« 第40戦 | トップページ | 第41戦 »

天皇賞前日の雑感

データを見れば見るほど大和スカーレットが最強という結論になってしまう。[7300]の連対率100%。自らペースを作り、その上で二枚脚を繰り出す。

逃げても上がり3F、34フラットが当たり前。アンカツはスローにはしないので差し馬に出番無しと笑う。不安は休み明けと言いたい所だが、鉄砲成績も[2000]と完璧。死角が見当たらねえ。

最強3歳馬深空は一線級の古馬と初対決。果たして豪脚は通用するかが焦点。恐るべき伸びを見せたNHKマイルだが、あの時のタイムで上がり33.9秒。これで大和スカーレットに追いつけるのか?33.9秒は秋華賞、4角で先頭だった大和スカーレットと同タイム。アンカツの言葉は決して出鱈目ではない

ウオッカ。追い込みが全く届かず、大和スカーレットの影を踏めずに負け続けているが、今回はベストの条件。ウオッカは完全な叩き良化型であり、毎日王冠は正に試走だろう。全てがここへの布石。上がり3Fのベストは33.2秒。影を踏める可能性はある

3頭以外では、
マツリダゴッホを退けて札幌記念をレコード勝ちしたタスカータソルテ
2走前新潟大賞典で上がり31.9秒で駆け抜けたオースミグラスワン
2000メートルで2連勝中の夢旅行
実力はあるのに人気が伸びない雰囲気の浅草キングスまでか。

« 第40戦 | トップページ | 第41戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞前日の雑感:

« 第40戦 | トップページ | 第41戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ