« 災い転じて | トップページ | これは上質なエンターテインメントだ »

9戦目

皐月賞トライアル、弥生賞。

負けました。勝てるチャンスは全くなかったと言っても良い。またもや完敗。

◎マイネルチャールズ
2,000㍍のローテーションに好感が持てた。前走京成杯、馬群を割って伸びた形も良かった。ここも勝ってクラシック戦線の中心になって欲しいという期待を込めて印を打った。

○フサイチアソート
朝日FSを回避し、休養。陣営のクラシックに懸ける気持ちを買った。ここを狙い撃ちしてるだけに連対可能性は高いと踏んだ。

▲主将トゥーレ
血統買い。アグネスタキオン産駒は今季重賞3勝、中山2000㍍の連対率も異常に高い。血は争えないという諺の信憑性に賭けてみた。

△アインラクス
過去3戦で全て連対。底を見せていないので、その可能性に期待した。

△ベンチャーナイン
追込、一発に期待。新馬戦の上がり3F、33.4秒。末脚が炸裂する展開ならいけるかも。

鈴木星は最後まで迷ったが、切った。黒シェルは前走の凡走(出遅れ?そんなの関係無し)で自分なりに見切りをつけた。巻き返しがあったらあきらめようと。

本命、対抗、穴単と決めたのに、弱気なオレは馬連5点BOXで勝負。

黒シェルの巻き返し、タケミカヅチの3着入線と散々な結果だった。タケミカヅチは鞍上が善臣だったら買う予定だった。病気で乗替りって。それも木幡。厳しいよ。

ちなみに善臣からの乗替りの連対確率は相当高いというデータがあるらしい。2ちゃんでは先生と称されている(理由不明)善臣だが、このデータがあるが故に、今日のタケミカヅチは買える、買うべきだという論が湧き上がっていた。

データ通りの快走。ジンクス恐るべし。

さっぱり勝てる気がしない。中山10Rの3連複を的中させたので、収支大幅赤字だけは避けられたが。

アルディージャ
攻守が噛み合い
快勝す

« 災い転じて | トップページ | これは上質なエンターテインメントだ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9戦目:

« 災い転じて | トップページ | これは上質なエンターテインメントだ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ