« 野菜パック | トップページ | 第14戦 »

第13戦

産経大阪杯(4月5日)。

先日、桜の満開宣言がなされた。来週末には大半が散ってしまうだろう。儚い。だからこそ日本人は花見をするのだろう。

超豪華メンバーが揃った。有馬記念依頼の深空、ゴッホに、春の重賞で好成績を残して実力馬達が挑む。

◎深空
実力は抜けている。問題は59㌔の斤量か。連には絡むだろう。

〇夢旅行
前走の、馬込を割って伸びた走りに強さを感じた。好勝負できる筈。

▲サンライズマックス
期待してる馬なんで。

△ヴィクトリー
最近、復調傾向にある。単騎逃げ、そのまま残るパターン期待。

△マツリダゴッホ
有馬記念の最低のレースを払拭できるか。先行できなかったら終了です。天才武豊の腕の見せどころ。

馬連
11-1,3,5,8

1着夢旅行、2着深空で的中。期待し続けた夢旅行が見事な勝利を収めてくれたのは良かった。深空は負けて強しの印象。2㌔の斤量差を感じさせなかった。今年の主役候補である事は間違いない。


中山メインのダービー卿チャレンジT。ハンデのマイル戦だけに超難解。

◎タケミカヅチ
〇昭和モダン
▲マイネルファルケ
△マイネルスケルツィ

1,2,4,12の馬連BOX。
4の単複。

1着タケミカヅチ、2着マイネルファルケ。本命1着の完全的中。タケミカヅチもクラシック戦線以前からずっと買い続けてきた馬だったので、こちらも非常に嬉しかった。

3レース連続的中と好調をキープ。今年のオレはちょっと違うぜ。

« 野菜パック | トップページ | 第14戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13戦:

« 野菜パック | トップページ | 第14戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ