« 夜風に吹かれて | トップページ | DQ8日記 念願叶う »

ドラクエ8日記 いよいよラストだ

SoftBankがようやくホワイトプランを発表した。事前に得ていた情報通りだったので、オレ個人にとっては予想外とは程遠い展開。でも分かり易くて人気が出そうなプランだ。

それがあってか、ここ数日アクセス数が急激に増えている。ほとんどの検索ワードがSoftBank、ホワイトプランである。このページに来ても有益な情報など一切得られないのに。閲覧してしまった人達には、申し訳ない気持ちと、ざまあみろという気持ち半々である。

さて、本題。

七賢者ゆかりの地に赴き、7つのオーブ奪回に成功した。もう後は、レティスの止まり木にいるカラフルな神鳥に話しかければラプソーンとの対決が始まる状態だ。

ここまでホントに長かったよ。急激に熱が冷めてしまい、丸2ヶ月やらない時期を乗り越える事ができたのは奇跡に近い。

何事もなければ、この連休中にはクリアーするだろう。レベルが余りにも高いので負ける事は考えられない。それだけに達成感は小さいかも知れないが、一つの事をきっちりと、やり遂げる事に大きな意味が存在するのである。たとえPS2のゲームであっても。オレはそう信じている。ゲーム脳という言葉など大嫌いだ。

ゲームをやっても何一つメリットがないと発言するような、自分では良識あると勘違いしている文部科学省またはPTAな人に言いたい。

ゲームをやるメリットなど無数に存在するぞ。

さっき言った通りだが、一つの事をやり遂げる重要性を身を持って学ぶ事ができるし、ストーリー重視のモノからは、友情の素晴らしさ、愛の尊さを感じる事ができる。特に最近のストーリーモノは映画にも引けをとらない出来と聞く。映画が良くて、ゲームが駄目という道理がない。

シューティングやアクションゲームに多く存在する覚えゲーからは、暗記の意義を学ぶ事ができる。基本的なパターンを暗記せずして攻略はできない。これを変換すれば、基本的な公式、定理を習得しなければ、問題は解けないという事になるではないか。

アクションゲームからは、さらに迅速な処理方法を考える思考を養うことができる。プレー中は誰しもが、いかに楽してクリアーするかを考える筈だから。これは絶対仕事に活かせると思うな。

熱くなり過ぎて、タイトルから大幅に内容が反れた。まあいいや。言いたい事は書いたし。
眠いし、もう眠ります。

« 夜風に吹かれて | トップページ | DQ8日記 念願叶う »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ8日記 いよいよラストだ:

« 夜風に吹かれて | トップページ | DQ8日記 念願叶う »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ