« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の20件の記事

帰省

昨日、夜に埼玉は大宮に戻って参りました。

ご多分に漏れず、先週の金曜に仕事納めだったのだが、金曜深夜に帰宅して目が覚めたら風邪を引いていた。声がおかしくなり、断続的に咳が出るような状態。

金曜の午後、書類のファイリングをしている辺りから喉が痛くなってきていて、怪しい雰囲気はあったのだが、それにしても休み初日から不健康になっちまうとは不運だ。

向こう9日間、仕事がないという気の緩みがもたらしているんでしょう。リーマン体質とでも呼ぶべきものなのかも知れない。

そんな状態で、27日は大宮で中学校時代の同級生達と朝まで飲んでしまったので、回復する筈もねえ。

10人を超える人が集まった。オレにとっては、成人式以来、9年振りに再会した人が約半数を占めるような感じ。皆様、昔の面影を十分に残しながら、自分と等しく年齢を重ねていた。

9年振りというブランクを意識するような事も無かった。その意味で、同級生はやっぱり同級生なんだろうなと。3年間を、同じ場所で過ごしたという事実が大きい。たとえ、その当時それほど親しくなかったとしても。

トランプ大貧民の激戦を含めて、楽しい時間を過ごす事ができました。


次いで28日の事も。

夕方、高田馬場のBen's CafeでloostAとTonyの共同Liveを観に行った。アコースティックと聞いていたのだが、そうでもなかった。

自ら曲を作って、それを仕舞い込まず、人前でしっかりと披露する。その一連の行為をやっているという時点で、ちょっと感心してしまうね、ホントに。

印象に残った曲は、Tonyの「千ある風」。終始、EとAmの2コードだけで押し切っちまうなんて、あり得ない。単純なのが好きだとMCで言っていたが、それにしてもである。競馬で買い目を絞り込んでいったら、最終的に単勝1点勝負に行きついたみたいな感じだろうか。

大学の同期、paranoidと、彼の妻になる事が決定的な彼女さんも来ていた。似合いの2人という感じがしました。

k.a.n.aちゃんは、明るくてエネルギーに満ち溢れている人だった。感情豊かで、言葉に力があるなあという印象を受けた。


さらに29日。

宣言通り買い物へ繰り出した。これまた宣言通り池袋のP'PARCO1階のAsbeeでスニーカーを購入。買ったのは、NikeのTERMINATOR HI。ハイカットは1度も買った事がなかったのだが、ストリート色が強いのも含めて冒険してみた。

兼ねてから欲しかったモノなので、店内で他のスニーカーに目移りする様な事はなかったのだが、色についてはかなり迷った。

地は白で統一だが、差し色に赤、青、黒の3種類がある。どれも良いんですよ、コレが。最初に赤が消え、青と黒の戦いとなった。最終的には黒にした。黒はどんな色にも合わせられる自在性が魅力で、長く使っていきたいと思ったので。やっぱり黒最高ですよ。

試着を頼んだ際、30代の男の店員にこう言われた。
「今日からセールやってるんですよ。20%オフです」
有り難きお言葉。予算を大きく下回った。

「まさか、新年のセールで30%オフになるなんて事ないですよね?」
「ありません。例年は1月からセールやってるんですけど、今年は前倒しにしました。不況のあおりで全然売れてないんで

確かにファッション関連のモノは、お金に多少の余裕がない限り、手を出そうとは思わないもんなあ。不景気の波は日本全国、多種多様な業界を襲っているのである。

スニーカーを買った後、H&M原宿店へ行く事にした。単なる思い付きで。副都心線で渋谷へ向かい、渋谷からは明治通りをダラダラと歩いた。

それなりに人は多いのだが、いつもの勢いはない。東京は移民の街、多くの人が帰省をしているという事なのだろう。

H&Mに着くと、入口の前で人が列を成していた。マジかよ?

後ろに並んだカップルの男がオレの気持ちを、そっくりそのまま口にした。
「洋服屋に入るのに並ばなきゃならないってどういう事だよ。どんだけ人気あんだよ」

しばらくして入店出来たが、店内は驚く程に混雑していた。こんなに人ばっかりだと、商品の手に取るのもしんどくて、購買意欲を削がれるよ。人数制限してるんだったら、もっと人数を少なくすりゃいいのにと心の中で悪態をつく。

ただ開店以来、人気が持続している理由も分からなくもない。とにかく値段が手頃というのが大きいね。とりわけ女性モノは種類が豊富で、一風変わったデザインの服も多いので、消費者の満足度は高くなるという寸法ですね。そして、リピーターを生む。正に好循環。

そんなに魅かれる商品がなかったのだが、せっかく並んだんだし、何か買おうという思考になってしまった。オレ、店の思う壺だな。

春、秋でも十分使えそうな上着を買った。結構気に入ってる。オレはモノを買うとき、どうしても汎用性を重視してしまう傾向があるみたいだ。

店を出ると、同じ袋を持っている人ばっかり。何だか、どうしようもなく恥ずかしい。

原宿は自分より若い人が多かった。それも受け入れ難いタイプの人ばっかり。やっぱり若者の街だね。

久し振りに竹下通りを歩く。相変わらずの空気感。初めて原宿を訪れましたという感じの中学生の集団と黒人の客引きは、もはやお約束。なんか、あらゆる意味で無理だった。

まあ、そんなここ2、3日。今年も残り2日でございます。

消費

雀の涙程ではあるがボーナスが出て、普段よりは格段に懐具合が温かい。時期柄、飲みによる出費が重なっているが、毎年の事ながら、そんなのどうでも良いという気分だね。

珍しく散財したいという欲求が胸の奥底から沸き上がって来ている。それを満たすべく、先週末に買い物をした。

散財実績は以下の通り。
①ネットブックPC。
ASUSの「Eee PC S101」(グラファイト)
スペックは各社ほとんど差がない。デザインはまあ普通だが、その薄さ、軽さに魅かれた。まだ梱包は解いていないが、実家に持ち込み、年末年始でゆっくり設定をしたいと思う。

officeは入ってないが、それに酷似した独自のソフトが入っているので問題なし。そのソフトを使えば、Word、Exellファイルの編集が可能となっている。

16GBSSD、さらに無料で60Gの無料WEBストレージが使用可能なので容量的にも問題はないレベルだと思う。

②Tシャツ
何枚か買った。洋服なんて興味ないと言いつつ、結局買っちまうんだよね。

③メガネ
先日ここで書いた通り2本購入。

今日もこれから買い物へ繰り出す。狙うは本、スニーカーその他諸々。帰宅後、大掃除しようかな。明日は恒例となっている座光寺軍団の皆様との忘年会。マジで年の瀬だ。

第48戦(最終戦)

反省なくして向上なし。来年の有馬記念の直前に今日の文章を読み返す事にしよう


2008年最後のG1。毎年のことながら、普段とは比較にならない多額の金で勝負を敢行。年間回収率100%超えも合わせて狙う。

◎マツリダゴッホ
本命には中山の鬼を選択した。JCで0.2秒差4着に入り、実力馬である事を証明。大得意の中山なら間違いない。

○大和スカーレット
連対率100%の馬に、これ以上軽い印をつけられなかった。僅かな減点材料は大外枠、距離。昨年2着も5番人気の伏兵だった。今回は確実にマークされる立場。その辺りも割り引いた。

▲夢旅行
先行有利のコースだけに追い込みは決まりにくい。そんな事は承知しているが、それでも敢えて狙う。追い切りで最高の動きを披露。それに賭けた。コース実績も十分。

△浅草キングス
距離延長はプラス。切れ味勝負では出番無しも、スタミナ勝負になれば目はある。陣営の先行宣言は支持できる。

△アル茄子ライン
府中向きだとは思うが、ペリエがやりそうな気がしてならない。

△フローテーション
一発警戒。有馬記念は外国人騎手の実績が凄いからね。ディープインパクトを破った橋口―ルメールのコンビだし。


単勝10
複勝10
これが大本線。マツリダゴッホに託した。

馬連
10-5,7,11,12,13

スクリーンヒーローは来ないと思ってるが、誕生日馬券を買う。
馬連8-10

追い切り最高評価2頭買い
馬連11-12(当たれば回収率100%到達)

気まぐれで
3連単BOX
7,10,13
10,11,12

ダスカが頭だと何となく終了する感じ。


見事に終了してしまった。

大和スカーレットは本当に強かった。史上最強の牝馬かも知れない。逃げて緩くないペースを作り出し、直線で相手が迫って来ても、そこからまた伸びる。有馬記念でも、上がり3Fのタイムは3番手。こんな走りをされたら他の馬は勝てる訳ねえ

前に着けていた先行勢は脚を消費し、総崩れ。最後方で競馬をしていたアドマイヤモナークが2着、その手前で走っていた夢旅行が4着に入る激流だった。

牝馬優勝、大荒れのグランプリ。終わってみれば今年を象徴するような結果だった。


1年間重賞を買い続けてきたが、競馬の難しさを痛感した。分かった事は、人気は実力との相関性がかなり薄いという事くらいだろうか。

馬券の買い方もブレにブレてしまった。夏競馬の節操無いBOX買いは大いに反省に値する。

来年も重賞勝負を続行する事に決めた。今のところだが、軸馬から4ないし5頭に流すスタイルを貫き通してみようかなと思う。今年の経験を活かし、来年はもっと頑張りたい次第である。

メガニスト6

去る23日、1年振りにメガネを買いました。

2008年は最低5本買う予定(cf. 駄文2008.01.06)なんて言っていたが、結局これが2008年初のメガネ購入だった。まさか、メガニストのオレが?自分で驚いてしまった。

今回ももちろんcoolens(池袋東急ハンズ店)。ボーナスを使っての買い物なので、一気に2本、10%OFFのオマケ付き。

1本目は、針金のような細い、黒のフレームで出来たメガネ。レンズは横長で小さめ。セルフレーム軍団の勢いを止めるべく、シンプルなモノを選んだ。

ともすると、オレが若き頃、小学生時代に同級生が使用していたタイプのメガネにも見える。だが似て非なるモノ。

最大の相違点は、柄の部分の3次元的な湾曲とその細さにある。遊び無し、柄の黒さ加減も良いですね。

2本目は、フレームが上半分にしかない、言うなればさまぁ~ず大竹タイプ。色はカッパーで、柄の部分にはシンメトリーな模様の穴が開いている。レンズは横長。

このメガネはあらゆる意味で冒険した。フレームが上のみのモノも始めたなら、柄に穴が開いているモノも始めてだ。

メガネ屋にメガネをかけいくと、手に取ったメガネが自分に本当に似合っているのか判断できない事態に陥る。というのも、店内にあるメガネを試着する際、本物のメガネを外さなければならないので、その瞬間から視力は限りなくゼロになっているからだ。オレの場合は極度の乱視まで漏れなくついてくる。

そんな訳で、鏡に写る自分の顔面を見ても完全にボヤけちまってるんですね。オレはそれくらい目が悪い。そんな時、脳は自分なりに補正をかけるらしく、どれを試着しても、まあまあ似合ってるぜという信号を送ってしまう様なんです。

帰宅して度が入ったレンズのメガネをかけて鏡に向かい合うと、思ったよりもマッチしていなかった。時々、そんな事が起こってしまう。目が悪いと色々と大変だよ、ホントに。

今回の2本は許容範囲に収まっていたので、ホッと一安心といったところ。

2008年は最低5本買う予定。全く同じ言葉で締めてみる。

皆様、良いメガネ生活を。そして、メリークリスマス。


BGM
CHATMONCHY/ハナノユメ
CHATMONCHY/染まるよ
BON JOVI/This Ain't Love Song
BON JOVI/Last Cigarette
LINKIN PARK/Pushing Me Away
LINKIN PARK/Breaking The Habit

いざ有馬記念へ

枠入りが確定。いよいよグランプリが近づいてきた。

一昨年はディープインパクト―ポップロックを馬単で釣り上げ大勝利。

昨年は名将サムソンと心中する道を選択、9番人気マツリダゴッホはもちろん、大和スカーレットも買えず、完膚無きまでに叩きのめされた。

さて、今年はいかなる結末が待ちうけているか。回収率をプラスに持っていくには大勝負をかますしかない状態だが、そこはアッサリ諦めているので、勝つために戦いたい。

ここまでで切った馬は川上姫、宇宙バルク、名将サムソン、アドマイヤモナークの4頭。他の馬にはまだ可能性を感じている

最終的には3点、無いし4点に絞る予定。競馬専門紙も買って万全の体制で勝負したいと思う。

馬券買いたい人、頼まれますよ。

業務連絡2

関係各位は定期的に「駄文」を閲覧してくださっていると思われますので、この場で超重要な連絡を。

「ちょっとした物語」の締切が年明け1月末まで延長となりました。

昨日、私が主催者様に掛け合った結果でございます。

主催者様は炊き立てのご飯のように温かい態度で、私のような黒短髪細面一重クソメガネ野郎に接して頂きました。感謝感激雨霰でございます。

最初は、罵詈雑言を浴びせられました。主催者様の優しさがあってもこれは当然の事です。そして、2度目の延期を申し出る事は、すなわち永遠の未完成を意味すると説かれました。主催者様の言う事に、間違いなどある筈がありません。

しかし、最終的には、主催者様は、参加者のクオリティに対するこだわりがあってこそのの願いだという私達の言葉に納得して下さったのであります。

再度の延長希望は絶対に認めないという条件付きであります。もちろんですとも。この期に及んで誰がそんな馬鹿げた事を言うのでしょうか。

約束を守れないクズ人間達の戯言を聞き入れて下さった、主催者様の太平洋のごとき広々としたその御心に、感動すら覚えました。

私が、締切を守れる人は素晴らしいなどと言おうものなら、主催者様とmasutomo様は即座にこう否定なさるでしょう。当然の事だと。

当たり前の事を当たり前に出来るという事がいかに素晴らしいか、できる方には分からないのかも知れません。サッカー選手で例えるならば清水エスパルスの伊東輝悦。私も経理部という部署で働く身、その事は重々理解しております。理想とする状態であります。

それなのに、私はできませんでした。本当に黒短髪細面一重クソメガネ野郎です。

猛省をしつつ、「ちょっとした物語」完成に向けて懸命に努力する所存であります。これは約束を守れなかったクズ人間の偽らざる気持ちであります。

クズ人間の皆様、頑張りましょう。

第47戦

早いもので今年の競馬も後2週。有馬記念に気持ち良く臨むためにも取りたい。昨日、万馬券を的中させ調子に乗ってるだけに、何だかいけそうな気がする。

逃げ馬多数出走によるハナの奪い合い、外差しの展開だと思う。ただし大外枠はどうしても不利。8枠は無条件で切る。

◎フィフスペトル
三浦を降ろしてルメールにした陣営の本気度を買いたい。好位からの抜け出しを期待。

○ミッキーカボチャ
絶好の歳内枠。ペリエは無理に行かず、相手を見ながら競馬をすると発言。距離ロス最小限の恩恵で勝ち負けか。

▲トレノパズル
まだ底を見せていない。大駆けありそう。もっと穴になると踏んでいたのに、人気つき過ぎだ。みんな同じ事を考えていたのか。

△栄進虎
連闘が気になるが、相手になりに走っている。こういう馬がやらかしそう。

以下、狙い過ぎなんだけど
△鶴丸日本
△ピースピース

武豊は右腕まだ十分に使えないらしいのでブレイクは切り、休み明け直行なので青雲は切り。

馬連11-1,6,8,9,13
単勝11


星雲ワンダーは強かった。岩田君はコンスタントにGⅠを勝ちますね。スクリーンヒーローに続いて、またグラスワンダー産駒がGⅠ制覇か。

見ていた馬達が、どんどん親父になっていきやがるね。


来週は注目のレースが多い。

27日の阪神メイン、クラシック馬候補が激突するラジオNIKKEI杯2歳S。同じく27日、中山7RのホープフルSは皐月賞と同じコース、同じ距離のレース。

この辺は来春を見据えつつやろうかなと思っている。

そして、有馬記念。昨年は秋の浮き分40,000円を全額投入して散ってしまったレース。リベンジするしかねえ。注目は菊花賞で穴を空けたフローテーション(鞍上ルメール)。

ついてやがる

今週の勝負レースはもちろん2歳GⅠ朝日FSなのだが、今日遊びで馬券を買ったら万馬券が当たった。

哀しい事ではあるが、先週に引き続いてマジ予想の結果ではない。日頃から参考にしている日刊コンピを眺めて、穴馬から人気どころ含めてサラッと流して買ったら、入ったという感じ。

中山10R、6,7を軸に馬連6点流しの12点で釣り上げた。当たる時は、こんなもんなのかも知れないなあ。ちなみに、ヴィクトリアマイル、皐月賞に続いて今年3回目の万馬券。

調子に乗って、最終まで万馬券狙いを貫いてみたが、やっぱり的中しなかった。

中京メイン愛知杯は悔しい結果に。

14番人気の14番チェレブリタを軸にしていて、2着に入ったのだが、頭が16番人気のセラフィックロンプ。馬連6万超。荒れ過ぎた。3着のマイネレーツェルは買っていたのに。

明日は当たる気がしない。ペリエのミッキーカボチャが人気つき過ぎて困る。

20081220nakayama10r

ブログ

この記事が505本目だそうで。

何となく始めて、早2年2ヶ月。何だか凄い事だなあとしみじみ思う。

自分以外に、開始から全ての記事を読んでる人はいるのだろうか。いるとしたら、その方は相当なもの好きか、相当な駄文のファンか、もしくはその両方でしょう。


本日は、仕事で藤沢と横浜へ行ってきました。

支社の人に、昼飯を誘われたので、一緒に中華料理屋に行った。中華街にある「梅蘭」という店。マスコミに何度か取り上げられた人気店だそうで。

名物の「梅蘭特製焼きそば」、ワンタンスープ、杏仁豆腐のセットを注文した。この特製焼きそばはこの店オリジナルの奇抜な料理で、豚肉・野菜入りの餡をパリパリに焼き固められた焼きそばが包み込んでいるというもの。見た目も異様。パッと見は、なんじゃこりゃという感じ。

でも、そこはさすが人気店。かなり美味い。量もかなり多い。値段は1,260円で安くないけどね。他店を含め、中華街はちょっと物価が高目だった。リーマンの街、神田とは違う。ランチで1,000円超えの店なんてまずお目にかかれない。

何もせずに、ただ移動するだけでも結構疲れるんだなという事を感じた。外回りが日常の人は本当に大変だ。営業さん達をもう少し労わろうという気持ちになった。


明日は会社(フロア全体)の忘年会。どの会社も今週がピークなんじゃないだろうか。年の瀬ですよ。

BGM
BON JOVI/Dry County
鳥山雄司/The Song Of Life
奥田民生/さすらい
Every Little Thing/self reliance
ASIA/Don't Cry

遅い

何がって筆がさ。

遅筆だ。うん、うんと唸るだけで進まない。時間ねえなあ。どうしよう。締切が刻一刻と迫ってくるこの感じ、堪らないね。

コピーの裏紙に書いているので、正確なところは分からないが、おそらく8,000文字は越えている。入力は6,000文字程度。

具体化できずとも、脳内ではそれなりに話が膨らんでいて、現在書いているシーンの次、その次のシーンくらいまでは形になっている。登場人物達が自分の脳内で、気ままに動き出す感覚も無いとは言えない状態。

ま、ラストは一向に定まっておらず、闇のまた闇なんですけどね。

今週は残り4日だが、3日間飲みの予定が入っている。「ちょっとした物語」を進めるのはかなり難しいだろうなあ。駄文の更新すら危うい。


髪を伸ばすと宣言し、ドライヤーまで購入したのにも関わらず、週末土曜日にスッパリと髪を切ってしまった。風が冷たくてしょうがない。それでも良いさ。我慢できなかったんだからしょうがない。


クラブW杯で、遠藤のコロコロPKとマンUのGKファン・デル・サールの対決が是非見てみたい。何も知らないファン・デル・サール、絶対先に動きそう


キム・ヨナは可愛くはない。韓国国内で絶大な人気を誇っているらしいが、オレにはその理由が分からない。日本の浅田真央も確かにもの凄いが、やっぱり可愛くはない。フィギュア界って、実はそんなに可愛い人がいないような気がする。それでも人気種目なんだよなあ。視聴率なんて、あの最高に面白い「Jリーグ」の10倍くらい行くもんね。不思議だ。


花田勝、再婚。元妻、栗尾美恵子に群がるマスコミ。何だか美恵子さんが可哀想だ。コメント求められましても言う事ございませんっていう感じだよなあ。オレは別に興味ないし。芸能記者さん達は、自分の仕事に誇りを感じているのか?まとわり付かれる方からしたら、迷惑千万ですよ。あ、美恵子さんは可愛いね。

年内、残り8営業日。年末までのカウントダウンが始まった。

第47戦

阪神JF。

2歳馬戦はキャリアより素質を重視する。ただキャリアを不問にする気は毛頭ないんです。コース改修後のこのレースは底力が重要となっている気がするので、短距離だけを走ってきた馬は厳しい様に思う。つまり、その辺についてだけキャリアを加味して考える。

以上を踏まえて。

◎ジェルミナル
ここ2年勝馬を出している黄菊賞からの出走。1,800㍍で連勝してる点も良い。期待したい。

○ブエナビスタ
印を落としたけど、この馬が最強だと思う。新馬戦で上がり33.5秒のタイムをマーク。アンカツが惚れ込んだ素質は本物だが本格化はまだ先で隙はあるのでは。圧勝しちゃうかも知れないけど。

▲ミクロコスモス
新馬戦の内容が良い。次走でレコード勝ちをする馬に競り勝ち、上がりは33.4秒の好タイム。レース後、武豊が絶賛していたのも理由。

△ワンカラット
レコード決着のデイリー杯の0秒5差6着の内容を評価。乗り替わりの岩田。良い感じだ。

△ダノンベルベール
切れ味十分。頑張れ関東馬というエールをこめて。

馬連17-2,9,12,13
単勝17
以上、5点で勝負。


まあ、軸が入らず終了となった訳だが、話はそれだけでは終わらない。


実は中山のメイン、第1回カペラSを気紛れで買っていた。
ビクトリーテツニー(横典)
ナンヨーヒルトップ(善臣)
の単勝2点。ビクトリーテツニーが頭に入り、見事的中(10.7倍)した。

この浮き分を阪神JFに投入。
買い目は、
2,9,17の2頭を基軸に、保険としてブエナビスタを含めつつ、穴目に流す3連複。約20点。

これが不本意な形ながら引っ掛かり的中(32.7倍)。

さらに、中山12レースにも参加。
ダントツ人気のスーパープライドを落とし、単勝1,3,6の3点で勝負。馬連を買わなかった事が悔やまれるが、これがズバリで1,2着に入線(11.2倍)。

完全に調子に乗ったオレは、中京の12Rも勝負。複勝の14を買うも5着まで。

結果、浮いた。でも、真剣に考えて買った馬券が当たらなくて、あぶく銭による転がし馬券が当たってしまうのは何とも複雑な気分。面白いかと言えば、そうでもないんだよなあ。

次週こそは。

執筆活動

深夜の更新。適当に。


本日は仕事終了後、2時間程、日本橋のカフェでちょっとした物語を書いておりました。

それにしても話が進みません。ざっと見積もって5,000文字を突破するも、ストーリーはまだまだ序盤という感じ。無駄な情景描写が多すぎるのか、いやこれ書かないと伝わんないでしょ、その狭間で揺れたり、悩んだりしてますね。

Wordに入力する積もりだったのだが、テレビを見ていたらそんな気が無くなってしまい、結局1文字も入力しなかった。

帰宅して、手書きの文章を読み返したら、差し込もうと思っていた場面がスッポリ抜け落ちている事に気付いて愕然。オレはアホかと。そのためだけに、描いたシーンがあったというのに。修正して、その場面は描きたいと思う。

遠回りをしている場合じゃねーのに。何をやってんだか。


久しぶりのレッドカーペット。餓えていただけにいつもより笑えた気がする。満点大笑いの安売りには辟易。

個人的に良かったと思う芸人を羅列する。

・いがわゆり蚊
チェンバル語講座。笑わせてもらった。素晴らしいの一言。今後伸びる要素は持ってる気がする。しゃくれ具合も絶妙。個人的にはMVP。

・エレキコミック
結婚式の打合わせのネタ。オーソドックスながら笑えた。カムバックの、自分がアルバイトの島田だったというオチはものすごくキレイだった。

・THE GEESE
否定語で話をつなぐというネタ。コント職人然としていて良かった。

・少年少女
月曜日は、火曜日は、水曜日は・・・と言葉を色々変えていくネタ。彼女達の得意の形。脱力した空気感が良いんだよなあ。実は笑い飯的なダブルボケツッコミ。


本日、ボーナスが支給された。明細を見て寂しさを覚えた。


保有株式の動向。「金の成る木」は順調そのもので、本日前場終了時には、含み益が65,000円に到達(最終的に落ち込んで64,000円弱)した。ダイナシティで被った損失(100,00円也)は打ち消す事ができるかもね。他の銘柄も、日経平均と同様、ここ3日間は続伸している。流れは悪くない。


コンビニでダカーポの特別編集が売られているのを見た。愛読詩の久々の復活。内容は度外視、買わずにはいられなかった。


CHATMONCHYの「ハナノユメ」が名曲過ぎる。切なくて懐かしい。橋本絵莉子のハイトーンが刺さる。やっぱり重松清なんだよなあ。


明日は、ほぼ残業無し。なぜなら入社以来ずっとお世話になっている会計事務所の方々との忘年会があるから。100%交際費で落とすのでタダ飲みだ。目一杯飲み食いしてやるぜ。

ファイナリスト

全体の印象としては、まあバランスの良い顔触れなんじゃないかなと思う。

笑い飯はもはや笑い飯枠と呼べるものが存在しているのかと勘繰りたくなる程、決勝に残っている。好きだからいいんだけど。オードリーが残らなかったのが残念だ。M-1で春日が見てみたかった。

以下、あいうえお順にコメントを。


キングコング
好きじゃないし、面白いとも思わない。彼等のネタはものすごく速いので、勢いだけで笑ってたまるかと身構えちまうんだよね。優勝はないと思う。

ザ・パンチ
パンチ浜崎のボケがフリで、ノーパンチ松尾のツッコミというか貶して笑いを取る。確かに面白い。だが、オレは既にこのスタイルにちょっと飽きているので期待度は低い。

ダイアン
2年連続の決勝進出。個人的には、去年のスカウトのネタは結構良かったと思うが、審査員のみなさんには響かなかったらしい。関東では明らかに注目度が薄い、このコンビこそ要注意な気がする。かなり期待している

ナイツ
細かい言い間違えを、正統派のツッコミで訂正していくスタイル。風貌、ネタから醸し出される昭和な空気が良い。好きなコンビなので、残ってくれたのは嬉しい限り。関西の人にはウケる要素が少ないので、優勝はないと断言できる。

NONSTYLE
相当面白い。オレが勝手に思っている優勝候補筆頭のコンビ。ボケとツッコミのバランスが良いなと思う。

モンスターエンジン
神々ネタで有名。確かに面白いんだどさ、どうもキャラモノはいかんね。

U字工事
栃木弁漫才。結構好き。でも方言で笑わせるのは色モンの域を出ないのかな。優勝争いには絡まない気がする。

笑い飯
もはや常識となったダブルボケ、ダブルツッコミ。このメンバーだったらやっぱり1番好きなコンビだな。もはや全然面白くないという意見を吹き飛ばす活躍を見せてもらいたい。ファイナルの最終決戦には残ってくれると有り難いのだが。

まとめると、
◎NONSTYLE
○ダイアン
▲笑い飯
★ナイツ

21日、18時30分から生放送。オール巨人の的確なコメントにも注目。

明日は我が身じゃない人々

不況のあおりを受けて、人員削減の波が怒涛のように押し寄せている。

こんな時、どうしてもリストラ対象になってしまうのは、立場の弱い非正規従業員。とりわけ工場などに勤める期間従業員は真っ先に削減対象となってしまう。製品が売れないので、アンタ達は、もう来なくて良いですからという話です。クビを宣告された人の事を思うと、非常に切ない気持ちになる。

先日、KGさんと飲みに行った際、この話をした。

KGさんは名立たる大手が大きなリストラを断行している状況に対し、彼等のような低賃金者をしばらく繋ぎ止めておく内部留保くらい絶対あるだろと言っていた。内の会社みたいに汲々としている訳じゃないんだからと続けた。

甘いが嫌いじゃない考え方だ。この考え方は、しがない中小企業に勤めていない人間には理解できないかも知れないなあとも思った。

確かに内部留保はあるだろう。だが、一部上場の一流会社こそ、無駄なコストを削減する事に対して妥協をしない。いや、そうして来たからこそ、発展(もちろん資本主義的な意味でしかないけど)を遂げる事ができたのであろう。つまり、彼等の莫大な利益は、切り捨てられた弱者―今回の件のような非正規従業員、競合他社、下請け中小企業を含む―の上に成り立っているのである。

強者は強者であり続ける事ができる仕組みになっているような気がしてならない。

このニュースに対し、キャスターやコメンテーター達は、険しい表情で一様に政府は早急に対策を講じるべきだと、コメントしている。

全く響かない。年収数千万、富で溢れているお前等には無関係じゃねーか。日本が本当に平和になっちまったら、逆にアンタ達の活躍の場がなくなっちまうぜ。皮肉っぽくなってしまったが、彼等がコメントできるのは、明日は我が身じゃないからだと思う。絶対的ではないにしろ、安全圏にいるという自覚があるからこそだ。

古館伊知郎の怒りの表情が、時として見せかけに見えてしまうのは、オレがひねくれているからではないと思うのだが。

飲み屋で、グダグダ話していたオレにしてもそうだろうね。自分が期間従業員で、クビを宣告された立場だったら、政府に文句言う前に、生活するために必死に仕事を探すだろうから。

その後、飲み屋では、結局切られるべき人間が切られる事には反対しない。ホント、ダメな人いるよなという至極ダーティーな話に推移していった訳ですが、そうなった事は内緒です


BGM
SPITZ/バニーガール
レミオレメン/3月9日
長渕剛/友だちが いなくなっちゃった
河島英五/酒と泪と男と女
林明日香/ake-kaze

業務連絡

関係各位は定期的に「駄文」を閲覧してくださっていると思われますので、この場で重要な連絡を。

「ちょっとした物語」の締切が近づいて参りました。

提出期限は年明けまで。その方法ですが、原則wordファイルを私目に送信して頂きます。その際、書式は問いません。横書き・フォント不揃いでも一向に構いません。ただし、誤字脱字については自己責任でお願いします。

このページ右にあるプロフィール→メール送信をクリックすると、自動的にoutlookが起動すると思います。もし起動しないのであれば、右クリックして頂くと、mailto:以下の文字がアドレスとなっておりますので、よろしくお願い致します。

残り僅かです。頑張りましょう。
Dsc00326

Dsc00567


Dsc00276

Dsc00596 
本文と写真は関係ありません。

第46戦

JCダート。1週間新聞を見続けたが、どう考えても2強が抜けている。他の馬にひっくり返せるのか疑問。今回も外国馬は完全無視で。

◎サクセスブロッケン
ダービーでの大敗には笑わせてもらったが、ダートなら超一流。前走スタートをしくじって、王者とクビ差。逆転いけそう。

○ヴァーミリアン
どうしようもなく強い。どんなコース、流れにも対応できる順応性が魅力。だが、逆転されると予想。JCダートは意外と3歳馬が勝っている。

▲カジノドライブ
可能性は感じる。どこまで粘れるか。

△カネヒキリ
3着までかなあ。

以下
△ワンダースピード

予想してみたものの、結局買い目は

サクセスブロッケンの単勝1点で勝負。


カネヒキリ。複勝の5倍はおいしかったのでは。2着に入った名将闘魂なんて余裕で切っていた。

第45戦

毎年、11Rとマークして最終レースの馬券を買う人多数でお馴染みのJC。外国馬はしょっぱいが、日本馬は良いメンバーが揃ったという印象。

外国馬は切れる。長距離輸送、慣れない日本馬場、実力を発揮するのは難しい。そもそも2頭ともそんなに強い馬じゃないし。

完璧な逃げ馬不在で、流れは極端にはならず平均~ややスローだろう。直線での瞬発力勝負になる気がしてならない。位置取りと仕掛け所の妙で前残りもないとは言えない。そんな感じでしょうか。これを踏まえて予想はこうなった。

◎ウオッカ
正直迷った。ホーム府中、大和スカーレットが出走しない状況なら大丈夫。本質マイラー、距離不安という意見には首を傾けざるを得ない。場所は同じ府中、上がり33秒フラットでダービーを制した馬に対して何を言う。本命に据えたのは、単に好きなだけという噂もある。

○深空
本命とは僅差の対抗。2000㍍からの距離延長はプラス。ローテも秋3戦目と最高。元々、目標はここなので、ウオッカ逆転の可能性は低くない。

▲マツリダゴッホ
大和スカーレットに1と1/4馬身も離して勝つ馬が弱い訳がない。瞬発力では上記2頭に敵わないが、好位で走り、仕掛け所を間違えなければ、そのままスルスル行けるような気がする。追い切りが抜群だったというのも大きい。

△浅草キングス
ルメールだから。積極騎乗がハマれば勝ち負けまでありそう。

サムソンは凱旋門からのぶっつけがどうか。1年間勝ちがないし無理そう。王権はこれからの馬。今年の菊花賞のレベル自体が疑問。今回はパス。

ウオッカの単複が本線。かなり厚めに張る。
馬連4-9,13,15
さらに、
マツリダゴッホの複勝。

JAPAN CUPなので日本らしい語呂を。
浅草、祭
馬連13-15

四位の馬3連複
4-9-15
これで勝負。


スクリーンヒーローかよ。

アルゼンチン共和国杯でも買って無かった。強い勝ち方をしているように見える。つい最近まで条件戦に出ていた馬が、G1馬を退けて勝っちまうんだから、競馬ってのは難しい。

有馬記念に出る事が決定的だが、オレは買いません。多分。

決着の時

Jリーグ最終節。J2は12時に、J1は14時30分に同時刻キックオフされる。

残留争いに関係する試合の予想はこんな感じ。

磐田―大宮 0-0
大宮はドローでも積み上げれば残留確定、磐田も他の試合の結果次第でドローでも残留できる状況。失点は避けたい両チーム、とりわけ磐田はオフト就任後、明らかな引き籠りサッカーを続けている事もあるので、両者睨み合ってのスコアレスドローとなるのでは。試合終盤、ヤマハスタジムでは両チーム、サポーター全員が幸福を感じる中、ダラダラとしたボール回しが見られるかもしれない。

新潟―ガンバ大阪 0-2
新潟の決定力不足は深刻。クロスバー、ポストに嫌われる不運もあるが、それにしても点が取れていない。ビッグスワンであっても、普通に負ける気がする。

東京V―川崎 0-3
川崎は3点差以上の勝利に加えて、鹿島が負け、名古屋が引き分け以下という厳しい条件ながら優勝の可能性が残っている。前半から本気で点を取りに行くと予想される。東京Vが大量失点するのは間違いないところ。

千葉―FC東京 2-1
千葉がフクアリで意地を見せる。前節、降格が決まらなかった事自体、運がある気がしてならない。

まとめると
入替戦 千葉
自動降格 東京V

さあ、どーなる事でしょう。

今から、味の素スタジアムに行って来ます。大宮の残留を望むオレは、当然川崎を応援する。

合格者

努力が報われた時の充実感は何物にも代えがたい。だから、人は努力する。

「結果が出なかったとしても、頑張ったんだからそれで良い」ではダメなんですよ。


さて、今日は徒然に。

ちょっとした物語は現在3,000文字を突破。遅々として進まない。
文章を書くという行為の難しさを知る。険しき道だ。

「爆笑レッドカーペット」の劣化を嘆いていたが、2周連続で潰れ、見られない状況に置かれて、あの番組の有難味がよく分かったような気がする。

金の成る木は一息で、含み益55,000円を行ったり来たり。新しく買った鉱業銘柄は不調により含み損が増大している。こんなご時世なんで投資は簡単じゃない。

Jリーグの秋春開催には基本的に賛成。雪国のクラブのサポーターには申し訳ないが。単純に夏の炎天下で行われるサッカーより、秋冬のサッカーの方が質が高いから。プロ野球が終了しているってのも、オレにとってはメリットだ。海外移籍の問題、学生の卒業時期の問題はどうでも良いです。議論するくらいなら、りあえずやってみりゃいいのにと思うのはオレだけじゃない筈だ。

ミニノートPCが欲しくてたまらない。カフェであれを使って何らかの作業をしたい。word、excelは入ってないが、もちろんOpenOfficeでやり過ごす。

週末JCダート。でも競馬はダートより断然芝だと思う。ヴァーミリアンでもサクセスブロッケンでも無く、アンカツ御大が騎乗するカジノドライブが気になっている。

残り2営業日。短い様で長い。


BGM
チャットモンチー/染まるよ
VAN HALEN/Dreams
BON JOVI/(It's Hard) Letting You Go
MR.CHILDREN/CROSS ROAD

染まらなかったが、芯まで刺さった

チャットモンチーの最新シングル「染まるよ」を聞いて、不覚にも泣きそうになった。歌詞の内容なんて、一切耳に入って来なかったのにである。

何に感情が揺さぶられたのか、自分でもよく分からない。この曲には、とにかく素晴らしくも美しい、しかも悲しい世界が存在していた。

重松清が描く世界観に通じる。初冬の夕暮れ、たった一人で、しかし、どこか力強く歩いていく、そんな中年男性の後ろ姿がオーバーラップした。

か細いが、異様なエネルギーを放つ橋本絵莉子の緊張感のある歌声が、オレの心の内部にズカズカと足を踏み入れてきて、涙線の辺りを刺激しやがった。

彼女は、どこぞのクソアイドルグループ、ダンスユニット、その他腐れバンドのように、いたずらに自分をより良く見せよう(大抵は逆効果になっているが)とはせずに、ありのままで勝負している。このバンドについての知識は皆無に等しいので、実際は違うのかも知れないが、そんな気がする。

アルバムを買おう。たった1曲を聴いて、こう思ったアーティストに出会ったのは久しぶりな気がする。


BGM
チャットモンチー/染まるよ
夏川りみ/涙そうそう
ガガガSP/国道二号線
コブクロ/風
小田和正/言葉にできない

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

memo

無料ブログはココログ