« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の27件の記事

復縁

景気後退もここまで来たか。今週、日経平均がバブル後最安値を更新する事態となってしまった。

保有銘柄は軒並み下げ、含み損は膨らむばかり。取り返しのつかない金額に到達している訳じゃないのが、極僅かな救いだろうか。

この展開を受けてか、三菱商事(8058)の株価が一気に下落した。気付けば、当時買おうと思っていた株価より下げているじゃないですか。寄付で1,200円を割っていた。

速攻で注文を出すと、瞬時に約定に至った。さすがに一流商社、出来高が違う。手数料込で1,202円となった。

中期1,600円が当面の目標。過度に下げているという印象があるので、強気に目標値を定めてみました。

カゴメ(2811)が復調気配を見せているぐらいで、他はサッパリだね。

各銘柄がこのまま下げ続けるならば、損切りのタイミングが重要になってきそう。激しく自信無し。そうならない事を願いたい。

松井秀喜

契約最終年の年。膝の不安から指名打者での起用を示唆されていて、バット1つで勝負しなければならないかも知れない状況。そんな逆風に見事打ち買って、日本最高レベルの打者の力を見せつけて欲しい。大好きな選手なので、極東の島国より応援しております。

昨日、筋トレ回数が、その松井秀喜の背番号と同じ数字55回を迎えた。つまりは、2009年に入り、早くも55日が経過したという事だ。風が語りかけます。早い、早過ぎる。

筋トレはしっかりと続けている。自分でも意外だが、この回数を1度も膝をつかず連続して行う事ができている。果たして、いつまで続くか。『昨日できた事にただの1回プラスするだけだ』というのが拠り所だが、それがいつ破綻するか、楽しみでもある。今の感じだと、プラス12回くらいは何とかなりそうかな。

先日、シャワーを浴びる時、鏡で己を見てみた。おお、胸筋がついてきた。ような気がする。腹はね、見なかった事にした。

まあまあ、そんな簡単に筋肉なんてつかんですよ。ま、あせらず、腐らず頑張りますよ。


BGM
METALLICA/Fight Fire With Fire
METALLICA/Ride The Lightning
METALLICA/Escape
METALLICA/Creeping Death
METALLICA/To Live Is To Die

適性

ある男がいる。

その男は某コンビニで働いており、歳は30半ばくらい。品出しや陳列の方法について、バイト店員のみなさんに厳しく指導する姿をよく見かける。

コンビニの組織事情に明るくないので、社員かどうかは不明だが、とにかくバイトを取り仕切る立場である事は明白だった。バイト店員がその男に、様々な質問をぶつけると、彼は即座に、しかも的確な答えを返してくれるのである。

そんな現場監督と同じ様な存在である彼も、そこそこの頻度でカウンターに立つ。

しかし、しかしである。彼の接客態度は誠によろしくないのだ。基本的に、ぶっきらぼうで、心がこもってない対応をする。しかも、活舌が悪く、何をしゃべっているのか聞き取れない。

心地良い接客かと問われれば、多くの人がNOとうい言葉を突き付けるだろうと思う。

個人的には全然ダメだと思う。オレは過剰接客を鬱陶しく感じるタイプだが、雑な接客も同じくらい鬱陶しく思ってしまうのだ。普通に、丁寧に接してくれるのがベストだ。

彼の名誉のために言っておくと、レジ打ちその他のスピードは一級品。

コンビニ店員の基本行為とも言える「接客」がしっかりと出来ない人に、やんややんや言われるのはどうなんだろうか。説得力が多少なりとも失われてしまう様な気がする。

例えば、あくまでも例えの話だが、経理部で働いていた場合、経理のイロハが実際のところよく分かっていない上司に色々と難癖つけられるという事が起きた時、確かに自分なら納得できないかも知れない。おっと、口が滑った。

先日、その男を見ていて、こんな考えが浮かんだ。

これはもしかしたら、「適性」の問題なのかも知れない。あの男は接客は、からきしだが、現在の店の状況をチェックし、商品を管理する能力やバイトをマネジメントする能力に長けているのだ。こう考えられなくもない。

オレの推測が正しければ、彼は自分に適したポジションを与えられ、能力を発揮しているという事になる。

そうなんだよ。適性なんだよ。そう思った。オレはこの時、自分の会社の状況に頭を巡らせていた。

「営業会社だから(しょうがない)」
この言葉を何度言われたか。

営業の長>>間接部門の長
こんな社風。営業が出来ない人間が間接部門に所属するという悪しき概念が渦巻いている。もちろん全員がこう思っている訳ではないだろう。だが、悲しいか、その流れは確実にある。それが証拠に、間接部門の長たる人が、明らかに営業の長に引け目を感じているのだ。

完全に「言い成り」になっている様に見える。彼は現場の人間が感じる理不尽な思いなど一切見えていない。彼等の顔色ばかり気にしている。何故、そこまで気を遣うのか全く分からない。

だって、これだって適性の問題でしょ。営業の適性、内勤の適性がある。

オレはストライカーじゃないから売上という名の点を取る事はできない。だが、得意なディフェンスは精一杯やって勝利に貢献してますよという話。それぞれの選手が与えられた役割をしっかり果たす事によって勝利に結びつくんじゃないですか。

うちの会社に置き換えれば
得点を挙げる奴がとにかくエライ。ディフェンスなんて誰にでもできる。

違うよ、絶対。ディフェンスも、適性の無い人間にとってはかなりの苦痛だぜ。

まあディフェンスのポジションにいるのに、守備を怠り、ルーティーン業務を妨げる奴なんて最悪だ。内勤の適性がないんだったら、とっとと優遇特典があるオフェンスに回って、少しでも良いから得点を挙げて来て欲しいものです。


先日、コンビニに行くと、ぶっきらぼう男が奥にいたスーツ姿の男に呼ばれていた。
「ちょっと話が。5分だけ時間下さい」

ぶっきらぼう男はカウンターでは見せた事がない慇懃な態度で、スーツと話していた。

それを見てオレはこの男がもっと嫌いになった。

客にやれよ、それを。

第7戦

2月S。大和スカーレットの回避・引退は至極残念だが、豪華メンバーが揃った今回は正に、本当の意味で砂の王者を決める戦いになった。

さて、予想だが、とりあえず7、8歳馬は全て切る。2強が含まれているのは承知。もういいでしょという感じ。長州力が初めてアントニオ猪木を破った時のような熱狂を期待したい。

★バンブーエール
軽視されすぎ。

★キクノサリーレ
東京マイルを制した馬ですよ。舐めたらあかんと思います。

★エスポワールシチー
調教が絶好調だったらしい。逃げで粘り込みそう。

★カジノドライブ
前走、圧倒的な勝利。強い。気持ちは本命

★サクセスブロッケン
買い続けておりますから。そろそろ勝っても。

ヘタレなので、
5,8,12,14,15の馬連5頭BOX。

ひそかにアドマイヤスバルの複勝も。


サクセスブロッケンを買い続けて来たオレは喜びも一入(ひとしお)だね。3重賞、完全的中でした。それにしても驚いた。ヘタレ競馬男にとってみれば快挙中の快挙。一方で、まだ原点には至らないとう悲しさもあるが。それはこの際、考えない事にする。

来週は舞台変わりで、またもや3重賞。4周連続的中なれば本物だ。

第6.5戦

京都記念

◎浅草キングス
得意の京都なら巻き返しある。前走大敗につき馬券的妙味も。

○桜メガワンダー
充実度が違う。勝ち負けは間違いない。

▲アドマイヤオーラ
京都の実績が抜けている。相手関係を考えると厳しいと思うが、それでも信じてみる。

△川上姫
調教が相当良いらしいので。

馬連
9-6,7,11
単勝
9

完全的中。堅いが、買い目を絞って当てた事に大きな意味がある。


クイーンカップ

ミクロコスモスが圧倒的人気になるだろう。今週は単勝2倍未満の武豊には逆らうなという格言に逆らってみた

◎ダノンベルベール
阪神JFではブエナビスタに0.4秒差。強いよ。

○ディアジーナ
前走、菜の花賞は3馬身つける圧勝。重賞でも好勝負必至。

▲パールシャドウ
フェアリーSは不利を受けての結果なので、度外視。絶好の状態という情報に乗せられてみた。

武豊のミクロ宇宙は思い切って消し。

1,9,11の3頭馬連BOX。

こちらも的中。

珍しく流れが来ているという実感がある。これで3週連続的中。

ただし本番は明日の2月S。ここを当てなければ意味がない。

ドルアーガの塔

今、無料オンラインゲームをやっている。

久し振りのゲームだが、かなりハマっている。そもそもオンラインゲーム自体をやった事が無く、キーボードを使用してのやり取りに対して、かなりの抵抗感あったのだが、やってみると実に面白い。

MSNメッセンジャーやりたての頃のあの感じだね。会話もできて、ゲームを一緒に攻略できる、一粒で二度美味しい。

現在LV9とまだまだ序の口だが、もう少し強くなったら、パーティーを組んで塔の内部を探索してみたいなと思っております。

舵が取れない

2月の中旬には組織の陣容が固まるという事前の予定は、やっぱりと言うべきか、後ろ倒しとなった。

いつもの事なので、そこまで驚きはしないのだが。

色々な人の思惑が絡み合うので、そう簡単には決まらないのは理解できるが、それにしても遅いね。

現在の様な状況となっているのは、諸問題が生じた時に、瞬時に決断できない体制である事が、少なからず影響していると言っても過言ではないと思う。

ここの所、ずっと役員が役員同士、しかも2人切りで会議室やら応接やら社長室やらに籠って、なにがしかの打合せをしている。役員会があるんだから、そこで全員で議論すりゃいいのに。

とりわけ、管理部門を取り仕切っている役員はポジション柄、相談を持ちかけられる事が多く、離席、戻ってもすぐまた離席の連続。THE調整役。

全員の意見を個別に聞いたところで、それを全て反映させるのは無理じゃん。調整役がもはや調整し切れてない感じ。影響力の少なくないGOD様もいらっしゃいますしね。大変だ。

結局、あれですよ。船頭多くして船が山に登ってるんだよなあ。従業員数を考えると、事業部門数、つまりは、その事業部門を仕切る人間が多過ぎるよ。明らかに。あんなにいたら、組織変革をする際、揉めるに決まってる

組織変革やるんだったら、まずはそこから手をつけなきゃダメじゃねえ?

「組織と言うものは効率的に振る舞わないものだ」
という格言通りだ。

本日の部会で、今後もかなり厳しい展開になるであろう事は伺い知れた。さて、4月の変革はどうなるのだろう。

自分の異動は無いと高を括っているが、その考えが甘いのかも知れない。何せ今は100年に一度の経済危機。何が起こってもおかしくはない

3月頭、全体発表時に、オレを含め、涙にくれる人が出てこない事を祈るばかりである。

低調

全然ダメだ。

遠い昔、絶対的自信を持っていた「金の成る木」は一時期の急落を回復し、原点まであと少しという所まで復活したが、おそらく永続的に伸びていくのは厳しいのかなと思い始めている。もし原点を超えて、良い感じになったなら一度売りに出してみる事に決めた。

鉱業銘柄こと三井鉱山(3315) 東証1部 は泥沼。塩漬け確定となった。まあダイナシティの様に倒産して資産価値が失われる事はないと思われるので、気長に待ち続けてみよう。

宇部興産が下限でもみ合っていたが、ここ最近、ついにヘタれた。持ち直せるか。今日から数日の値動きが重要になってくる。正に剣が峰。痺れるねえ。

購入を見送ったイリソ電子工業は、ナメクジが這う様なチャートとなっている。元々、出来高が少ないので、値動きは少ないのだが、それにしても淡白である。やっぱり買わないで良かった。

もう1つの面白名前銘柄ブラザー工業も全く同じ動きをしている。オレの目利きの不確かさを示す話である。

今の経済情勢は思春期の尾崎豊くらい不安定だ。やれやれだ。

発売延期

ドラクエ9の発売が延期されてしまった。その理由が油断とは。

何だよ、それ。期限内に「ちょっとした物語」を完成させなかったオレか。SQUARE ENIXの開発はオレレベルかよ。アマチュアじゃねーんだからさ、ちゃんとやって下さいよ。それで飯食ってるんでしょ。子供達や多くのドラクエファンを期待を裏切った罪は重いぜ。

この言葉を捧げたい。
『怒るというより、笑っちゃうくらい、ただただあきれてる』

来月末からドラクエの世界にどっぷり浸かろうとしていたのに、それが無理になっちまった。

嗚呼、Metallica聴いて寝よう。

第6戦

朝まで飲んで、ちょっぴり頭が痛い。馬券を当てて気分爽快といければ。

ダイヤモンドS
★エーシンダードマン
実績十分にしてダンスインザダーク産駒。鞍上もウチパク。ハンデ53㌔はおいしい。

★ウォーゲーム
長距離と言えば横山典。データを見るとホントに凄い。関東初輸送が不安。

★竜炎
芝転向2戦目。前走で芝適性は有ると判断できた。結果が出てもおかしくない。

★モンテクリスエス
本命にするか迷った馬。スタミナ勝負なら。

★BBファルコン
迎春S組は軽視できない。

すんなりフローテーションが最もつまらない展開。

軸さえも決め切れずのヘタレ予想。
4,5,7,9,16の馬連5頭BOX

モンテクリスエス、エイシンダードマンの2頭軸の3連単も買い目までは考えたのだが、それを買うくらいなら、馬連に上乗せしようと思い直し馬連のみで勝負した。

カスリもせず。完敗だった。

ブレーヴハートはサンスポで目調教馬第2位になっていた。注目調教馬はそれほど当てにならないという印象なのに、時々穴をピタリと当てたりするので本当に扱いに困ってしまう。この注目調教馬はエイトと全く同じらしいです。

ちなみに夕刊フジにも全く同じ表記で注目調教馬が3頭が書かれているが、こちらはエイトとは違う3頭が書かれている。


きさらぎ賞
リーチザクラウンで間違いない。京都は3走前に12馬身ちぎった舞台。結果だけでなく内容も求められる。

単勝7(厚めに)
馬単7-3,6,10
3連単
1着7固定-3,6,10

こちらは的中。

1番人気、2番人気同士の決着だったので、やはり薄利。金に余裕があれば単勝に諭吉さん突っ込んでたと思う。こんなところで負ける馬じゃないですよ。ともあれ、2周連続の的中。この流れを維持したいもんですね。

次週は2009年最初のGⅠ2月S。他に京都記念、クイーンカップ。金銭的に厳しい時期に3重賞とは。巡り合わせが悪い。

疲労困憊

昨日、夜10時に大宮東口で待ち合わせをし、中学の同級生と朝4時30分過ぎまで飲みました。開始時間からも分かる様に、もちろん6人全員未婚者。雇われ管理人であるいのっちさんに会ったのは本当に久しぶりだった。

同級生同士、シリアスな仕事の話から、下の話まで様々な話を長時間語り合う。こういうグダグダな感じの飲みは個人的には好きだ。また、飲みましょう。

それにしても最近、本当に飲んでいる。健康面、金銭面双方がなかなかにヤバイね。

始発まで粘って、そのまま大宮から帰宅する予定だったのだが、眠過ぎてタクシーで実家に帰らざるを得なくなってしまった。飲みの途中で、耐え切れず眠りに落ちてしまう事態になったのは久し振りな気がする。若い時とはちょっと違う。30手前である事を実感。

腕立てはサボリです。

昼、起きて競馬。朝まで酒飲んで、翌日競馬。ホントどうしようもねえなあと思う。

きさらぎ賞、リーチザクラウンを絶対視したので、単勝、馬単が的中。2週連続で重賞を獲る事に成功した。徐々に流れが向いてきたかな。色気を出さず、単勝2倍未満の武豊には逆らうなという格言に従って良かった。回収率は39.22%まで回復した。目標は果てしなく遠い。

WINS常連の老人は、10,11,12Rの計9レースで万馬券を4回も獲っていた。羨まし。当てる人は当てるんですね。

調子に乗って12Rをやって利益減少。帰宅して今に至る。

結局、週末でやろうと思っていた事をほとんどやってない。洗濯はやってないし、革靴の補修にも出さなかったし、スーツ・シャツも買ってない。勉強も進まなかった。週末は悔しいぐらいに一瞬で過ぎ去っちまう。何もできやしねえ

ニュースで見たのだが、G7後の中川財務・金融相の記者会見が酷い事になっていた。職務を舐めているとしか思えない。

さて、今から料理して夕食を食べようと思う。食後は筋トレだ。そうそう、昨日、池袋の東急ハンズで約40kgのハンドクリップを買ったので、今日からは握力強化もメニューに加える事にする。

考えさせられた

新宿ピカデリーにて映画を見た。前日に、神田のチケットショップで特別前売券を1,270円で買う気合いの入れ様。絶対に見ようと決めていた作品だった。

誰も守ってくれない★★★★☆
踊る大捜査線の君塚良一が、「加害者家族保護」というおそらく扱われた事がなかったであろうテーマに果敢に挑んだ社会派映画。敢えてだと思うが、この作品には被害者側の理不尽な怒り、加害者の反省の念などは一切描かれていない

18歳の少年が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕される。東豊島署の刑事勝浦(佐藤耕一)は少年の15歳の妹、船村沙織(志田未来)の保護を命じられる。マスコミや世間の目から逃れるために、2人の逃避行が始まる。簡単に言うとそんな話。

犯罪加害者家族保護マニュアルに従った迅速な行動の数々は驚きだった。

夫婦はすぐさま離婚手続きをし、すぐに婚姻。夫が妻の戸籍に入り、家族の苗字を妻の旧姓に変えるためだ。さらに沙織の就学義務免除の手続きが行われた。その後、家族は各々、警察の管理下の元、離散させられる。

実際に、こんな事が行われていたとは全く知らなかった。

少年犯罪、家族崩壊、ネタがあれば、それに食いつき、深く掘り下げず表面だけをセンセーショナルに煽り立てるマスコミ、ネットの暴走。現代社会が抱える闇の部分が描かれる。とりわけネットの暴走がメインテーマとなっていたのかなと感じた。

一瞬にして暴かれる個人情報。匿名である事を理由に繰り返される個人への誹謗中傷。今更ながらに恐怖を覚えた。劇中の台詞を借りるなら『背筋が凍る』と言ったところか。

『税金を使ってまで、警察は加害者側を守るのか』
この言葉に色々な事を考えさせられた。裏を返せば、そうまでして守らなければ、言葉を含めた様々な「暴力」によって加害者家族の人権はいとも簡単に踏みにじられてしまうという事だ。自殺をしてしまう加害者家族も少なくないらしい。悲しいが、それが現代社会の実態なのであろう。

シリアスなシーンの連続で、鉛の様に重い空気に覆われていたが、微かな希望を抱かせるラストに救われた。沙織には、真っ直ぐに強く生きて欲しいなと思いました。


志田未来の演技力に感動した。以前は、他の女優と違って「普通の人を普通に演じられる凄さ」があるくらいにしか思っていなかったのだが、そんなレベルでは無かった。目線の演技が上手過ぎる。不安と不審に満ちた雰囲気を完璧に表現していた。

ペンションに向かう途中、道路の向こうに広がる海を目にした時の表情の変化が印象的だった。

佐藤浩一も期待通り。

準MVPはクールな若手刑事を演じた松田龍平。カッコ良かったし、存在感が素晴らしかった。

佳作です。映画館はガラガラだったが、オレにとっては相当面白い作品だった。

久しぶりの再会

昨日、ITさんと共に、転職した先輩のMtさんと飲んだ。

息子さんはもう3歳になられたそうで、時の流れの速さを実感した。

転職先は居心地良いですか?という質問を投げかけたら、そうでもないという言葉が返ってきた。

聞けば、直属の上司が性格最悪の人だからとの事。他部署からの評判も総じて悪いのだが、頭が良く、上からは認められているという核爆弾ばりに凶悪なタイプだそう。話すと苛立つので、日常触れないようにしていると言っていた。

合わせて、
「離れてみて知ったけど、某代理店(現在のオレの会社)は相当風通し良いよ」
と語っていた。

「風通しが良いって言っても、話を聞いてくれたとしても、こっちの主張・提案がほとんど採用されないので苛立ちは感じますけどね」

Mtさんは、上場企業と中小との相違点についても言及していた。

Mtさんの今の会社(某上場企業)は、経理なら、他部署から上がってくる書類を、規則に則って流すのが主な仕事となっているらしい。セクションの細分化が進み、ある部署は与えられた仕事のみを効率良くさばくだけ。悪く言えば、その大きさ故に、人のみならず部署そのものが歯車と化しているという訳だ。

一方、中小では自ずと1人が様々な仕事を行わなければならない。会社によって程度の差はあるだろうけど、この部の仕事は「これ」という明確な線引きがないので、部署の垣根を越えて仕事を行う事も珍しくない。むしろそんなの普通。やり方次第では、自分の裁量で色々な事ができる、かも知れない。ま、そんな簡単には行かないんだけどねえ。

上場企業には企業の、中小には中小の良さがあるという事。

その他、下らない話などなど。終電間際まで飲みました。

先週から本当に飲み過ぎだ。

ニュースあれこれ

・15秒ルール
まず、このルールについて説明。走者なしの際、捕手からボールを受け取った投手が15秒以内に投球動作に入らないと、自動的にボールを宣告されるという規則。シート打撃の時、審判にこのルールを適用され、ダルビッシュが激怒した事で話題になった。

正直、このルールはどうかと思う。合理的じゃない。ダルビッシュが主張した様に、マウンドにあるロージンバッグに手を触れようものなら、サインに首を振る時間さえ与えられないという事になってしまう。どう考えてもおかしいだろ。自分から様々なサインを繰り出していた槇原なんかは完全に四球連発になっちまうね。

NPB側は、馬鹿の一つ覚えの様に、スピード化、スピード化なんて事を言っているが、スピード化をして、そんなにもメリットがあるか。疑問だ。オレは、野球を「間」のスポーツだと思っているので。

投手と打者の睨み合い、長いサイン交換の後、投手が敢えてゆっくり一息つく、打者が長いセットに耐えきれず打席を外すなどなどのスピード化を害するプレーにこそ、野球独特の美学が存在する。これって昭和の考え方なのかも知れないけどね。

少なくとも、以前から15秒ルールが存在していたならば、野茂―清原、伊良部―清原のあの息の詰まる様な名勝負は決して生まれなかったという事になってしまう。やっぱりどう考えても反対だ。


・大和スカーレット故障。2月S(実質ドバイ遠征も)回避へ
残念無念。松田国調教師の心境、察するに余りある。最悪の場合、引退して繁殖入りするかも知れないという情報さえある。レースでは完全無欠の女傑も、怪我には勝てない。ただただ、奇跡の復帰を期待したい。

・MR.BIG、オリジナルメンバーでの再結成が決定
実に13年振り。この記事を見た時、年甲斐もなく、胸の高鳴りを覚えてしまった。オリジナルアルバムのリリースについては未定との事。出して欲しいなあ。6月のLIVEはまあどうでも良いかなという感じ。


・ケチな男がモテる!新時代到来(週刊SPA!)
にわかには信じ難い話だが、どうやらそういう流れも少なからずあるらしい。そんなバカな。オレは反対派。男に見栄を張らせて下さいってなもんですよ。敢えて無理したい時もあるんだよ。

オレは奢られベタな女子(男子もだけど)は嫌いですね。頑なに拒否されると非常に困ってしまう。でも、奢ってもらうのが当然という態度の人はもっと嫌い。

「ありがとう。今度は私(オレ)が出すから」とか笑顔でサラリと言ってもらえると最高。


BGM
MR.BIG/Nothing But Love
BON JOVI/Something to Believe In
CHATMONCHY/恋愛スピリッツ
Mariah Carey/All I Want For Christmas Is You
Daniel Powter/Bad Day
はなわ/佐賀県

人混みに疲れる

Bruno君が帰った後、昨日アップされたラジオをダウンロードして聞いてみた。

オープニングのジングルがしっかりと作り込まれている所にちょっとした感動を覚え、さらに編集のつなぎの上手さに感心させられた。違和感ゼロ。その仕上げには満足。ブログサイトの容量制限の関係上、カットになった部分もある。いつかその話を使えれば良いかなと思っております。

聴き終えた後、日本橋へ。日本橋で定期の更新を行い、一瞬で2万の金が飛んだ。最近、金使ってばっかですわ。逆に昼飯にいつも以上の金を使ってやろうと意気込んだ。

COREDO4階、「平田牧場」の手ごねメンチ善(1,300円)にする。

この店では最初に、胡麻をするために、すり鉢とすりこぎ棒が出される。店の流儀に従うなら胡麻をすらねばならないのだ。両隣、真後ろにいた客みんなが、無言で懸命に胡麻をすり潰している。何とも滑稽な風景だ。

すり潰した胡麻に、備え付けの辛味味噌ガーリック風味のソースを注ぐ。胡麻ソースの完成だ。この他に、岩塩ももらえるので、好みでどうぞという感じ。オレは岩塩には目もくれず、胡麻ソースを使用。これが物凄く美味。さすがに4桁の店だと頷ける。

ご飯とキャベツをおかわりし、十分に堪能する。

日本橋丸善に行き、証券外務二種の問題集を購入。

行きつけのEXCELSIORに行って、早速やってみる。思ったよりも全然できねえ。テキスト一読の効果の薄さを知る。まあそれで全て暗記できたら苦労はない訳で。

kakechikoよりラジオの感想について書かれたメールが来る。素直に喜ぶ。自分としては、改善の余地が有りまくるので、少しずつでも良くしていければと思う。

隣の老夫婦がお互いの事を、『お父さん』、『お母さん』と呼んでいたのが、気になった。いやいや、あなた方は「夫」と「妻」の関係ですから。ツッコミたくてしょうがなかった。昔から言っているが、そんな夫婦にはなりたくないね。いつまでも名前で呼び合わないとダメですよ。もう1つ、夫の事を、苗字プラス君付けで呼ぶのも断固反対したい。お前もその名字ですから。そんな夫婦にはなりたくないね。

45分くらいで飽きたのと、店内が異様に混雑してきた事もあって店を出る。そのまま銀座線で上野広小路へ。御徒町の激安スポーツショップにランニング用のウエア、シューズを買うためだ。

アメ横に行くと、人が溢れていた。なぜ、こんな場所にこんなたくさんの人が集うんでしょう?にわかには理解できなかったが、歩き辛くて、ただただ鬱陶しかった。

歩きながら、多分不景気だからだなと一人、納得していた。アメ横で売られているモノは「普通の価格」より格段に安い。出来るだけ安いモノを買う、これは懐が寂しい時は誰もが考える事。雑踏にアメ横のパワーを見た気がした。

スポーツショップに辿り着いた。やっぱり安い。無造作に段ボールに入ってる商品は1,050円均一。こんなんで利益出んのかな。

安かったが、何も購入しなかった。というのは、余りに安いモノを買ってしまうと、簡単に走る事を止めてしまう可能性があるから。弱い人間はそれなりに身銭を切らないと本気になれないんですよ。

ミリタリーショップ中田商店(2店舗)をのぞく。フランス軍の青ジャージに魅かれたが、サイズが合わなかった。残念。あれば迷わず買っていたのになあ。

暇だったので、そのまま中央通りを歩いて久し振りに秋葉原へ。この街も人波が絶えなかった。駅前には依然としてメイドさん達が一杯いた。

何故だろうか。彼女達はオレにビラを渡そうとしない。実際、本当に興味ないんだけど、それを瞬時に見抜かれる理由がイマイチ分からない。メイドとして、日々奉仕しているうちに自然と鋭敏な感覚が身に着いたのかも知れない。などとアホな事を考えたりした。

相変わらず外人さんが多かった。免税店が一杯あるしね。電気街の色合いは年々薄れていく。時の移り変わりと共に、街も姿を変えるという事ですね。

その後、神田まで歩いて電車を乗り継いで帰宅。

勝利を期待してオーストラリア戦に備えたのでした。やっぱり1日休みってのは短いと実感。そんな祝日。

090227 チカセン1 初回ナイト

初回分アップしました。

リンクにある「チカセン」へ飛べば、ダウンロードできます。

私目の生の声を聴けますので、聴きたいという特殊な方がおりましたら聴いてみて下さい。

様変わり

シャノアールで、大好きなCHATMONCHYの1stを聴きながら、100分くらい証券外務二種のテキストを流し読みをした後、帰宅の途へ。

強風が恐ろしく冷たい。寒さは全てのやる気を削いでいく。これだから冬は好きじゃない

閉店時間が近づいてきたキッチンシェフで、割引された弁当と、千切りキャベツ(大量)を買った。それにしても50%オフの威力は凄いと実感する。夜遅い時間のスーパーの残りモノが最もコストパフォーマンスが良い。家と逆方向ってのが痛い。

帰宅し、エアコンをつけ、dynabookの電源を入れた後、REGZAのスイッチを押した。

画面には、「行列のできる法律相談所」。まともに見るのは久し振りだった。

以前にも増して、島田伸助アワー色が強くなっている。法律の影は、酒井敏也の髪の様に薄く、もはやトーク番組である。企画も法律とはほど遠いもので、番組開始40分くらいまでなら、向こうに座っている弁護士軍団が蝋人形でも問題無かったと言える内容。

法律相談をやるからこその番組名だと思うのだが。視聴率至上主義の弊害だよなあ。数字さえ上がれば何をやっても良いという姿勢が充満している。制作側の意地みたいなもんが見えないのが残念だ。

そういう意味では、テレ朝の「素敵な宇宙船地球号」などはラジカルな要素は薄いがブレがなく好感が持てる。良い番組を作ろうという制作側の揺るぎない意志、信念が感じられ、それが画面を通してダイレクトに伝わってくる。バックミンスター・フラーもお喜びでしょう。

空前のテレビ不況。業界には、本当に良い番組はどういうものかを見つめ直す余裕なんてないのだろう。高校生は既にテレビを見捨てているなんて話も聞く。

様々なコンテンツが溢れ、一昔前と比較して選択肢が飛躍的に増えた昨今、テレビ業界もいよいよ正念場だね。

Get Sportsはオーストラリア戦直前、サッカー徹底討論。出来る事なら朝まで見たい。


BGM
DREAM STATE/CHANGE
LINKIN PARK/Numb
NICKELBACK/Rock Star
OASIS/Morning Glory
Evan And Jaron/Crazy For This Girl

まくし立てていた

ラジオ、初回分を収録しました。編集、ジングル等は全てloostAに任せている。

仕事が完成次第、遅くとも今週中にはアップされるとの事。

録音した自分の話し声をと聞いてみて気付かされた事がある。オレってかなり、まくし立てる様にしゃべるんだなと。周囲の方々からは指摘されていたが、予想を遥かに超える勢いだったので、心底驚いた。極々一部の人間が言うトーキングヘッズという呼称はそんなに的外れでもないのかもと思ってしまった。

相手を「詰める」様に話すと言われる理由も理解してしまった。そんな風に聞こえなくもない。

いずれにしてもラジオとして考えると、相当早口という印象。改善の余地大有りという気がした。声の大きさ、トーンについてはメリハリがあり、そこだけは良かったかなと。

内容は、はっきり言ってグダグダだと思う。

ICレコーダーを前にすると、もう何をしゃべって良いのか分からなくなるね。とりわけ最初の10分は酷かった。2人とも過緊張状態で、ぎこち無い事山の如し。

オレも一リスナーとして楽しみだ。もちろん恐怖の方が上回っているけど。

第5戦

共同通信杯。

◎ブレイクランアウト
詰めの甘さがあるが、広い東京では鋭い末脚を存分に活かせる。鞍上武豊も完全復活と思われるので、死角なし。

〇プロスアンドコンズ
新馬戦、ロジユニヴァースに0.1差負け、その後も勝ち切れてないが、上がりのタイムは秀逸。決め手勝負なら勝ち負け。

▲トーセンジョーダン
実績を軽視できない。

△湘南アルディ
三浦皇成に期待。上がりタイムが早く、東京は向いてそうなので買います。

△マッハヴェロシティ
東スポ杯での不利を受けながらの追い込みが凄かったので。

△名将パルマ
新馬戦の勝ち方を見る限り、東京ならまだ勝負できそうな気がする。

馬連
5-3,7,10,12,14

めでたいはずの2009年重賞初的中ながら、人気同士の決着で薄利。残念。

シルクロードS

ハンデ戦。迷った末に本命をコスモベル。不安なのでモルトグランテとの2頭軸で勝負。

馬連
11-3,5,7,8,9,16
9-3,5,7,8,16

1、3着で惜敗。岩田に恨み事。

とりあえず、連敗ストップ。今後、調子が上向いてくれればと思う。

メガバンクに夢はあるのか

本日、株式を買いました。先日挙げたリストには入っていなかった銘柄です。

みずほフィナンシャルグループ(8411)。ずっと変動を見続けていたのだが、昨日の上昇、今日の前場の動きから、そろそろいけると感じ注文を出した。速攻で約定に。チャートを見る限り、一山越えて上昇に向かう様に思えるのだが、果たしてどうだろうか。

三菱商事(8058)はさすがに今日は下げたが、ここ2日の上昇で手の届かない金額まで伸びてしまった。つまりは旨味が薄らいだ訳だ。とりあえず今回はスッパリ諦める事にした。無念だ。

いざとなったら国から公的資金を注入され保護される立場であるのに、不況感が増してくれば、容赦ない貸し渋り、貸しはがしを断行するメガバンク。自己資本比率を常に気にしなければならない立場である事は分かるが、それにしてもねえ。

融資は、その企業の発展・成長のためという建前はあるものの、実際は自分達の利益を追求しているだけ。「中小企業向け融資の拡大」なんてキャッチフレーズを見るにつけ、嗚呼、嘘くせえと思ってしまう。

そんなメガバンクに自分も口座を開いている訳で、日常生活と切っても切れない関係にある。お世話になっちまってるんです。

小市民のオレに、せめて儲けの機会をくれ。そんな気持ちを込めて株式を買いました。

仕事終了後、yuさん、mishさんと3人で非予定調和、突発的に会社の目の前にある店で飲んだ。

先週末、駅前の庄やでじっくり聞いた話ではあったが、再びその、最高に面白い、それでいて、ある部分は決して受け入れる事ができない最低な話を蒸し返されて、これをモチーフにして「ちょっとした物語」を書く事ができたなと思った。

もう少し早くこの話を聞いていればなあと残念に思った。司馬遷の言葉が重くのしかかる。

『チャンスは得難くして、失い易し』

正にそんな感じ。

話題は様々。福山雅治増毛疑惑、草彅剛増毛疑惑、あの人ちょっと芸能人に似ています、髪型、ヘアワックス、今日、部屋に帰ったら10億円が置いてあったらどうしますか?、などなど。

これは会話の持つ性質と言えるが、常に流れ、時には逆行しながら、その場所には留まらず常に姿を変えていく。

行きついた先は、酔った勢いで(時には素面でも)、何かを言い過ぎて、後にかなり凹み、反省しつつも、またその行動を何度も繰り返してしまう話であった。

yuさんはこの話に大いに同意してくれたが、mishさんは「あんまり、ないなあ」と首を捻るばかり。

その後、過程は定かではないが、些細な事でイライラしてしまうという話に。

先日もここに書いたが、オレがコンビニ等の店員のテンションが高過ぎるとイライラしてしまうと言ったら、2人からは、(要約すると)利己的だという意見を頂いた。ま、そう思わなくもない。

ただ、見境なくイライラを募らせ、空気を悪化する事によって、周囲の人にいたずらに不快感を与える様な事はしないという自負はある。

yuさんは、行きつけのスーパーの店員の動きが緩慢な事に腹が立つと言っていた。これは大いに理解できた。彼女は、何もせずにダラダラしている、そんな状況に対して結構イライラする性質である。イライラの沸点も相当低い。

時々みんなで、「お母さん」と呼んだりするが、テキパキと動く様子は、本当にどこぞの家庭の母を思わせる。

話を聞きながら「それ、スゲー分かるわ」と何度も言った。

mishさんはまたしても、「そんな事、あんまり思わないわあ」という感じ。その後、この3人の中で、自分が最も寛容だという様な趣旨の発言をしていたが、オレは全面的に肯定できますね。間違いないです。寛容でイライラの沸点が高く、さらにそのポイントがオレとはちょっと違うのかなと思う。

「ジェネレーションギャップだ」とも言っていたけど、これには納得し兼ねた。ギャップが生じる程の年の差はない。

何度目か分からない「もう30なんだし、大人になんないと」という言葉は、これまたいつもの様に身に染みた。そうなんですよね。

「まだ29ですよ」
「ちっちゃ」
この流れもまたお約束。

最後は、死後の世界を想像すると恐くてしょうがないという話に。yuさんはオレと全くアプローチが違えど、もの凄く恐いと、ここでも賛成してくれた。2人の意識の相違についてはめんどくさいので割愛する。

mishさんは、ここでも「考えた事もない。そんな事考えてるんだあ」という感じ。オレとyuさんの妙な一致。これこそが、彼女の言う所の『一癖世代』の特徴という事になるのだろうか。

店から神田駅へ向かう途中、おもむろに
「じゃあ、どんな死に方が良いの?」
と話を振られた。

良い質問なのに、既に駅目前。余裕で1時間はいけるテーマだったが時間切れ

眠りに落ちる前にちょっと考えてみようかなと思う。そんな木曜日。

その前に腕立て36回をやらなければならない。おやすみなさい。

届かなかった

米株高を受けて、日経平均は4営業日振りの反発。全面高の展開。

狙っていた三菱商事(8058)もご多分に漏れず。寄付から指値を大幅に超えていた。注文変更をして、指値を大幅に上昇させるも、株価はその値をあざ笑うかのごとく更に上昇。後場に入ってもその勢いは止まらず、一気に1,300円台に突入、前日終値から79円上げた。

1,300円台買っても旨味は薄い。押し目買いを狙うか、縁がなかったとキッパリ諦めるかのどちらかだな。もう1日早く動いていればなあ。悔やまれる。

もしダメだったら、どうするか。こんな銘柄を狙っています。
石井表記(6336) 東証2部
住友金属工業(5405) 東証1部
イリソ電子工業(6908) JASDAQ
ブラザー工業(6448) 東証1部

後ろの2つは、名前からして面白い。それは偶然で、オレがオレなりに考え抜いて、辿り着いた銘柄。

「金の成る木」は今日1日だけで18,000円も上げた。この値動きの激しさが面白い。さすがにJASDAQ銘柄だ。

明日も上がりますように。

1つだけ約定

宇部興産(4208)は難なく約定に至った。手数料込で200円で収まった。目標の300円まで到達すれば、単純に1.5倍。そうなると信じている。

三菱商事(8058)は買えず。明日も続けて買い注文を出す。ここで手に入れなければ、さらに上がってしまう恐怖を感じているので。明日は余裕を持って、指値を設定。これで買い落とせなかったら厳しい。メガネをかけずに会社に行って仕事をするくらい厳しい。

嗚呼、ダメだ。何だかアイロンをする気力が失われた。早起きしてやるよ。早起きは三文の得という嘘でしかない諺を今日から明日にかけてだけ信じてみる事にする。

理不尽な苛立ち

先月の売上が完全には閉まらない月頭の1日はそれほど忙しくない。閉まってからは月内で最も忙しくなるのだが。小1時間残業して退社。

中央通りを日本橋まで歩き、いきつけのEXCELLSIORへ。ものすごく混んでいやがる。近辺で働いているであろうリーマン、OLで占められていた。

夕刊フジを読みながらアイスコーヒーを啜る。スタンプ10個全て押されたカードを持っていたので、コーヒーは無料だ。格別に美味かった。足繁く通った者に与えられる特権が隠し味

経済、競馬、コラムに目を通したところで、参考書に切り替える。iPodの「metal」という名のフォルダーを指定し、轟音と疾走感を味わいながら勉強する。飽きたところで帰宅の途へ。

東西線の車中、夕食を作る気力がない事を自覚した。

自宅の裏のセブンイレブンで弁当を買う事にした。コンビニ弁当は安くない上に、美味くない。さらに、野菜が絶対的に不足するので健康にも良くない。だが、買ってしまえばかなりの手間は省けるし、空腹は十分に満たされる。そこが魅力だ。

迷う事無く「のり弁」を手にし、レジへ。見た事のない顔。新入りさんだろうか。

「いらっしゃいませ。お弁当暖めますか?」
ハキハキしてて、もの凄く元気
「お願いします」

ダメだ。オレは元気過ぎる店員に対応されるのが嫌いだ。仕事終わり、帰宅直前の状況では余計に厳しい。丸井でお馴染み過剰接客も嫌い。だが一方で、テンションが低くて、暗過ぎる店員も嫌いです。こう思ってるのは、オレだけじゃないと思うんですけど。

お釣りを受け取る時、100円玉を1枚落としてしまった。

「申し訳ありません。大丈夫ですか?」
超元気。声張り過ぎ。それなのに心配してる雰囲気は無い。

嗚呼うるせー。落したオレが悪かったよ。許してくれよ。

「大丈夫です(小声)」

疲れた。そして、ちょっと苛立った。これってオレがワガママなの?

彼女の力が抜けていく過程が楽しみだ。次第に客対応が適当になるだろう。慣れとはそういうもんだ。ただし、それは劣化じゃない。ある種の成長だ。せいぜい頑張って下さい。

2009年、最初の買い注文

保有銘柄は年明け以降ダダ下がり

特に、「金の成る木」はチャートを見る限り、素人のオレが見ても明らかな程の下降局面に入ってしまった。

このまま、何もせず株価を見続けているのなんて全然面白くない。よって更なる投資を決定した。今回は銘柄を明らかにする。

現在、yahoo!ファイナンスのポートフォリオ機能を利用して、日々、株価を追い続けている銘柄は14あるのだが、その中から2つ選んでみた。

1つ目は宇部興産(4208) 東証1部
電気自動車のリチウムイオン電池用電解液などを手掛ける。目標は300円。

2つ目は三菱商事(8058) 東証1部
09年3月の通期業績は前期比77.4%の大幅の営業増益を予想。かなりの割安感がある。決算フィーバーを見込み、強気に1,600円を目標とする。

いざ勝負。

第4戦

1月は重賞未勝利。連敗を脱出したい。

根岸S。短距離が得意な馬ばかりで、本番の2月Sでは活躍しそうにない面子に見える。

◎ヒシカツリーダー
1月Sの勝ち方が素晴らしかった。直線一気でまとめ差しを期待。

○アドマイヤスバル
[3120]の東京ダート巧者。芝2戦イマイチもこの舞台なら。

▲セントラルコースト
初OPだが、素質と伸び代を評価。足抜きの良い馬場で、そのまま残るパターン警戒。

△バンブーエール
59㌔の斤量が気になる。強いとは思うけど。

△ナンヨーヒルトップ
カペラSで5着。1400㍍の方が向いてそう。

△ビクトリーテツニー
決め手が凄い。カペラSの末脚の再現があれば好勝負。

馬連
4-1,2,3,6,13

ヒモ抜け。頭はフェラーリピサかよ。ビクトリーテツニーとの両天秤で最後に切った。顔面神経痛の文字が突き刺さっちまった。東京も得意で、戦績を見れば、能力上位の馬だっただけに悔やまれる。

買った馬が2~7着を占めた。当たってないけど、ほぼ完璧な予想。意味無いんだけどね。それにしても、こんなの初めてかも知れない。


京都牝馬S
ザレマから買う。断トツな気がする。

馬連
5-2,6,7,9,14

ザレマ3着で撃沈。まあしょうがない。6番人気のチェレブリタで勝った天才武豊はさすがに完全復活と見て良いかも知れない。

当たらねえ。さすがに焦りを感じる。

得る人もいれば、失う人もいる

経済ってのは正にそんなもの。損をしている人がいるって事は、確実に裏で儲けている人がいるんですよね。

たまには、グダグダ日記的文章を。

昨日、埼玉は上尾で飲んだ後、高田馬場駅を下車した時に、妙にテンションが上がったしまった。勢いで、馬場から早稲田通りを早稲田方面に向かって走った。

お馴染みの光景である馬鹿大学生達による居酒屋の大騒ぎが見られたが、それには脇目も触れず、車の通行がほとんどない車道を結構なスピードで駆け抜けた。アルコールで弛緩し、火照った体には、昨日の強烈で突き刺さるような寒風が丁度良かった。冷却効果がかなり気持ち良い。

信号に引っ掛からずに上手い具合に明治通りを通り越し、大学西門前のちょっと先、昇竜軒の辺りでアッサリと力尽きる。そこからの徒歩は割ときつかった。

帰宅し、ミネラルウォーターをコップ1杯、一息で飲んでベッドへ直行。

8時38分に起床。「体にフィットするソファ」に包まれながら、サンデーモーニングを見る。習慣視聴。内容はそんなに頭に残っていない。そのままサンデージャポンへ。賑やかな番組だ。ユリーカは話すと、ネイティブ式の英語がガンガン混じる。発音が上手過ぎるルー大芝みたいな感じだね。福留と青木裕子、2人とも悪過ぎて面白い。

番組終了後、風呂でシャワーを浴びる。着替えた後、早稲田男髪サロンへ。1ヶ月半ぶりに髪を切る。「結構伸びましたねえ」と言われる。そうなんだよ。ほとんど髪が伸びてないとみんなから言われるが、そんな事はないんだよね。特に細かい注文をしないで、適当に切ってもらう。

13時間頃終了。帰宅し、充電していた携帯と、バッグを持ってすぐに外出。早稲田駅前のカレキチでコロッケカレー大盛りを食べる。本当は「うだつ食堂」でつけ麺を食べたかったんだけど、待ち合わせの時間まで時間が足りなかった。カレキチのカレーは想像以上に美味かった。CoCo壱より完全に上だね。そのまま渋谷へ。

14時、約束の時間ピッタリにloostAが現れる。ビックカメラでSONYのICレコーダーを買った。容量は1GB(ST録音でも47時間)、太り気味の30代の店員さんの説明によると、感度は相当よろしい様で、学校の教室の声を拾えるとの事。ラジオ録音用のモノとしては、十分過ぎるスペックを備えている。保証費込で1万ちょっとしかかからず、思ったより全然安かった。

その後、ロフトへ。ザルとボールのセットを840円(安い)で購入。うどんの湯切りだけじゃなく、出汁を取るためにも使ってみようと思います。

loostAは派手な色の手帳を買っていた。今後、色々な予定が入ってくると思うので、会社の人間から手帳を買いなさいと言われたらしい。彼は購入後、会社に従ってモノを買ってしまった事に対してほんの少しの悔しさと怒りを口にしていた。スケジュール管理は、手帳を持っていなくてもいくらでも出来る事だからなあ。

続いて東急ハンズ。毎度感じるが、色々なモノが置いてある。全て定価というのが痛い。ここで見て、確認して、どこぞのネット通販で安く売っているかどうか調べる。これはよくやる。オレは何も買わず。

BLUE SEAL CAFEで休憩。アイスで有名な所でございます。

ラジオについての話をする。グダグダ色々な事を話したが、結局はやってみないと分からないとなった。

途中、競馬の結果をチェックする。後悔。フェラーリピサは最後に悩んで切った馬だった。京都牝馬Sでkcさんが3連複で人生初の万馬券を獲った。すぐに祝福メールを送ると、電話が掛かってきた。払戻金の端数はいいよとの事。本当におめでとうございます。

ラジオについて具体的に決まったのは、フリートークで押す、来月京都スペシャルをやるという事くらい。「皆藤愛子への道」については、オレは密かにまだ諦めていない。

回転寿司で夕食。16皿でもう何も入らねえという状態となった。意外と食べられないもんなんだよなあ。久しぶりの寿司は美味かった。MVPは焼サーモン、次点は寒ブリ。

驚いたのは3皿で会計に向かった客が2組もいた事。ちょっと食べて、すぐ帰る人もいるもんなんだあとしみじみと思ってしまった。

オレは回転寿司に行った時、寿司はそうそう食べられるモノではないという意識が強く働く。常にできるだけ多く食べようと頑張ってしまうのだ。小庶民なもんで。

最後に文教堂書店で小説を買った。
重松清/流星ワゴン
桐野夏生/残虐記
感想は気が向いたら。

馬券代を含めて、そこそこ散財する。
わずか5点買いで2万を稼いだ人もいれば、無計画、行き当たりばったりで様々なモノを買い財を散らした人もいる。まあそういう事です。

帰りの半蔵門線でZAiを読み、改めて株を頑張る事を誓った。そんな日曜日。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ