« 簡単にはいかない予感 | トップページ | 第20戦 »

競馬の祭典

日本ダービーを迎える前に一旦、2008年のGⅠの結果を整理してみようと思う。

フェブラリーS 完敗
◎ワイルドワンダー
○ロングプライド
▲龍炎

勝馬ヴァーミリアンを切り、2着ブルーコンコルドも買わず。◎は3着。武豊は今年の初重賞がこのレースだった。

高松宮記念 頭入らず。
◎スーパーホーネット
○ローレルゲレイロ
▲マルカ不死鳥

◎が5着で終了。1、3、4着に流していた。頭が入らなきゃ意味がねえ。

桜花賞 大荒れにつき不能
◎リトルアマポーラ
○オディール
▲トールポピー

大荒れ。12番人気―15番人気での決着。手も足も出ず。

皐月賞 馬連万馬券的中。偶然の産物
◎黒貝
○タケミカヅチ
▲湘南アルバ

この予想だったが、それとは無関係に1-3枠までの馬連BOXも買っていたので的中となった。人生初の万馬券。

天皇賞 的中。
◎夢パスポート
○ポップロック
▲ホクトスルタン

△にしていたアドマイヤジュピタ、名匠サムソンで決着。BOX買いが奏功した。

NHKマイルC 相手選びに失敗。
◎ディープ空
○ファイダット
▲サトノプログレス

2着に入った黒貝を切った。この時点でも、相当ローテが厳しいと思っていたので。黒貝にとっては、今年6戦目のダービー、これはもう余裕で切りです。

ヴィクトリアマイル 馬連、3連単的中。
◎ウオッカ
○西の愛娘
▲ローブデコルテ

1着エイジアン風、3着ブルーメンブラットは△で押さえた。

オークス 頭入らず。
◎リトルアマポーラ
○赤アゲート
▲ソーマジック

◎は7着で、ひなげしの花咲かず。荒れる可能性を考慮して◎から10点に流したが、意味なし。

8戦3勝。まあまあか。

さて、ダービー。

混戦が叫ばれ、非皐月賞組、いわゆる別路線組が注目を浴びている様だが、そういう時こそ王道を歩んできた者が強い様な気がする。個人的には、全く同じ条件のトライアルながら勝馬を輩出していない青葉賞組には頑張ってもらいたいと思っている。

オレは01年(ジャングルポケット、ダンツフレームで決着)のダービーから1度も的中させていない。今年こそは。

« 簡単にはいかない予感 | トップページ | 第20戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競馬の祭典:

« 簡単にはいかない予感 | トップページ | 第20戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ