« 爽快で、痛快である2 | トップページ | 素直に驚いた »

初の対外試合2

挨拶を交わし、それぞれのポジションに散る。オレは最後尾。

後ろから見渡すと、ピッチはなかなかに広い。とりわけ両サイドには広大なスペースがあり、その辺りが狙い目だなと密かに思っていた。思っていただけで、そこに良いパスを供給する事ができる筈もないのだが。

試合開始直後から、チームは完全に浮き足立っていた。そりゃそうだ。初の対外試合だし、ソサイチなんて1度もやった事がないのだから。みんな、ソサイチの基本的な動きそのものが分からず、そのために余裕を失っている様だった。うるさいくらいに声を出すという最低限の目標もどこかに置き忘れてしまった。

しかし、最後尾というのはキツイ。ミスが失点に直結してしまう。中学時代DFを経験していると言っても、SBだし、テクニックもなかったので、正直、何故オレが試合に出れるのかという感じだった。う~ん、持久力と多少の守備力を買われての事なのか。ともかく、センターバックに関しては素人だ。

さらに悪い事に、ソサイチにはオフサイドがない。これが厄介極まりない。DFは相手FWに裏を取られない事を常に意識しなければならないからだ。ラインを上げてコンパクトにするという策が一切使えない。

前半、それを意識していたのに、オレは見事に相手に裏を取られてしまった。それを見て、右のDF紘生さんがカバーに入ったのだが、ペナルティエリア内で、スライディング後にハンドを取られ(非常に厳しい判定だった)、PKを献上。

ゴールマウス(小学生用)を守るのは、元野球部であるという理由だけでGKに指名されたROSEさん。野球部は守備練習をやってきているから、GKもそれなりにできるという強引な理論である。

何とか止めて欲しいと祈ったが、祈り届かず。相手の放った力ないグラウンダー気味のシュートが、それでも左隅の絶妙なコースを突き、ネットをパサリと揺らした。ROSEさんも左に飛んでいたのだが、あと一歩届かず。いやあ、失点に絡んでしまいました。

時間と共に落ち着きを取り戻したチームは、その後は押し気味に試合を進めたように思う。後半に入り、チーム2番目のテクニシャン、高校までのサッカー経験者ITさん(このネーミング、個人的に超気に入った)が入った事もあり、良い展開も垣間見えた。

しかし、それほど決定機も作れず、ゴールを奪えないまま試合終了。勝ち点は挙げる事ができなかった。

試合後、ROSEさんの「PK以外に1本くらいしかシュートを撃たれた記憶がない」という言葉を聞いて、ちょっと驚いた。実は守備は安定していたのか。やってる人間は、そこまでキッチリと抑えていたようには感じなかったんだけどね。いやあ、不思議な事ってあるもんですねえ(稲川風)。

まあ今にして思えば、相手の技術はてんで大した事なかった。相手もスーパービギナーだ。そんな相手に無得点で負けたという事実は重い。

第2試合は30分後である。

つづく。

« 爽快で、痛快である2 | トップページ | 素直に驚いた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初の対外試合2:

« 爽快で、痛快である2 | トップページ | 素直に驚いた »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ