« 得る人もいれば、失う人もいる | トップページ | 2009年、最初の買い注文 »

第4戦

1月は重賞未勝利。連敗を脱出したい。

根岸S。短距離が得意な馬ばかりで、本番の2月Sでは活躍しそうにない面子に見える。

◎ヒシカツリーダー
1月Sの勝ち方が素晴らしかった。直線一気でまとめ差しを期待。

○アドマイヤスバル
[3120]の東京ダート巧者。芝2戦イマイチもこの舞台なら。

▲セントラルコースト
初OPだが、素質と伸び代を評価。足抜きの良い馬場で、そのまま残るパターン警戒。

△バンブーエール
59㌔の斤量が気になる。強いとは思うけど。

△ナンヨーヒルトップ
カペラSで5着。1400㍍の方が向いてそう。

△ビクトリーテツニー
決め手が凄い。カペラSの末脚の再現があれば好勝負。

馬連
4-1,2,3,6,13

ヒモ抜け。頭はフェラーリピサかよ。ビクトリーテツニーとの両天秤で最後に切った。顔面神経痛の文字が突き刺さっちまった。東京も得意で、戦績を見れば、能力上位の馬だっただけに悔やまれる。

買った馬が2~7着を占めた。当たってないけど、ほぼ完璧な予想。意味無いんだけどね。それにしても、こんなの初めてかも知れない。


京都牝馬S
ザレマから買う。断トツな気がする。

馬連
5-2,6,7,9,14

ザレマ3着で撃沈。まあしょうがない。6番人気のチェレブリタで勝った天才武豊はさすがに完全復活と見て良いかも知れない。

当たらねえ。さすがに焦りを感じる。

« 得る人もいれば、失う人もいる | トップページ | 2009年、最初の買い注文 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4戦:

« 得る人もいれば、失う人もいる | トップページ | 2009年、最初の買い注文 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ