« セピア色の夢 | トップページ | 日曜はTBSばかり »

6戦目

荒れました。そして、散りました。

今回は初めから武豊と心中すると決めていた。武豊は今年に入ってから未だ重賞を獲っていない。いい加減やってくれるだろうと思っていた。軸はブラックシェル。

相手は人気どころに手広く流し、実利よりとにかく勝利を得るという買い方を貫いた。期待した順に挙げてみる。

対抗は岩田のダイシンプラン。新馬戦の上がりのタイムが33.4秒である点に魅かれた。この脚が爆発すれば十分勝機がある筈だと踏んでいた。

京都で2戦2勝のアルカザン。何だかコース適正というステータスを軽視できなくなっている。そこまで馬の能力を信じていた訳じゃない。

スマイルジャック。全て3着以内の安定感に注目。負けている馬はいずれも好成績を残しているのも心強かった。

ヤマニンキングリー。黄菊賞で2歳女王トールポピーを差し切っているから。過去の戦績見ても、オープン以上では結果が残せていないので正直キツイとは思っていた。

ナムラクレセント。小倉で圧勝。その勢いに賭けてみた。

馬連で以上5頭に流した。軸が入らず、またもや完敗。

やはり新聞には答えが書いてあった。夕刊フジ、最近好調の漆山が◎虹ペガサス、△スマイルジャック、○ヤマニンキングリー。3連単も有りそうな予想をしていた。

交際費
削ってまでも
馬券買い

« セピア色の夢 | トップページ | 日曜はTBSばかり »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6戦目:

« セピア色の夢 | トップページ | 日曜はTBSばかり »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ