« 臆せず攻める | トップページ | 第43戦 »

第42戦

アルゼンチン共和国杯(11月9日)

今にして思えば、G1の谷間、尚且つハンデ戦という事もあり、漫然と馬券を買ってしまったような気がする。予想に熱が入ってないと、的中してもそんなには感動できないんだろう。まあ、的中してないんですけどね。

◎闘将シロッコ
オレはZガンダムファン。パプティマス様がご出走となりゃ、そりゃ買わずにはいられませんよ。前3走、重賞で安定した成績を収めていたというのが実際の理由。

○アル那須ライン
実力から言えば勝って当然の馬。東京では常に安定した成績を収めていたので、まず連は外さないと思っていた。

▲名将カチドキ
斤量54㌔がいかにも軽すぎると感じた。ハンデキャッパーは舐めてやがるな。馬券的妙味に手が伸びた。

△ネヴァブション
休み明けだったが、一発あるような気がした。

△マンハッタン空
なんで買ったんだろう。覚えていない。

馬連BOXで1頭も連に絡めず完敗。

スクリーンヒーローは良い競馬をしたと思う。アルナスラインは和田がダメだったんじゃないかと思う。直線向いた時点で届かねえよって思ったもん。やっぱりハンデ戦は難しい。

« 臆せず攻める | トップページ | 第43戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第42戦:

« 臆せず攻める | トップページ | 第43戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ