« 毎日更新すると思ったら大間違いだぜ | トップページ | 飽きた、激しく飽きた »

中華そばなオレ6

音楽ファイルをダウンロードをするために、一昔前に世間を騒がせた例のやつではないファイル交換ソフトを起動させつつ、キーボードを叩いております。

2年前のGWに思い出すのも恐ろしい、あの忌まわしき事件があって以来、オレは喜多方ラーメンを食べないと決めた。そして、今迄そうしてきた。

だが、小雪がちらつく寒空の下、黒いコート、黒いマフラー、黒いスーツを身に付け、大手町方面に向かって歩いていたオレは、そろそろ許してやってもいいじゃないかという気になった。寒さは人を弱らせる。人の意志力をも弱らせる。そして、オレは自分自身に立てた誓いも反故にしてしまった

以前から、ずっと気になっていた有楽町ガード下にある「喜多方ラーメン坂内」に行ってみた。向かいには、何度か足を運んだことがあるROSE & CROWNがある。

喜多方ラーメン(大盛り)★★★★☆
ガード下らしく、店外、店内共にキレイではない。店は非常に狭く、容赦なく相席を要求される。引っ切り無しに客が入っていたので、それなりに人気がある店の様である。

かなり美味かった。喜多方ラーメン本来の力を見たという感じがした。でも、これくらいじゃ喜多方ラーメンの実力に対する疑義は払拭されないけどね。

麺はちょっと柔らかめの太ちぢれ麺、スープは醤油ベースで、濃い口の中では割とアッサリに位置するくらいの味だった。喜多方ラーメンらしい喜多方ラーメンと言える。オレが子供の頃、会津で食べたラーメンの味に似ていた。

そのラーメンは、野口英世記念館に行った帰りに、立ち寄った店で食べたような気がする。もしかしたら父方の祖父の親戚の家に寄ったのも、同じ日だったかも知れない。とにかく、会津に旅行に行きラーメンを食べた思い出だけは、何故か鮮明に覚えている。

オレはかなり珍しい苗字なのだが、親父から聞いた話では、ルーツは福島にあるらしい。親父の話なので、完全には信用できないが。ただ、祖母は東京に住んで相当長いのに、未だに会津弁丸出しで喋っているので、うちの家系が福島と縁深いのは間違いないらしい。

だからなのか、喜多方ラーメンは子供の頃から好きだった。

話が反れてしまった。麺、スープはさて置き、この店のラーメンの特徴はチャーシューにある。超肉厚で、とにかくデカイ。しかも5枚入り。醤油が十分に染み込んでいて、非常に良いね。580円なので、コストパフォーマンスは最高だ。

最後に、店員の接客態度と、彼等が使う日本語はギリギリな感じなので要注意です。

« 毎日更新すると思ったら大間違いだぜ | トップページ | 飽きた、激しく飽きた »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華そばなオレ6:

« 毎日更新すると思ったら大間違いだぜ | トップページ | 飽きた、激しく飽きた »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ