« 相容れない | トップページ | 北参道駅を初めて利用した日 »

第24戦

阪神メイン人魚S。

牝馬限定のハンデ戦。ハンデ戦は「実績」をリセットして考えないといけない。つまりそれは人気も不問にする必要があるという事。人気は実績に引っ張られるからだ。

さて、このレースも昨年オークス2着、秋華賞4着のベッラレイアが1番人気に支持されている。大和スカーレット、ウオッカと3強を形成しただけの事はある。多くの新聞・専門誌が本命に据えている。だが、牝馬に56㌔はかなりの負担となる。「実績」は無視して良い。切る。

◎ザレマ
得意の阪神での巻き返しを期待。54㌔なら行ける予感。

○ブリトマルティス
ユキチャンを勝利に導いた武豊の勢いを買う。

▲ホウショウループ
ハンデに恵まれた。51㌔なら勝負になる。

△ウインシンシア
5歳、前走でようやく1000万下を卒業。何度も言うが、実績は関係ない。50㌔は軽い。穴狙いだが按上、期待の若手浜中の一発に期待したい。

△ソリッドプラチナム
一昨年の覇者。昨年3着。重賞勝馬で53㌔はおいしい。人気もイマイチで馬券的にもおいしい。

◎○2軸で勝負。
馬連11-4,6,7,9
馬連6-4,7,9

単勝11,630円、馬連74,000円の劇荒れ。これは勝てねーよ。

« 相容れない | トップページ | 北参道駅を初めて利用した日 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24戦:

« 相容れない | トップページ | 北参道駅を初めて利用した日 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ