« 極個人的読書週間を振り返って | トップページ | 別にHRじゃなくたって良いよ »

初の対外試合1

新高島駅近く、とちのき通り沿いにあるマリノスタウン。横浜駅からは徒歩15分くらいの場所である。ここには、横浜マリノスの公式練習場がある。辺りの風景はベイエリアならではのもので、この開放感は新宿区では決して味わう事ができないなと感じた。横浜という街が多くの人に愛されるのも頷ける。

そのマリノスタウンのすぐ裏手にある人工芝のコートで、オレが所属するチームが初めての対外試合を行ったのである。

そのチーム名は、単純に会社の名前を冠に付したもので特にひねりはない。だが、ユニフォームの質は高く、大いに気に入っている。

正直な所、リバプールのモロパクリなのだが、エンブレムの鳥「Liver Bird」の中央部を会社のロゴマークにアレンジし、門飾りの下にあるメッセージにも多少の手を加えている。

「YOU'LL NEVER WALK AD OFF」。
オレなりに訳すと、「あなた方は、決して広告無しでは歩けない」。
オレの会社は広告代理店だからね。

さて、今回参加したのはソサイチの大会。ソサイチという言葉は耳慣れないと思うが、簡単に言えば8人制サッカーである。フットサルとサッカーの中間よりサッカー寄りの感じか。オレは、というか1人を除いたチームのメンバー全員がプレー経験がないという状態だった。

そんな訳でエントリーしたクラスは、スーパービギナー。実際、高校までサッカー部だった人間が3人もいたが、未経験の人間も多数いるし、実際フォーメーションの基本形すら覚束ない状態なのだから、このランクにエントリーしても罰は当たらないでしょ。

まあそれは、ほとんど建前です。本当はただ勝利に近づきたかっただけ。

先週の金曜のミーティングにて、決定されたフォーメーションは2-4-1。オレは2バックの左を任される事になった。理由は経験者で、とりあえず中学生の時DFをやっていた事があるから。

ミーティングは大いに盛り上がった。実は、やいやい言い合ってる『この時間が1番楽しい』という意見があったのもよく分かる。実に楽しかった。試合中は、うるさいくらいに声を出す事、初戦に全力を尽くす事などが確認された。

3試合のグループリーグでは、何よりも初戦が大事である。勝ち点3が取れれば一気に道は開けるが、逆に星を落とす様だとリーグ突破は、相手の結果次第となってしまうからだ。こんな事は1度でもW杯を観戦すれば分かる。

午前10時過ぎ、運命の初戦が始まった。

« 極個人的読書週間を振り返って | トップページ | 別にHRじゃなくたって良いよ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初の対外試合1:

« 極個人的読書週間を振り返って | トップページ | 別にHRじゃなくたって良いよ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ