« 凡戦 | トップページ | 終わりゆく黄金週間 »

第17戦

結論から言うと、連勝ストップとなりました。いつかは止まるものなので、まあしょうがない。それよりも、この次のレースが大事。


本日より春のGⅠ6連戦が始まる。

初戦は古馬の長距離戦、天皇賞。絶対的存在がおらず混戦模様。7連勝への道は非常に険しい。

最初に、浅草キングスを疑う事から始めたが、京都は[3010]、本番の結果に直結する阪神大賞典も勝っており、さらに調教内容も抜群と死角は見当たらず。すんなり軸で良いのかも知れないが、ここ一番で弱いのがこの馬。対抗とした。

夢旅行は距離が厳しいので切り。ジャガーメイルは追い込み届かずと踏んだ。光風笛は、3着以内無しの大外の呪いにやられると予想。

◎モンテクリスエス
2走前、ダイヤモンドSでのレコード勝ちが光る。スタミナ勝負なら勝ち負けになる。鞍上は2週連続2桁着順の天才武豊だが、天皇賞には滅法強い。鮮やかな復活劇、天才に相応しい筋書きだ。

〇浅草キングス
四位はひそかに天皇賞で連対経験無しだったりする。

▲アルナスライン
菊花賞2着以来、買い続けてきた馬。展開も向きそう。好位からの競馬をお願いしたい。

△スクリーン英雄
このメンバーなら外せない。

△マイネルキッツ
軽視され過ぎ。この安定感は買える。距離延長もプラス。

△禅の良木
実力は落ちるが穴狙いで。

単勝
15
馬連
15-2,4,10,16,17
複勝
2,10
3連複BOX
4,15,16,17

予想メールはこう送ったのだが、最後に買い目を変更した。複勝の2,10のオッズが思ったよりも低かったので、買うのを見送り、よくよく考えたら来そうだと感じたアルナスラインから流す事にした。

馬連
4-15,16,17
これと差し替えた。


結果は1着マイネルキッツ、2着アルナスラインとヒモ同士の決着に。本命モンテクリスエスが見せ場なく撃沈したので、完全なる敗北となった。GⅠは全勝中だったが、それも天皇賞で終了。

松岡の騎乗は見事だったと思う。臆する事無く内々をロスなく進み、直線でそれが結実した。穴馬の勝利は、騎手のリスクを恐れない思い切った騎乗によってもたらされる事が多い気がする。

« 凡戦 | トップページ | 終わりゆく黄金週間 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17戦:

« 凡戦 | トップページ | 終わりゆく黄金週間 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ