れと踏んだ。引けに近づくに連れ、利益確定の売りに傾くだろうと思ったから。

結果は最高に近い。いずれも返売。
THK(6481) 53,000円。櫻井さんありがとう。
住友信託銀行(8403) 38000円。売り時を逃したが、見事復活してくれた。ホント相性良いわ。
三菱マテリアル(5711) 16,000円。金曜の買いが奏功。
合計107,000円。株の神様から誕生日プレゼントを貰った感じですかね。ついに30歳になってしまいましたよ。

778,000円。長期と短期を複合する方法に変えてから、勝てる様になってきた。何となくコツを掴みかけてきている気がする。

これで話は終わらない。
売った後、THK(6481)と住友信託銀行(8403)のカラ売りしておいた。今日は、どう考えても上げ過ぎている。明日以降、必ず反落する時は来る筈。自信あります。

夏休み2日目

休日は本当にあっという間に過ぎて行く。本日は、昨日の思いつきで決まった予定通りの行動をしたが、思いつきにしては充実した時間を過ごす事ができた様に思う。とりあえず亀井義行、ありがとう。


忘れないうちに書き残しておかないと。

8月6日木曜日。
ダブついていた資金でTHK(6481)の株を信用買い。何の会社かすら知らない。投資家で、「兜町カタリスト」編集長、櫻井英明が、夕刊フジ連載のコラムで推奨していた銘柄だったので、それだけの理由で買ってみた。

自分が良く知っている会社、自分が興味のある業種の銘柄を買えなどと書かれている本は確実に間違っている。株式投資ってのは、自分が興味のある銘柄を買っても利益が出る訳じゃない。むしろ、市場の興味がどこに向くかを考えて取引を行わなければならない。自分が知っていようがいまいが、市場の注目が集まらなければ、株価は上がらないじゃん。

買った直後から時間の経過と共に下がり続けたが、金曜の後場、日経平均の反発の流れに乗ったらしく、急騰。十分な利益が出ている。月曜、利益確定できれば完璧だ。

8月7日金曜日。
三菱マテリアルを再度、買う。売った値段よりも落ちていて、さすがに下げ止まると思う価格だったから。後場、やっぱり日経平均の大幅アップの影響で、値を上げた。こちらも余り引っ張らずにサクッと手仕舞いできれば最高なんだが。

19時からは、女子バレーのロシア戦を見ようかなと思っております。

外出

本日は珍しく午前中から長時間に及ぶ外出をした。宅建主任者登録に必要な書類を入手するため。夏休みの平日にわざわざ行くのが嫌だったので、外出許可を求めたら、すんなり通った。

いつもデスクに座りっぱなしなので、たまの外出は良い気分転換になる。事務処理から解放されるのが嬉しい。結局、戻ったらやる羽目になるのは分っていてもである。

まずは自分の本籍地を管轄する役所、葛飾区役所へ。会社がある神田からは、銀座線で浅草へ出て、その後、都営浅草(京成線へ乗り入れ)で京成立石へ出るルートが最短。

京成立石は、父方の実家の最寄駅である。駅を出ると、すぐに商店街である。昔から雰囲気はほとんど変わっていないが、この駅に来ると、決まって幼少の頃の自分を思い浮かべてしまうのである。

区役所は父方の実家とは線路を挟んで、反対方向だったが、商店街は子供の頃、何度も足を運んだ事がある場所。それにしても懐かしい光景だ。

駅前から伸びている商店街から区役所までは分り易い一本道だったので、迷う事無く辿り着くことができた。

葛飾区役所では、「身分証明書」という書類を申請した。「身分証明書」という名の書類が存在する事を今日初めて知った。何を証明しているかと言うと、

・禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていない。(成年被後見人、被保佐人ではない旨)
・後見の登記の通知を受けていない。
・破産宣告又は破産手続開始の決定を受けていない。
以上、3つ。これらに該当してしまうと、宅地建物取引主任者にはなれないという訳ですね。


取得後、今度は東京法務局へ。

京成立石からは京成線(都営浅草に乗り入れ)で押上へ。ここで半蔵門線に乗り換えて九段下で下車した。東京法務局は、何度か会社の登記簿謄本を取りに来ているので、よく知っている場所である。

ここで申請した書類は、「登記されていないことの証明書」。これが正式名称です。この書類の存在もオレは当然知らなかった。さて、何を証明する書類か

・後見登記等ファイルに成年被後見人、被保佐人とする記録がないこと
これを証明すると書かれている。

そう、証明している事実は、さっきの身分証明書と全く同じである。どっちかありゃ良いじゃんと思うのだが、2通要求されてしまっているので取得せざるを得ない。

後見登録課の窓口は多くの人で賑わっていた。なんでこんなにいるの?

申請書を記入する場所の正面の壁に、様々な資格の名称が書いてある紙が貼ってあった。しっかり見てみると、どの資格登録にはどの書類を申請すれば良いか、それが分かる一覧表であった。

なるほど、この「登記されていないことの証明書」は、ありとあらゆる資格者登録に必要な書類らしい。つまりは、みんなオレと同じ様な理由でここに来ているのである。

申請から10分程度で無事に入手できた。本人情報は意外にも直筆のコピー。自分の美しいとは言えない文字が印字されているがために、手に持っている書類が、何だか限りなく信憑性が低い、胡散臭モノであるかの様に感じられた。

そんなこんなで何とか必要書類をゲットできた。

夏休みに住民票を取りに行って、全てが揃う。夏休みまでは、残り2日。関連会社の事務所移転に伴う荷物整理という面倒な仕事が控えているが、気合で乗り切りたい。

好調、実に好調

女優矢田亜希子の夫、押尾学と歌手・女優、酒井法子の夫、高相祐一が時を同じくして逮捕された。前者は麻薬取締法違反(使用)、後者は覚せい剤取締法違反(所持)の疑い。

両女優にとって、イメージダウンは避けられない。まあ当然だ。交際相手ってのは、自分を写す鏡となっちまうんですね。矢田も酒井も犯罪者に成り下がってしまう様な男を愛し、自分の旦那に選んだ女。簡単に言えばダメ女ですよ。

押尾学は期待を超える馬鹿だった。気になるのは全裸で死んでいた女性の死因だが、解明されるまで2週間程度かかるらしい。もし、仮にこの事件にも関連していたら、本当に終わるね。押尾学は2ちゃんねらーの大好物らしく、昨日夜はサーバーが落ちる程、大盛況だったようだ。

これ、完全に余談。

さて、今日は取引を行った。

中央三井トラストHD(8309)を返売し、26,000円ゲット。前場、メガバンクを中心に銀行株が異様に上げていて、その時を逃さず上手く売り抜ける事ができた。一方で、目標額を超えていた住友信託(8403)は欲をかいて引っ張り過ぎて、結局は絶好の売り時を逃してしまった。非常に悔やまれる。

三菱マテリアル(5711)は決算の数字がアホみたいに悪く、とてもじゃないが上昇するイメージが描けなくなってので、すぐに手放す事を決意。買値と同額で売り決済。マイナスは手数料のみ。どうにか助かった。前日、多少含み益が出ていたのが不幸中の幸か。

個別では、商船三井(9104)が良い感じ。もう1銘柄でも利食いできれば今週は言う事なしだな。残885,00円

090711 チカセン7 美醜ナイト

珍しく収録前に打ち合わせをしました。場所はオレ達2人と浅からぬ縁がある早稲田のシャノアール。打ち合わせは初回以来だ。

3回連続ゲストが来てくれて、大いに盛り上がり、本来の2人しゃべりでラジオのクオリティが落ちてしまっては非常にマズイと思ったため。

アイスコーヒーを飲みながら、話が四方八方に散らかってしまい、最終的には単なるダベリとなってしまった訳だが。

オレの家での収録は7回目にして初でした。

四の五の言ってるのを聴いて、アホだなあと思ってもらえれば嬉しいです。


リンクの「チカセン」へ。

やっぱり整形はやっちゃダメだと思う。ゼッタイじゃないけど。

2番センター松本

原辰則は現時点で既に名将である。オレが見てきた読売巨人軍監督の誰よりも優れていると思う。

育成選手や若手の積極起用は非常に評価できる。生え抜きを若い時からしっかり使いつつ育てていく事は、長い目で見れば、かつての様に手当たり次第、他球団から強打者を引っ張ってくるよりも遥かにチームにとってプラスだ。

つまり、原さんの采配には基本賛成なんですが、最近どうにも納得いかない事が。変則天秤打法風バッティングでお馴染みの松本の起用についてである。

時々、スタメンを外す。今日の阪神戦もスタメンから漏れていた。これはおかしい。ちなみに松本に代わってセンターに入ったのは鈴木

松本は、本当に良い選手だ。厳しい球が来てもカットで粘りに粘って、最終的には甘い球を確実に上から叩いてヒットにしてしまう。その打撃以上に守備と脚が魅力である。つまり、鈴木の特徴とほとんど同じという訳だ。

それならば結果(数字と言い換えても良い)で判断するべきだと思う。
鈴木 打率.264(155-41) 盗塁13 得点24 出塁率.325 長打率.297
松本 打率.283(194-55) 盗塁12 得点34 出塁率.332 長打率.309
やはり打率が2分違うとかなり印象が違う。しかも松本の方が打席数が多い。どちらが2番打者として相手にとって嫌な選手か。答えは簡単だと思うのだが。

今日の負けは点の取られ方が悪く、ものすごく苛立ったが、松本を使ってなかった事が確実にオレの怒りを増幅させている。

最終回、代打で登場した松本が藤川球児の速球をいつもの様にカットし続けている姿(結局は一ゴロで凡退)を見て、こう思った。原さん、スタメンで使ってやってくれよ。

ダウが強い

不当に。故に落とし穴の予感はつきまとう。


金曜日、利益確定をした。
住友信託銀行(8403)で30,000円。オレは住友信託銀行との相性が良いらしい。利益の大半はこの銘柄の売買によってもたらされている。全部は売らず、半分は継続保有にした。

アメリカシティグループ傘下の日興アセットマネジメントの買収と、発行価格1,000円での優先株(社債型で普通株式には転換しない)の発行の決定。この2つが株価上昇要因になると踏んだ。現在の株価は518円。そんな状況で1,000円で買うメリットなんてあるのだろうか。素人にはよく分らない。

もう1つ。双日(2768)。ついに売った。強気で難平買いし、一時期は結構含み益が出ていたのだが、売り時を逃し、マイナスへ。ようやく価格が戻ってきたが、劇的な上昇は期待できそうもないので手放した。利益は1,000円。

以上、残91万円

三菱マテリアル(5711)を再度、買い戻した。先週売った時よりも下がっていたので、思わず手を出してしまった。この反射的な買いが吉と出れば良いが、どうだろうか。

日経平均の上昇と共に、膨れ上がっていた含み損も順調に解消されてきた。決算が好調だった三井住友FG(8316)にかなり期待している。

待ちに待った

昨日、夕方、携帯に知らぬ番号からの着信が残っていた。ついに来たかという感じ。予想が当たっていれば、吉報に違いない。

その後、午後8時過ぎ、みんなで飲んでる最中、再度着信。座席は十二分に騒がしかったので、トイレの前まで行き、電話に出た。

御徒町の老舗サイクルショップ「ハクセン」からだった。予想的中。予約をしたのが5月下旬、この知らせをどれほど待った事か。

「tさんの携帯でよろしいでしょうか?」
「はい」
「ハクセンと申します。ご予約して頂いていたLOUIS GERNEAR(ルイガノ)のLGS-TR1の組立・調整が終わりましたので、ご都合のよろしい時に取りに来て下さい」

この時点で、本日土曜に取りに行くと決めた。欲しいモノが手に入る直前に、こんなにも高揚感を覚えるのは久しぶりだ。初めて原付が納車になる事が明らかになった時も同じ感情を抱いた気がする。

自転車に詳しくないので正しい表現か分らないが、街乗り用のクロスバイク。多分。

軽快と言われる乗り心地を存分に堪能しながら、早速東京の街を流してみようと思う。

夕方からは大宮夏まつり。オリジナル法被を来て神輿を担ぐ予定。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ