« 何だかんだで見てしまう | トップページ | 中華そばなオレ4 »

天皇賞を振り返る

今更ながら。振り返らずしてエリザベス女王杯には臨めない。

名将サムソン―ポップロックのワイド勝負で撃沈した。正直な所、サムソン1着の馬単でもいけると思いつつも、確実に勝ちを狙ってのワイドにしたのである。揺ぎ無い自信があったので、レース直前のオッズを見て、この目で4倍もつくのかと小躍りしてしまった。

サムソンは好位から完璧なレースを展開した。さすが、天才武豊である。ポップロックは上がりで良い脚を見せていただけに、もう少し前で競馬が出来ていればなあ。ペリエもレース後、「スタート後に外から来られてあの位置に・・・」とコメントしていた。

たられば言ったらキリないんだけどね。

アグネスアークの2着は見事と言う他ない。

フサイチパンドラは札幌記念でこの馬に先着している。この勝利には大きな価値があるように思う。エルムSの大敗を差し引いてもである。買っちまうかも。

明日はウオッカの豪快な走りを期待しよう。

« 何だかんだで見てしまう | トップページ | 中華そばなオレ4 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞を振り返る:

« 何だかんだで見てしまう | トップページ | 中華そばなオレ4 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ