« ダウが強い | トップページ | 090711 チカセン7 美醜ナイト »

2番センター松本

原辰則は現時点で既に名将である。オレが見てきた読売巨人軍監督の誰よりも優れていると思う。

育成選手や若手の積極起用は非常に評価できる。生え抜きを若い時からしっかり使いつつ育てていく事は、長い目で見れば、かつての様に手当たり次第、他球団から強打者を引っ張ってくるよりも遥かにチームにとってプラスだ。

つまり、原さんの采配には基本賛成なんですが、最近どうにも納得いかない事が。変則天秤打法風バッティングでお馴染みの松本の起用についてである。

時々、スタメンを外す。今日の阪神戦もスタメンから漏れていた。これはおかしい。ちなみに松本に代わってセンターに入ったのは鈴木

松本は、本当に良い選手だ。厳しい球が来てもカットで粘りに粘って、最終的には甘い球を確実に上から叩いてヒットにしてしまう。その打撃以上に守備と脚が魅力である。つまり、鈴木の特徴とほとんど同じという訳だ。

それならば結果(数字と言い換えても良い)で判断するべきだと思う。
鈴木 打率.264(155-41) 盗塁13 得点24 出塁率.325 長打率.297
松本 打率.283(194-55) 盗塁12 得点34 出塁率.332 長打率.309
やはり打率が2分違うとかなり印象が違う。しかも松本の方が打席数が多い。どちらが2番打者として相手にとって嫌な選手か。答えは簡単だと思うのだが。

今日の負けは点の取られ方が悪く、ものすごく苛立ったが、松本を使ってなかった事が確実にオレの怒りを増幅させている。

最終回、代打で登場した松本が藤川球児の速球をいつもの様にカットし続けている姿(結局は一ゴロで凡退)を見て、こう思った。原さん、スタメンで使ってやってくれよ。

« ダウが強い | トップページ | 090711 チカセン7 美醜ナイト »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2番センター松本:

« ダウが強い | トップページ | 090711 チカセン7 美醜ナイト »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ