« エアギター | トップページ | 厄日だった »

雨のみならず強風までも

昨日は実に酷い天気だった。昔から雨は大嫌いである。

そういう時に限って、イレギュラーな入金があるなんて、オレは本当にツイてない。3連休の前日の金曜じゃなかったら、怒りと落胆に満ち溢れることになっただろう。

入金先の銀行は会社から徒歩15分の距離なので、普段は自転車を利用しているのだが、今回は泣く泣く徒歩を選ばざるを得なかった。何故なら自転車を使うと、スーツが相当に濡れてしまう事間違い無しの状況だったから。

昼過ぎ、面倒くさいという思いを精一杯抑えつつ会社を出発。予想通り、雨風共に良い感じに強烈。傘を無力化する横殴りの雨が、容赦なくオレを濡らす。会社と銀行の中間地点付近で、「徒歩でもここまで濡れるのなら、逆に自転車を使えば良かった」などという思いが頭を巡ったその時、一際強い突風に襲われ、傘が裏返しになってしまった。いわゆる「お猪口(おちょこ)」状態ってやつですね。

すぐさま道路沿いのビルの中に入り、傘をチェックしてみる。
ダメだ。針金2本が完全にイカれてやがる。嗚呼、何故こんな事に・・・
どうしようもないので、壊れた傘を差して、そのまま銀行へ向かった。

銀行に着いた時は、軽くズブ濡れ。そりゃテンションも下がりますわ
無事、入金業務を終えた後、そのまま昼休みに雪崩れ込む。

駅前のプロント。
風邪気味で、食欲が余りなかったため、トマトツイスト、ナンドッグ(トマト味)、アイスコーヒーという昼食。MR.BIGを聴きながら、パンを食べ、コーヒーを飲んでいると幾分かテンションも戻ってきた。さて、小説(萩原浩/「噂」)の続きでも読むか。

小説を読みふけっていると、会社の同僚autumunに声を掛けられた。
もう昼休み終了との事。軽く挨拶を交わすに止まる。

再び小説の世界に舞い戻る。実際のところ、読書している時間は日中でもかなり幸せな時間である。しかし、どうやら今日は厄日らしい。それもぶち壊された。

オレを現実に引き戻すには十分過ぎる程大きい「すいません!」という女性の声と共に、微量ではあるが、オレの右足に冷たいコーヒーの液体が降ってきた。

ええ?何が起こった?

20代女性がトレイを持って帰る際に、隣の席の椅子かどこかにぶつかったらしく、グラスを倒した様である。隣に座っていたおっさんは実質的な被害を受けた人なのだが、寛大な人柄なのか「大丈夫です。気にしてませんから」と女性に優しい笑顔で語りかけていた。女性も神妙な面持ちで再度、おっさんに頭を下げていた。そして、颯爽と去っていった。

オレの事なんてもう完全に無視ですよ。
昼休みなのに苛立ちアップ。一体どうなってやがんだ。時計を見ると、既に昼休みの終了5分前となっていた。大きなため息をつきながらオレは席を後にしたのであった。

« エアギター | トップページ | 厄日だった »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のみならず強風までも:

« エアギター | トップページ | 厄日だった »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

memo

無料ブログはココログ