« 競馬の祭典 | トップページ | 第21戦 »

第20戦

桜花賞の大波乱の余韻が残る中、迎える3歳牝馬クラシック第2戦オークス。

◎リトルアマポーラ
桜花賞は出遅れて外を回る羽目になり、敗れたが上がりのタイムは出走馬中最速をマーク。この末脚は、どう考えてもオークス向きであり、東京向き。勝って欲しかった。

○赤アゲート
フローラSの勝ち方は強いと思わせるに十分。唯一2,400㍍を経験してる点も大きい。ウチパクの自信が不気味。期待外れ。

▲ソーマジック
○とほとんど差がない印象。3着以下無し。調教好調。勝ちも有り得るかもと思っていたのだが。

△アロマ蝋燭
前走の上がりが33.5秒。一発警戒で買った。

ここまでが本線。後はかなり手広く流す。

4,12,18の馬連、3連単BOX。
馬連流し18-3,5,6,7,10,13,14,15,17。

負け。

今日のソフトバンク―巨人は熱いね。巨人が0-3から追いついた。

8回、8番に下がった坂本のタイムリー2塁打、代打大道のセンター前タイムリーで2得点。

9回、先頭のラミレスが25試合連続となるヒットを放ち、続く阿部が倒れるが、谷が同点タイムリー。清水敬遠で、ソフトバンクは先程タイムリーを打った坂本との勝負を選択。だが坂本は猛打賞となる渋いヒットを打つ。さあ、1死満塁で矢野。どうなるか

« 競馬の祭典 | トップページ | 第21戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20戦:

« 競馬の祭典 | トップページ | 第21戦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ