« 目標設定 | トップページ | うつ向くなよ ふり向くなよ »

余りにも追い風

怪我人続出で不安ばかりが募った。2人が離脱し、今季ここまで記録的な失点率を維持してきた、あの強固なディフェンスが続けられるのだろうか?正にチームは満身創痍。今日の試合は本当に重要な1戦であった。果たして、結果は思いもよらぬものとなった。

まさかの完封勝利である。会心の内容とは言い難い。足が止まり、相手にセカンドボールをことごとく奪われ、波状攻撃に晒されたラスト10分は、見ていて非常に苦しかった。しかし、この時期は内容より結果だ。勝ち点3を積み上げる事が何より重要なのである。

ここまで読んで話が見えてこない人はまずいないと思うが、それでも一応書いておく。これは浦和レッズについての話である。

オレが勝手に選出する今日のMOMは山田暢久。後ろから鋭い飛び込みを見せ、左隅に冷静に流し込む素晴らしいゴールだった。オレが個人的に好きな山瀬功治顔負けのプレー。しかし、最近の山田のキレっぷりには驚かされてばかりだ。三十路を越えて、ついに充実の時という感じである。やはりポテンシャルの高さは並外れている。

次点は田中マルクス闘莉王。ほとんど競り負ける事無く、マリノスの攻撃を跳ね返し続けていた。今日の試合で、改めて存在感の大きさを見せつけられた。本当に頼りになる男だ。

浦和の勝利は大いにオレを喜ばせたが、これだけではなかった。ガンバと川崎が同時に敗れたのである。鹿島とFC東京には感謝しても感謝し切れない。ガンバは遠藤の離脱の影響が予想以上に大きかった。ほとんど勝ってない。遠藤無きガンバは、大根の無いおでんのようなものであろう。川崎はファールトラブルで自滅らしい。アホだ。保護者からの圧力を恐れて、小学生を叱る事すらできず、結果として学級崩壊を看過している教師達くらいにアホだ。

明日は、木枯らしが吹くらしいが、今日は浦和に対して強烈な追い風が吹いた。
オレは今日、愛して止まない浦和の優勝を確信した

« 目標設定 | トップページ | うつ向くなよ ふり向くなよ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余りにも追い風:

« 目標設定 | トップページ | うつ向くなよ ふり向くなよ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

memo

無料ブログはココログ