« 電子マネー | トップページ | 私の頭の中の »

予想だにしない展開

本日、賞与の発表があった。

我が社は、上長が奥の小部屋に部員を1人ずつ呼び出し、発表を行うというスタイルを頑なに遵守している。その様子は変に儀式めいており、何だか他にやり方あるんじゃねえかと思ってしまう。

こちらも毎回同じなのだが、必ず位の高い人間から順に呼ばれていく。オレみたいなぺーぺーはラストなので、自分が名前を呼ばれるまでに、一部始終を目撃できる、というかする羽目になる。よって、いつも簡単に状況を察する事ができてしまう。

「これは賞与の発表だな」と。

待たされる事40分、ついにオレの順番である。賞与の発表は、本来嬉しいものであり、期待感で満ち溢れるところなのだが、今日に限っては、奥の小部屋に行く事に恐怖を感じざるを得なかった。賞与の金額が著しく低い事を恐れている訳ではない。なぜなら、その小部屋にて、大忘年会の幹事の任を言い渡される事が確実視されていたからだ。憂鬱が喜びを凌駕する状況。

大忘年会の幹事は経理部から1人出る事は既に決定済みであり、部員の誰もが、自らも幹事はオレで間違いないと確信していた。

人事のautumnはこう言っていた。
「tks君で99.8%決まりやね」

そんな空気が蔓延する中、実は、まだ正式なオファーは貰っていなかった。言われるならこのタイミングしかないだろう事も承知していた。

軽く息を吸い込み、ドアを開ける。
「失礼します」

促されるままに着席をする。すると、上司が妙に芝居がかった感じで、
「もう予想がついてると思うけど、下半期の賞与の発表をする」と切り出した。

売上前年比何%、経費は前年比何%、好景気の流れに乗って営業利益は過去最高であり、賞与算定基礎金額も過去最高、等々、実に形式ばった説明であった。結びは、
「まあ、お前は仕事柄よく分かってる事だろうけどな」

過去最高である。過去最高、良い響きだ。
確かに予想を超える金額が提示されていた。うちの会社にしては頑張ったよ、ホントに。書面をじーっと見つめていると、不意に、

「感想は?」
と実に漠然とした質問を浴びせられた。

「正直、予想を超えていました。嬉しいですよ、これは」

「上半は調子良かったからなあ。だが、今からこんな事を言うのもおかしいけど、次期は厳しいかも知れない」

その後は、我が社の決定的な弱点、業界が抱える低迷要因などを聞いてもいないにつらつらと語リ始める。程なくして話が一段落した。多少の沈黙。そして、

「さて別件、年末の忘年会の幹事なんだけど・・・」

ついに来やがった。どーせオレなんだろう。駄目元だが、どんな言い逃れをしようかなと思っていた刹那、SoftBank風に言えば予想外の言葉が聞こえてきた。

「お前じゃないから」

オレじゃないの?マジで?この時のオレの表情は、魔邪(まちゃまちゃ)の表現を借りれば、完全なキョトン顔であっただろう。

そのキョトン顔も長くは続かなかったと思われる。体の内から隠し切れない喜びが溢れ出し、無意識に相好を崩したに違いないから。

賞与、幹事の回避。
皆の者、道を空けろ。盆と正月の御成りじゃー。

師走の激務に立ち向うには、余りある勇気を得ることができた。幸福は驚きと共にやってくるのである。

BGMはVAN HALEN/Top Of The World。

« 電子マネー | トップページ | 私の頭の中の »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想だにしない展開:

» マッカラン18年ファインオーク [目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記]
今日は、4年間勤めてくれた夜間アルバイト君の送別会と、引越し後の招待を兼ねて、自宅で鍋をつつきました。 いやぁ、今日も酔っ払いました・・・・。 皆が帰ったあと、少し寝てしまったのですが、後片付けをすっかり相方にまかせてしまい、しばらく機嫌が悪かったです。。。 ところで、その送られるはずの主賓が、実はスコットランドに留学経験もあり、持参してきた酒がこれ!    マッカラン18年ファインオーク 700ml 43度 やっぱ、この系統のスパイシーな酒は、ストレー... [続きを読む]

« 電子マネー | トップページ | 私の頭の中の »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

memo

無料ブログはココログ